1. 肌なじみや保湿をガチ調査!コスパも実力も抜群の【プチプラ化粧水】は??|実験VOCE

2018.11.10

肌なじみや保湿をガチ調査!コスパも実力も抜群の【プチプラ化粧水】は??|実験VOCE

みんなが大好きなスキンケアアイテムといえば、やっぱり化粧水! 今回は2000 円以下という価格帯で、各ブランドが自信を持ってオススメする10本の実験を敢行。肌なじみ抜群で保湿力の高い、秀逸化粧水はどれ⁉

肌なじみや保湿をガチ調査!コスパも実力も抜群の【プチプラ化粧水】は??|実験VOCE

【比較した化粧水06~10はこちら】

06 : なめらか本舗 とってもしっとり化粧水 200ml ¥900/常盤薬品工業

Image title

豆乳イソフラボンを含んだ豆乳発酵液配合。とろっとした感触も頼もしい。

07 : バリアリペア エッセンスローション 180ml ¥1100/マンダム

Image title

肌バリアの機能低下による不調にアプローチ。透明感もグッと高まる。

08 : ファンケル エンリッチ 化粧液 全2種(実験にはⅡを使用)30ml ¥1700

Image title

ハリや弾力のなさ、フェイスラインのゆるみなどの悩みを、ズバリ解決!

09 : モイスタージュ リンクルエッセンスローション(超しっとり)210ml ¥665(編集部調べ)/クラシエホームプロダクツ

Image title

プラセンタやアロエエキスなどを配合することで、キメの整った肌に。

10 : リッツ シェイプ モイスト ローション 150ml ¥1180/ネイチャーラボ

Image title

複数の保湿成分の働きで、しっとりとした使い心地。毛穴の開きにも◎。

【TEST.1~TEST.3のテスト結果はこちら!】

<TEST.4>コットンからの液離れはよい?

Image title

同量の化粧水を含ませたコットンをろ紙の上にのせて、500gの荷重をのせる。ろ紙に化粧水が広がるほどコットンからの液離れがよく、肌にもなじませやすいということ。また、コットンは市販のものを使用した。

Image title

コットンになじむというよりは、のる感じ。そのためか液離れはイマイチである。

Image title

液離れはあまりよくない。コットンになじむのではなく、上にのっている感じだ。

Image title

液離れがあまりよくないタイプ。コットンになじんでいるというより、のる感じ。

Image title

あまり液離れがよくない。とろみがあることもあり、コットンにのっている。

Image title

とろみがあることもあり、コットンにのる感じ。液離れはイマイチである。

<TEST.5>肌の質感はどうなる?

前腕の内側に化粧水を塗布。その前後で表面がどうなるかを、60倍のマイクロスコープで観察する。写真は塗布3分後と15分後。つけた直後のキメの状態が、15分後にはどう変化するのか?

BEFORE

Image title

【結果はこちら!】

Image title

06 つけた直後は表面がみずみずしく潤いがある感じ。15分後もそれが残っている。

Image title

07 塗布3分後では表面にツヤが。15分経つと少し落ち着くので、浸透しているようだ。

Image title

08 塗布3分後は表面がみずみずしく、うるっとしている。15分後もあまり変わらず。

Image title

09 表面がみずみずしくうるっとした状態。15分後は表面の潤い状態が少し落ち着いた。

Image title

10 3分後には表面に液がのり、うるっとした感じ。15分後も表面をコートしている様子。

<TEST.6>ベタつかない?

肌模型に化粧水を塗布してから、ハート形のシュガーを振りかけ、振って落としたときに何枚残っているかというテスト。残っている枚数が多いほど、肌表面がベタつくということ。

Image title

とろみがあるせいか、表面に残りやすいよう。ベタつくタイプだ。

Image title

残ったシュガーは3枚。それほどベタつかず、サラッとしている。

Image title

シュガー7枚と、表面に液が残るタイプのようで、かなりベタつく。

Image title

とろみはあるものの、残り具合は普通ぐらい。ペタッとした感触に。

Image title

シュガーは7枚も残る。かなりベタつきがあり、表面に残るタイプ。

<総合評価>サイエンスな結論

この中で抜群の保湿力を誇るのは10! 09、08、06も潤いキープ力が高いので、乾燥が気になる肌にはおすすめだ。07は肌なじみがいいほう。とはいえグングン浸透する感じではないので、優しく押し込むようになじませていこう。化粧水というと、手でつけるかコットンでつけるかで迷うところ。ベタつきの少ない07は、メイク前に使っても邪魔にならないはず。

06 なめらか本舗


Image title

あと肌はモチッと!保湿感もバッチリ
とろとろとした、ゆるめの乳液のような質感の白濁化粧水。浸透するというよりは、肌の表面をコートするような感触だ。なじんだあとは手のひらに吸いつくような状態で、ベタつきも残る。コットンの液離れもあまりよくないので、手でつけたほうがいいかも。潤いキープ力は4位と好成績。夜のスキンケアで使うと、朝までしっとりしそう。

07 バリアリペア


Image title

ほどよい浸透感でなめらかな肌に!
ややとろみのあるテクスチャー。液離れがあまりよくないので、コットンより手で塗布するほうがラクかもしれない。少しずつ肌になじみ、浸透していく感じ。そのあとは適度にしっとりした感触になり、肌触りもなめらかになる。ベタつきはあまり気にならないので、朝のメイク前でも邪魔にならなさそう。乾燥が気になるときは重ねづけして。

08ファンケル


Image title

表面をコートしてあと肌はしっとり!
とろっとした感触だけど、のびがいいので少量でも顔全体に広げられる。サッと浸透するというよりは、表面をコートしてしっとり感をキープする印象。弾力のある肌触りにはなるが、肌の表面にベタつきは残る。時間のない朝、メイク前に塗布するのは少し手間がかかるかも。保湿力は第3位と実力派なので、秋冬の乾燥肌におすすめ。

09 モイスタージュ

Image title

こっくり化粧水なら冬の乾燥も怖くない!
ねばりのあるこっくりテクスチャーのローション。のばし広げるのは簡単だけど、肌表面をズルッとすべるような感触で、なじませるのには少し時間がかかりそう。浸透というよりは表面コートといった感触で、あと肌はしっとり&もっちり。かなりベタつきは残るので、朝のスキンケアに使うより、寝る前の保湿ケアとして活躍させるのが◎。

10 リッツ

Image title

もっちり肌に仕上げる保湿力№1化粧水!
潤いキープ力はトップ。乾いた肌に悩むなら、まずは手に取ってみてもいいかも。ほどほどにとろみのあるテクスチャーで、少量でも全体に行き渡る感じ。表面にのってしっとりと保湿して、なじんだあとはモチモチの手触りにしてくれる。コットンの液離れはイマイチなので、手でなじませる方が良さそう。

【他の5アイテム編はこちら!】

撮影/石田健一(実験)、木村元明(静物)実験/エフシージー総合研究所 取材・文/穴沢玲子 構成/佐野桐子