1. シャネルの名作香水、Nº5の秘密――ココ・シャネルは、なぜこの香りを創ったのか?

2018.11.29

シャネルの名作香水、Nº5の秘密――ココ・シャネルは、なぜこの香りを創ったのか?

シャネルの「顔」とも言える香り。フレグランスの「象徴」とも言われる香り。香りを変え、女性を変えた、Nº5誕生物語とは?

シャネルの名作香水、Nº5の秘密――ココ・シャネルは、なぜこの香りを創ったのか?

シャネルの哲学が生んだ、現代の女性のための香り

Image title

ガブリエル シャネルという香りを語るに欠かせないのは、やはり、シャネル Nº5だろう。言わずと知れた、1921年に誕生したシャネル初の香り。100年近くが経つ今なお、年齢や国籍を問わず、時代を超えて、世界中の女性たちに愛され続けている名香中の名香である。

この香りが生まれるきっかけになったのは、ココ シャネル自身の「誰にも真似のできない、ほかの何にも似ていない香りを創りたい。女性そのものを感じさせる、女性のための香りを」という言葉だった。ロシア宮廷の調香師で、のちに初代調香師となるエルネスト ボーは、その願いを受け、かつてない挑戦をした。さらに大胆なクリエイションを望んだ彼女は、希少なエッセンスであるジャスミンを増やすよう求めたという。そして、ボーは、グラース産のジャスミンやローズ ドゥ メのエッセンスを始め、なんと80種類以上もの天然香料を採用。その香りを際立たせ、ミステリアスな魅力を加えるために、合成香料であるアルデヒドを組み合わせ、複雑を極めた香りをクリエイトしたのだ。

「具体的」な単一の花の香りが主流だった時代に生まれた、フェミニティという「抽象的」な価値を表現した香りは、ひとつとして同じものがない、まさにオートクチュール。これこそが、専門家たちに「Nº5以前」と「Nº5以後」と言わしめる理由なのだ。シャネル Nº5は、歴代の専属調香師にとってインスピレーションの源であり続け、オリヴィエ氏にとっても「起点」になっているという。

Image title

ちなみに、シャネル Nº5が「ゴールデン ドロップ」と呼ばれているのを知っているだろうか? ファッションデザイナーが香水を発表したこと。マドモアゼル自身のリクエストによって生まれた香りであること。天然香料を際立たせるために合成香料であるアルデヒドを組み合わせたこと。抽象的かつ神秘的で、言葉でどんな香りと言えない複雑を極めた香りであること。加えて、5番目の試作品だったからとも彼女自身のラッキーナンバーだったからとも言われている、5という数字を冠したネーミング、そして飾りを一切排除したようなシンプルかつピュアの極みであるボトル……。すべてが革新的。稀少で贅沢で、このうえなく美しい輝きを放つ一滴、だから、ゴールデン ドロップ。

マドモアゼルが創ったのは、香りだけじゃない。「女性は、キスしてほしい所に香水をつけるべき」という言葉通り、女性が女性でいる喜びをもたらした。それこそが、Nº5が生まれた理由に違いない。

Image titleシャネル Nº5 香水 7.5ml ¥15000、15ml ¥24000、30ml ¥38000

ネロリの軽やかなトップノートがラグジュアリーなグラースのローズ ドゥ メとジャスミンのフローラルのハーモニーと響き合う。アルデヒドが香り全体に爽やかさを与える、永遠の女性らしさを語る普遍的な香り。

じつは、時代とともに、その息吹を感じながら、ボトルの形状が少しずつ調整されているというNº5。普遍的な香り、それでいて今を感じる香り。女性としての自分を進化させるために纏いたい一滴!

【関連】ガブリエル・シャネルの生みの親が語る!【オリヴィエ・ポルジュ】ロングインタビュー

シャネルNº5の赤い限定ボトルが登場! 屋外広告ジャックも!?

Image titleシャネル N°5 オードゥ パルファム (ヴァポリザター)100ml ¥20000(限定発売中)

11/2に発売された、「シャネル Nº5」の赤い限定ボトル。マドモアゼル シャネルが世に送り出したこの伝説的なボトルが、赤に染まるのは、史上初めてのこと。このドラマティックな「シャネル Nº5」は、既に美界でも話題になっている。

そんな、赤い「シャネル Nº5」がこの冬、渋谷と銀座の街の屋外をジャックするのだそう。渋谷駅前の屋外ビジョンでは、TVで未公開の限定レッドボトルロングバージョンムービーを同時上映。銀座中央通りでは、向かい合うシャネル銀座ビルと松屋銀座の壁面で、 夜間 LEDによる限定ボトルを象徴する赤い空間を演出。 

――シャネル Nº5 屋外広告キャンペーン――
《開催場所・期間》
東京 銀座 :11月21日(水)~12月28日(金)
東京 渋谷 :12月1日(土)~14日(金)
札幌・名古屋・大阪・福岡:11月26日(月)~12月9日(日)

また、全国のバス停でも、キャンペーンが!  11月26日(月)~12月9日(日) の期間は、札幌・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡(計734カ所) で、11月26日(月)~12月23日(日)の期間は、東京(計40カ所) で、赤い「シャネル Nº5」のビジュアルが見られるのだそう。※スケジュールは変更の可能性がございます。

ホリデーシーズンの華やかな街を、より一層彩る、赤い「シャネル Nº5」のキャンペーン。もし見つけたら、写真を撮らずにはいられない、フォトジェニックさ。ぜひこちらもご注目を。

写真提供/シャネル