1. ベスコス総なめ! ポーラ【Red B.A】の勢いがすごい!|ベスコス受賞アイテム一気見せ

2018.11.29

ベスコス総なめ! ポーラ【Red B.A】の勢いがすごい!|ベスコス受賞アイテム一気見せ

今季のベスコスで大躍進したのは、装いも新たに生まれ変わったポーラの「Red B.A」。ベスコス受賞アイテムを一気見せします!

ベスコス総なめ! ポーラ【Red B.A】の勢いがすごい!|ベスコス受賞アイテム一気見せ

Image title

2018年ベストコスメもっと見たい方はこちら!

【化粧水部門 第1位】

Image title

ポーラ Red B.A ボリューム モイスチャーローション 120ml ¥9000

Image title

ストレスまみれ世代の肌を救う新星
スマホ疲れ、蓄積疲労、睡眠負債、異常気象など私たちを襲うストレス。それらが肌調子の振り幅を大きくし、老化の定着を促すという事実を解明し、進化したRed B.Aが今期のベスコスを席巻。化粧水はぷるぷるジェルが弾ける感触、浸透力、速攻的なハリで圧勝!

Image title

「疲れてこわばった肌には、こちら。すーっと溶け込み、潤いで満たす“塗る健康ドリンク”」

Image title

「しぼんだ肌にパーン!とハリ感が復活。化粧水だけでこんなに弾力UPするなんて‼」

Image title

「毎日使う化粧水でストレス対策の賢さ。うるうる→ぷりぷりの肌変化もやみつき」

【テクスチャー】Image title

こんな肌にオススメ
☑ 肌調子がいい日と悪い日の差が激しい
☑ 乾燥やハリ低下など老化の兆候あり!

【乳液部門 第2位】

Image title

ポーラ Red B.A マルチコンセントレート 50g ¥11000

Image title

VOCE世代の肌と好みにぴったり♡
とろっと軽いのにきちんとコクもあり、乳液の柔軟効果とクリームのヴェール効果を備えたハイブリッド系。ストレスホルモン、コルチゾールの影響をとくに受けやすい30代の肌を鑑みた処方と、アラサーウケ必至のテクスチャーで高得点!

Image title

「コルチゾールを減らして潤いヴェールで肌を守る、ストレス時代の救世主」

Image title

「使い始めたその日から、ストックがないと安心できなくなりました」

【テクスチャー】Image title

こんな肌にオススメ
☑ ゴワつきや毛穴目立ちが気になる!
☑ ベタつきが苦手でクリームに抵抗あり

【美容液・オイル部門 4位】

Image title

ポーラ Red B.A ビギニング エンハンサー 70g ¥6800

疲れをオフ&効く肌へリセット
続くお手入れが効きやすい肌へと導くブースター効果と、フェイスラインに溜まりがちなむくみやもたつきをすっきりとV字回復させる手応えで魅了。ストレスの影響を受けやすいアラサーはもちろん、世代不問で満足度大。

Image title

Image title

「泡状の美容液は、即浸透して肌密度がぐっと高まる。肌に元気がない人はぜひお試しを!」

Image title

「正直、戸惑うくらいの驚異的浸透力! くすみ知らずのなめらかな肌が嬉しくて、3本目をリピ中」

【テクスチャー】Image title

こんな肌にオススメ
☑ 化粧品の効きが悪くなった気がする
☑ フェイスラインのもたつきが顕著

【洗顔·クレンジング部門 第1位】

Image title

ポーラ Red B.A トリートメント クレンジング 120g ¥4800

メルティ感触でストレスまでオフ
ゆっくり指をすべらせることでバームがとろけていく感覚は、肌のコリだけではなくストレスでこわばった心までほぐすようで、癒やし効果絶大。毛穴の奥まですっきりクリアにし、ふっくらと明るく洗い上げる実力と注目のストレス対策処方で化粧水に続き、2冠達成!

Image title

Image title

「“ちゃんと落として取りすぎない”バランスが絶妙! アラサーの新・定番クレンジング」

Image title

「肌に吸いつくテクスチャーでコルチゾールによる肌のコリを拭い去り、再生しやすい肌に」

Image title

「ねっとりした濃厚な質感で、メイクも汚れもからめとる感じ。あと肌の明るさはスゴイの一言!」

【テクスチャー】Image title

こんな肌にオススメ
☑ 毛穴汚れや詰まり、黒ずみが気になる
☑ ストレスでこわばった肌をほぐしたい

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品
:2018年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:58名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(11)、メイク部門(18)の全部門、ヘア&メイクアップアーティストはメイク部門(18)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらにスキンケア部門、メイク部門の各部門の中で、獲得点数が高かった上位2品を最優秀賞、優秀賞として表彰。

撮影/伊藤泰寛(静物) スタイリング/川﨑加織 取材・文/楢﨑裕美、中川知春、小池菜奈子 構成/与儀昇平