1. 【メイクするたび肌ケア】ニキビ・肌あれを防ぐ薬用ファンデ[PR]

2018.12.10

【メイクするたび肌ケア】ニキビ・肌あれを防ぐ薬用ファンデ[PR]

肌あれは隠したいけれど、ファンデーションは刺激や負担になりそう……。そんなジレンマを吹き飛ばすのが、資生堂 d プログラムから登場したパウダリーファンデーション。なんと、メイクするたび素肌をケアできる優れものです!

【メイクするたび肌ケア】ニキビ・肌あれを防ぐ薬用ファンデ[PR]

乾燥が進む冬は、肌状態も敏感に傾きがちです。カサつきが気になったり、ポツッとニキビができたりすると「どうにか隠して、なかったことに!」と願うものの、ファンデーションを塗ると肌への負担にならないか心配。そもそも、うまくメイクがのってくれない……という悩みも。そんなデリケート肌のために誕生したのが、「d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)」です。ファンデーションを塗るたびに肌をケアできる!? そんなオイシイ話、あるんです。

塗るたびに素肌までキレイに

d プログラムが行った調査※1では、「肌あれした時はカバーしたいものの、ファンデーションは塗りたくない」という多くの声が。そこで満を持して誕生したのが、塗っているあいだずっと肌ケアが叶うパウダリーファンデーションです。ポイントは2種の薬用有効成分を日本で初めて※2配合していること。トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルを安定して配合することに成功し、肌あれやニキビを防ぎながら、なめらかな美肌へと導きます。

※1 インターネット調査 2018年2月 N=2000
※2 パウダリーファンデーションにおいて、有効成分トラネキサム酸と有効成分グリチルレチン酸ステアリルの組み合わせ

すごいのはケア効果だけにあらず!

気になる肌悩みをファンデーションで隠せるだけでありがたい……! とはいえ、その仕上がりが美しかったら完璧ですよね。たとえ肌があれていて化粧ノリが悪いときでも、しっかりフィットし、美しい仕上がりを叶えてくれるのもこのファンデーションの特長。サッと肌にのばせばムラなく密着し、ふんわりと柔らかなフォギー肌に。化粧崩れしにくく、理想の美肌が続きます。

厳選された成分を使用

肌あれが気になる敏感な肌を考えて、低刺激設計にもこだわります。デリケートな肌でも使える成分を厳選し、アルコール、パラベン、鉱物油を無添加。さらに無香料、クリーン製法を採用しています。そして、筆者のもうひとつの推しポイントは、ケースのオシャレ感。シンプルながらマットな質感といい、手におさまりのいいサイズといい、大きな鏡といい、外見の良さと使い勝手を兼ね備えています。中身の優秀さを差っ引いても欲しくなる可愛さも、ぜひチェックしてみて。

d プログラム,薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)<医薬部外品>

<発売中>
d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション (パウダリー)
<医薬部外品> SPF17/PA++ 全5色 ¥2800、ケース別売り ¥1000

協力/資生堂ジャパン株式会社
資生堂インターナショナルお客さま窓口 0120・81・4710(9:00~17:00/土・日・祝日を除く)
http://www.shiseido.co.jp/dp/sample-basemake/

取材・文/沖田彩