1. Mission7 いつでも消えない眉毛&アイラインを手に入れたい!!

2015.10.23

Mission7 いつでも消えない眉毛&アイラインを手に入れたい!!

毎日毎日、アイラインを引いて眉毛を描いて、アイライナーがどっかいっちゃって買いに行き、繰り出し式のアイブロウの芯がポキッと折れてイラッとする。こんなメイク生活に疲れ果てたと騒ぐ東村さんのために、今回はアートメイクを提案!

Mission7 いつでも消えない眉毛&アイラインを手に入れたい!!
蜷川 麻実
エディター
by 蜷川 麻実

Image title

アートメイクとは、汗や洗顔でも落ちない「消えないメイク」のこと。「アートメイクって、おばちゃんがするやつでしょ!? 私もそんな歳だって言いたいの!?」と疑う東村さんを「アイラインと眉のアートメイクをしてしまえば、毎日のメイクが超絶ラクちんになりますよ~」と説得して自由が丘クリニックへ。ちなみに、アートメイクは医療行為ですので、クリニックで施術を受けてくださいね。

Image title

まずはカウンセリング。どの位置にどんなイメージで入れたいかを相談しながらデザインを決めていきます。東村さんは大好きなK-POPアイドルの写真を持参し、「こういう顔になりたいんです! 目尻のアイラインを長く引いて外側に目を大きくしたい!!」と熱弁。でも、担当医から「アートメイクは1~2年消えませんし、メイクの流行はすごく変わるので、流行に左右されるデザインは……」と。一度は「確かに! 私も数年前は盛り盛りメイクだったわ!」と納得したと思ったら、けっきょく「先生、もうひと声っ!」とぐいぐい交渉し、やりすぎ感の出ないギリギリまでアイラインをのばしてデザインが決定。

Image title

施術を始めるにあたり、目を保護するためのカバーを目の中に入れます(上の絵をご覧ください)。その姿がめちゃめちゃ面白いんです。目に取っ手が付いたような姿がツボに入った担当編集2名は、取材そっちのけで大爆笑。でも、カバーがついている東村さんは自分の面白い姿が見られないので、不安&不満そうでした。すみません。本誌(VOCE12月号)では、東村さんの写真を掲載しているので、そちらもぜひ。

Image title

麻酔をしてから決めたデザインにそって色を入れていきます。東村さん曰く「ちくちくと引っかかれてるような痛みは少しあるけど、そんなに痛くない」とのこと。「でも、麻酔注射は痛かった」(東村さん)。眉とアイラインをあわせて約1時間で施術終了。仕上がりをチェックした東村さんは「なんか……ナチュラルなのにキリッとしてる! なんもメイクしてなくてもこの顔ってことよね!? うひょ~ラクじゃん!!」とご満悦でした。

メイクの煩わしさから解放されて浮かれる東村さんの変身ぶりは(VOCE12月号)をチェックしてください!

Image title

自由が丘クリニック

美容トリートメント、美容外科手術、抗加齢医学、予防医学など、多岐にわたる方法で美へ導くクリニック。今回の【メディカルアートメイク】は、自然な美しさを引き出すデザインで人気。眉(2回 ¥120000)、アイライン(2回 ¥60000)。

TIME:トータルで約1時間
Price:トータルで¥180000(税別)

CLINIC DATA----------------
東京都目黒区八雲3-12-10 パークヴィラ2・3F 
TEL:03・5701・2500
営業時間:10:00~19:00 予約制
定休日:木曜 
www.jiyugaokaclinic.com/
-------------------------------

Image title

東村アキコ

大ヒット作『ママはテンパリスト』でおなじみの人気漫画家。『かくかくしかじか』で、マンガ大賞2015を受賞。大の美容好きに加え、宝塚、ジャニーズ、K-POP、弾丸海外旅行など、興味の幅がめちゃ広し。新刊『東京タラレバ娘』3巻(講談社刊)が好評発売中!twitter→@higashimura_aもチェック!

蜷川 麻実
蜷川 麻実
ゆらぎがちな乾燥肌。インナーケアやスキンケア、カルチャーなど、しつこく調べてみっちり読み込ませる系のページづくりが好き。趣味はマンガとゲームとタカラヅカ。東村アキコ先生の連載に出てくる編集Nです。