神コンシーラで美肌ワザ

進化した神コンシーラーで美肌ワザ!「崩れない」「立体感」を叶えるプロのテクをご紹介

2020.10.06

&be,レブロン,SUQQU,エトヴォス

コンシーラーはもう隠すだけじゃない!“ファンデ級”な今どきのコンシーラーを使った美肌テクを長井かおりさん&paku☆chanが提案します!

&be,レブロン,SUQQU,エトヴォス

コンシーラーはもう隠すだけじゃない!“ファンデ級”な今どきのコンシーラーを使った美肌テクを長井かおりさん&paku☆chanが提案します!

長井かおりさんの新提案 全顔コンシーラーテクで潤うのに崩れない美肌をつくる!

長井かおりさん
長井かおりさん

斬新なお悩み解決テクは注目の的。カバー力は保ちつつ、軽やかな肌づくりに高支持が。

なめらかコンシーラーの薄ピタ膜でもっと美肌に

かつては質感や色が浮きがちで難しかったコンシーラーだけど、今は塗ったのがバレないくらいシームレスに溶け込むし、スキンケア効果まで期待できる! 最大限活躍させるなら、薄~くのばした全顔塗りがおすすめです。

長井式 全顔コンシーラーの方程式

\手の甲にのばしてもすぐに乾かないタイプが◎/

潤い下地

たっぷりの美容成分がくすみをケア。パールの効果で透明感も。

\チップタイプでのびがいいものをセレクト!/

ファンデ級コンシーラー

肌を隠ぺいしない自然な仕上がり
ハイカバレッジでつややか仕上げ

とろけるようになめらかに肌になじみ、よれることなくフィット。

今求める肌が叶う!

  • 崩れにくい!
  • きちんと見え!
  • つけ心地がリラクシー!

定着力がもともと高いコンシーラーを全顔塗りすると、ピタッと薄膜でフィットするから、ファンデよりさらに肌と一体感のある仕上がりに。鍵は、潤い効果の高い下地を仕込むこと。コンシーラーならではの満足できるカバー力を確保しつつ、つけ心地は軽やかでリラックス感が高く快適。乾燥知らずの崩れない美肌で過ごせます。

全顔コンシーラーのつけこなしテク

下地でもち肌を仕込む

コンシーラーは定着力が高く乾きが速いので、下地とその前のスキンケアでしっかり保湿を。

1.下地をなると置き
VOCE2020年11月号_松原菜摘

両頰、額、あごの4点に。点ではなく、なると形の面で置くことでムラなくのばしやすく。

2.ぺとぺと感を確認しながらスキンケア塗り
VOCE2020年11月号_松原菜摘

指の第二関節まで広く使ってスッと全体に。下地の後は時間をおかず、コンシーラーを。

肌表面の潤いを利用してスポンジでひっつけ塗り

指はムラになりやすいので、スポンジで薄く均一に。下地で表面が湿っている間にコンシーラーを!

3.チップを使ってネコのひげ置き
VOCE2020年11月号_松原菜摘

猫のひげを描くように頰に大胆にコンシーラーを。Tゾーン、上まぶた、あごにものせる。

4.スポンジの端をもって軽い力でのばしていく
VOCE2020年11月号_松原菜摘

スポンジで軽く払うように全体に広げる。細部は少し圧をかけ、肌にひっつけるように叩き込む。

目の下のトラブルには
目もと用ケアコンシーラーでクマとシミは隠れます!

目の下にはスキンケア作用にすぐれたコンシーラーを。涙袋の下に鳥の足跡の形で置き、ブラシでサササッと払うようにのばす。

\目の下に潤いの膜を張るように/

VOCE2020年11月号_松原菜摘
さらにモチをよくしたいときは
湿らせスポンジでタップ!

スポンジのなにもつけていないきれいな面にウォーターミストをひとふき。じんわり湿らせ、むぎゅむぎゅっと叩き込めばOK。

\仕上げのひと手間で定着力アップ/

VOCE2020年11月号_松原菜摘

paku☆chanさんの新提案 混ぜコンシーラーテクで立体美肌をつくる!

paku☆chanさん
paku☆chanさん

ヌケ感のあるお洒落メイクが人気。素肌を生かした透明感あふれる肌づくりにも注目が。

生っぽさは消さずにカバーも立体感も思いのまま!

最近豊富なカラーコンシーラーを活用し、トラブルをカバーしつつ、立体感の際立つ仕上がりに。色を利用してポイントでカムフラージュし、素肌のきれいな部分は覆い隠さないから、隠ぺい感はゼロ。素肌を生かした肌を楽しみたい日にぜひ!

なぜ混ぜるの?
色をグラデで塗ると、より自然になじむから

カラーコンシーラーは使ったことを気付かれたら本末転倒! 単色で使うのではなく、ベージュと混ぜれば色に濃淡がつけられて、肌色になじむグラデができ、見破られない仕上がりに。

01.手の甲の上にコンシーラーパレットをつくる

使う色をすべて左手の甲に。各カラーをベージュのベースと混ぜて、肌なじみを高めてからのせることが大切!

ベースとなる ベージュを中心にして カラーコンシーラーをのせる

ベースとなるベージュを中心にしてカラーコンシーラーをのせる

ベースのベージュのほか、クマや赤み対策、コントゥア用、チークベース用など欲しい効果に必要な色を出す。

おすすめアイテムLIST

のびがよく、影のように自然になじむから、コントゥアも簡単。

赤の補色のグリーンは、ニキビ跡など頰の赤み補整にパワーを発揮。

右のオレンジが青グマ、茶グマ、小鼻の茶くすみまで幅広くカバー。

ピンクを使用。ヨレにくい処方で、上気したような頰を仕込める。

ベースのベージュは、なめらかにのび、ケア効果の高いものを。

筆で混ぜ合わせてグラデーションをつくる

筆で混ぜ合わせて グラデーションをつくる

筆でベースのベージュを取って、使う色に混ぜる。上から下へカラーが薄くなるグラデにしておく。

02.重要4エリアにグラデーションをのせて立体感を!

肌悩みを隠す1 、2に、立体感を高める3、4を加えれば、トラブルの目立たない立体小顔印象が手に入る!

1. 赤みエリアにグリーングラデ

1.赤みエリアに グリーングラデ

混ぜコンシーラーの濃いグリーンを赤みが強い部分に。赤みが弱くなるにつれて、濃度の低いグリーンを。のせるときは筆で。薄いグリーンのエリアから順に指で叩き込む。

2. くすみエリアにオレンジグラデ

濃いオレンジを筆にとり、黒目下に。中央から目尻側に叩き込み、目頭側は薄くのせるとクマに効果的。小鼻や目まわり、口角は薄いオレンジを置き、タップ。繊細な部分ほど細い指で。

3. コントゥアエリアにブラウングラデ

薄いブラウンを筆に取り、頰骨の上にTを横にした形に塗り、中指の腹で外から
内へなじませる。濃いブラウンはフェイスラインに。あご側がやや濃くなるよう
叩き込むとナチュラル。

4. チークエリアにピンクグラデ

4.チークエリアに ピンクグラデ

ピンクとベージュが半々くらいの色を指に取り、濃くしたい部分からまわりに広
げてなじませ、チークベースに。外側はコントゥアの終点と重なるイメージ。頰
の毛穴も目立ちにくく。

VOCE2020年11月号_松原菜摘
before
VOCE2020年11月号_松原菜摘
after

コンシーラーだけでこんなに立体感!