1. 超簡単! メイクツールお手入れのための優秀クリーナー4つ

2018.12.19

超簡単! メイクツールお手入れのための優秀クリーナー4つ

日々のメイクに欠かせないけど、お手入れが面倒くさいメイクブラシやスポンジたち。汚れたままではメイクの仕上がりも、肌の調子もイマイチに。簡単に汚れをリセットできる優秀ツールを手に入れて、いつでもすっきりキレイなメイクツールを使いませんか?

超簡単! メイクツールお手入れのための優秀クリーナー4つ

スポンジがストレスフリーできれいに! 
ウタマロリキッド

ウタマロリキッド

スポンジ洗浄が面倒なあまり、手で伸ばせるリキッドファンデを長らく愛用していた私も、キッカのソリッドタイプのチークを愛用するようになり、そうも言っていられない状態に。そこで取り入れたのが「頑固な汚れが落ちる!」と巷で噂のウタマロ石鹸。なかでも、蛍光剤不使用で、固形のようにこすりつけなくてもよい、液状の「ウタマロリキッド」が、メイクスポンジの洗浄にぴったりでした。

ファンデで汚れたスポンジは、洗剤で洗っても何となく肌色っぽい汚れが残ったり、クレンジングで落とそうとしても、クレンジングを吸い込む割には汚れ落ちがイマイチ、など、泣かされる人も多いはず。でも、ウタマロリキッドなら、スポンジがつかる程度の水に少量を溶かし、つけ置きするだけでしっかり汚れが落ちるんです。チークにぐりぐり押し当てて使う、キッカのチーク用のスポンジもすっきりキレイになります。

朝スポンジを使ったら、そのままつけ置きして出かけ、帰ってきたらすすいで小さな洗濯ネットに入れて干す(型崩れ防止です)だけ! もちろん、もみ洗いしてもサクッときれいになります。いつもきれいなスポンジでメイクできるのって快適です。「余分なファンデはスポンジでたたいてフィックス」のような使いかたにも躊躇がなくなり、メイクが楽しくなったのもメリットです。

水洗いなしで、毎日違うカラーも使えちゃう
ADDME ドライブラシクリーナー

WINGBEAAT,ドライブラシクリーナー

買った直後はステキな発色に感激したアイカラーも、毎日使っているとなんだか微妙な仕上がりに……。それ、アイカラーブラシの汚れのせいかもしれません。ブラシの内側まできれいにしようとガシガシとティッシュオフすると毛が傷む。ということで、アイカラー使用後のブラシをこれで拭えば、ブラシをきれいに保てるという「ドライブラシクリーナー」を購入してみました。

メイク後のブラシをこれに擦り付けると、ブラシに残ったアイカラーがしっかりオフできます。洗剤を使って水洗いするほどの威力はありませんが、ティッシュオフよりはずっと早く、ブラシの清潔を保てます。乾かす必要もないので、時短にも。いつものアイカラーもきれいに発色しますし、毎日違うアイカラーを使っても色の混ざり、濁りがないのもうれしいところ。いろいろなメイクを楽しみたいイベントシーズンの前に、手元にあると役立ちます。

チークブラシの汚れを即オフ!
クリニーク メークアップ ブラシ クレンザー

クリニーク,メークアップ ブラシ クレンザー

チークをきれいに塗るなら、ブラシの内側までしっかりチークを含ませるのが成功の秘訣。ですが、ずっと同じブラシを使っていると、汚れやチークの色の混ざりが気になることも。チークブラシはお高いものも多いだけに、頻繁に水洗いするのも避けたいですよね。

クリニークの「メークアップ ブラシ クレンザー」は、使用後のブラシにシュッと吹きかけ、ティッシュの上をくるくるさせてふき取るだけで、チークブラシの汚れが素早くオフできるスプレーです。汚れ落ちが早く、速乾。忙しい朝でもすぐポーチにブラシをしまえるので、ストレスフリーです。毎度、汚れをきれいにリセットすることでポーチの中も汚れなくなった気が。しっかり洗いたいときは後述のリセッターを使いますが、その頻度もかなり少なくできます。「週末に近づくにつれ、チークの付きが悪くなる」そんな人にはぜひ試してほしいアイテムです。

まさにリセット! 筆がふわふわに生まれ変わる
博雲堂筆舗 熊野筆リセッター

Image title

長く使うものだから、メイクブラシはよいものを使いたいし、お手入れもきちんとしてあげたいもの。「熊野筆リセッター」は、ブラシの中に入り込んだ汚れを天然成分の高分子の力ではがし取るブラシクリーナーです。

「洗剤ではない」ということで、泡はほとんど出ず、こする必要もないのですが、水で湿らせたメイクブラシを液体につけると、汚れがブラシから染み出てきます。水で流すと、毛の根本の汚れもしっかり落ちて、乾かすと手触りの良さも復活。まさに「リセッター」という感じ。デリケートな獣毛ブラシにも負担をかけないので、新品のような肌触りのまま長く愛用できそうです。ブラシ洗いに程よい大きさで、必要量をパッと計量できる専用カップがついているのも、ブラシのお手入れのハードルを下げてくれます。


「メイクは楽しいけど、ブラシやスポンジのお手入れは苦手……」そんな人も、優秀なお手入れツールがあれば、苦手意識がなくなるはず。手持ちのツールに合うものを選んでみては?