1. 【紅葉に囲まれて特別なデトックス体験を】夏にたまった疲れ、星のや京都で癒しませんか?

2018.11.06

【紅葉に囲まれて特別なデトックス体験を】夏にたまった疲れ、星のや京都で癒しませんか?

前回は夏の星のや京都での過ごし方をご紹介しましたが、今回は紅葉に囲まれて過ごす秋の星のや京都! 同じ場所でも全く違った印象を見せてくれる、五感で楽しむ秋の京都で行う非日常な体験をリポート!

【紅葉に囲まれて特別なデトックス体験を】夏にたまった疲れ、星のや京都で癒しませんか?

同じルートで船に乗り宿まで。まったく違う景色にうっとり。

Image title

星のや京都に行くには、観光地・渡月橋近くから専用の船に。夏は新緑に囲まれての船路でしたが、今回の嵐山は薄紅葉の景色が広がっていて四季をとても身近に感じられました。京都の紅葉の見ごろは毎年11月中旬から12月中旬。初紅葉から照紅葉、赤朽葉まで1か月違うだけでも全く違う景色が楽しめると思います。ぜひ、その時々の嵐山の風情を楽しんでください♡

前回の記事はこちら→ストレス社会で頑張る人へ! 星のや京都へ、心も体もデトックスできる癒しの旅にでませんか?

Image title

Image title

全室リバービューのお部屋にも窓いっぱいの紅葉が広がります

錦秋の嵐山で平安貴族も愛した舟遊びを

Image title

Image title

11月20日~12月5日に開催するのが、小倉山と嵐山の間を流れる大堰川を約40分かけてゆっくりと進む「朝のもみじ舟」体験。平安時代から和歌や管弦を楽しみながら紅葉を鑑賞していたと言われており、時代を経て愛され守り続けてきた景色に秋の訪れを感じられるアクティビティ。一般の屋形船が営業していない午前8時半に行うので、特別感があり喧噪から離れゆっくりと紅葉狩りを楽しめます。朝日に照らされ輝く紅葉の美しさは日常の忙しさを忘れ、ゆったりまったりとした時間を過ごせるはず。

またもみじ船では秋をイメージしたオリジナル和菓子と抹茶でおもてなしも♡ 1803年創業の「亀屋良長」によって「照葉(てるは)」と名付けられた和菓子と、京都・宇治の茶舖「利招園茶舗」が星のや京都のためだけに厳選した抹茶「録碧(ろくへき)」を楽しめます。

Image title

紅葉をかたどった寒天や朝日を模した金箔がのった「照葉」

京都の文化や景色にふれる秋の「脱デジタル滞在」

Image title

Image title

前回、ご紹介した「脱デジタル体験」。今回は9月1日から11月30日に開催している秋限定のアクティビティをリポート! 脱デジタル滞在とは、チェックイン時にスマホやタブレットなどのデジタル機器を預け、タスクやSNSの世界から離れ、心身ともにリフレッシュできるプログラム。

秋のスケジュールは、創業170年の歴史を持つ京都の造園会社「植彌(うえや)加藤造園」の庭師さんによる星のや京都の庭散策。庭師さんのこだわりや、その時期一番の見どころを教えて下さるのでいつもと違った季節の訪れを感じられると思います。そして、樹齢約400年の真っ赤なオオモミジの木や赤や黄色に色づいた様々な秋草が楽しめる、星のや京都の「奥の庭」で行う朝日焼の絵付け体験。拾ったもみじを器に転写したり、星のや京都で感じた秋の景色をえがいてみたり……後日焼成された器が自宅に送られてくるので、旅の思い出にぴったり♡

Image title

400年続く京都府宇治市発祥の茶器

Image title

自然の中で深呼吸をしてリラックス「水辺の呼吸」

ほかにも、オオモミジの下で行う「水辺の深呼吸」もオススメの一つ。座禅の姿勢や呼吸を意識し、静寂の中、奥嵐山の空気をゆっくり深呼吸することで心を空にでき、穏やかな時間を過ごせます。夏に蓄積された疲れがじわ~っとほぐされていくこと間違いなしです。

今回の星のや京都での滞在は、文化や歴史に触れ、季節の移り変わりを感じちょっと大人になった気分に……♡ 今までとは違った新しい京都に出会えるはず。ぜひ、あなただけの特別な秋を、星のや京都で過ごしてみませんか?

DATA
所在地:〒616-0007 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2
アクセス:阪急嵐山駅より徒歩約10分、京都南ICより車で約30分
電話番号:0570-073-066(星のや総合予約)
URL:https://hoshinoya.com
客室数:25室
チェクイン15:00~/チェックアウト~12:00
料金:81,000円~(1室1泊あたり、食事別、税・サービス料10%込)
※スタンダードなお部屋に宿泊した場合の通常最低価格です