1. 赤リップがたちまち似合うようになる魔法の3ヶ条|赤リップの浮いちゃう問題を解決!

2018.11.28

赤リップがたちまち似合うようになる魔法の3ヶ条|赤リップの浮いちゃう問題を解決!

引き続きトレンドとなっている赤リップメイク。過去の失敗や、モードに決まりすぎてしまうのでは? というイメージから、「自分には似合わない」「ハードルが高い」と思っていませんか。でも実は、ほんの少しのテクニックでしっくり馴染むようになるのです!

赤リップがたちまち似合うようになる魔法の3ヶ条|赤リップの浮いちゃう問題を解決!

今シーズンも、赤リップが流行っています。でも、抵抗がある方や「もっと似合うようになるには……」と悩んでいる方も多いのでは? まずは、赤リップが似合わなくなってしまう理由を押さえていきましょう!

赤リップが似合わない理由3つ

赤リップがうまくいかないのを自身の素材のせいにする前に、まずは、次の3つのポイントをクリアして。

(1)自分に合わない赤を選んでいる……赤にもさまざまな赤が

Image title

“赤”と一言で言っても、色の幅は広いです。ローズ系の赤、ブラウン寄りの赤など、さまざまな“赤”があるので、自分に合う色を探しましょう。

また、テクスチャーによっても雰囲気が変わります。トレンドのマットなのか、セミマットか、ツヤのある仕上がりか……。いろいろ試せば、自分に似合うレッドが見つかるはず!

(2)ベースメイクが白すぎ……赤が悪目立ち

色白に見えるベースメイクの仕上がりが好きな人もいるでしょう。でも、のっぺり白い顔では、赤リップが悪目立ちします。

自然な肌色にトーンダウンしたり、ファンデーションはフェイスラインにかけてグラデーションを作るようにしてみましょう。

(3)アイメイクを抑えすぎている……似合うのは外国人だけ

アイメイクをカラーレスにして赤リップを強調するメイクも旬ですが、なかなか似合う人が少ないのが現実。外国人のような目鼻立ちがハッキリした顔立ちでない限り、赤が浮きすぎてしまうでしょう。

アイカラーはベーシックなブラウン系に。アイラインやマスカラも控える程度にし、赤リップとのバランスを調整するのがベターです。

赤リップがたちまち似合うようになる魔法の3ヶ条

赤リップが似合わない原因をクリアし、ほんの少しテクをプラスことで、赤リップがたちまち自分のものに! ぜひトライして。

(1)イエローグロスを重ねてなじませる

to/one,ペタル エッセンス グロス,08,スパークルイエロー

肌が黄色よりの日本人にとって、イエローグロスは強い味方。なかなかしっくりこない赤リップの上にのせるだけで、肌になじむ仕上がりになるのです。

私のおすすめは、『to/one ペタル エッセンス グロス 08 スパークルイエロー ¥2500』。見た目ほど強い黄色ではなく、ほんのりとイエローをプラスすることができます。もっと黄みを足したいときには、『LB スパイシージェリーリップグロス ジューシーイエロー¥900』。肌色がイエローベースの方に合うでしょう。

また、今季はマットなリップが人気ですが、赤でマットに仕上げると重く落ち着いた印象に。グロスでツヤと輝きをプラスすると、軽さと可愛らしさもアップするので、よりなじみやすくなります。“モテ”を狙う方にもおすすめです。

(2)リップベースを使う

唇の色がくすんでいると、赤色がキレイに出ません。リップベースを使って、唇のコンディションを整えておくのも策。リップベースは、唇にうるおいを与えて口紅のノリをよくするもの、唇のシワを埋めて目立たなくするもの、色ムラを補正してくれるものなどがあります。

とくに唇が紫や茶色っぽく見えるときは、ファンデーションのようにしっかり色がつくリップコンシーラで、くすみをカバーしてからリップをつけるとよいでしょう。

私のお気に入りは、『MiMC ミネラルリップライナー 01 ヌード ¥2800』。滑らかなペンシルなので広げやすく、リップベース、リップコンシーラーの役目も果たします。唇の輪郭を整えてから全体を塗りつぶすようにして、後ろについている筆でなじませれば、どんなカラーの口紅をのせても理想の発色に! 色持ちもアップします。

(3)グラデーションリップにする

Image title

真っ赤で一塗りすると浮いてしまうという方。イエローでなじませてもしっくりこない場合、グラデーションリップにするとよいでしょう。輪郭がぼやけることで、赤のインパクトを抑えて似合いやすくなります。私のおすすめテクは、リップバームを使う方法。

Image title

まず、唇の中心部に赤リップをつけます。唇の輪郭から、一回り、二回りほど内側まで口紅を引くイメージです。そのあと指にリップバームをつけ、赤リップと唇の境目をトントンを軽くタップするようにして、唇の輪郭までそっと広げます。

Image title

伸ばしすぎてしまうと、上からグロスを塗ったのとあまり変わらない仕上がりになるので注意して。

赤リップは秋冬のファッションによく合い、なによりモードな顔になれます。ご紹介した少しのテクで、もっともっと赤リップを楽しんでみてくださいね。