連載 脱・平成顔!アラサー漫画家の時空越え大作戦

目はデカく、鼻筋は通して……盛ってナンボじゃないの!?【平成顔】のアラサー漫画家のメイク迷走劇

公開日:2022.01.03

脱・平成顔! アラサー漫画家の時空越え大作戦

テレビマンと漫画家の二足のわらじを履く真船佳奈さんが、VOCEオリジナル漫画「脱・平成顔! アラサー漫画家の時空越え大作戦」。平成の常識を引きずって、いつの間にか古くなっていたメイクをアップデートすべく奮闘する様子を描きます。令和メイクの新常識についていけない!!

脱・平成顔! アラサー漫画家の時空越え大作戦

テレビマンと漫画家の二足のわらじを履く真船佳奈さんが、VOCEオリジナル漫画「脱・平成顔! アラサー漫画家の時空越え大作戦」。平成の常識を引きずって、いつの間にか古くなっていたメイクをアップデートすべく奮闘する様子を描きます。令和メイクの新常識についていけない!!

憧れはギャル。メイクって盛ってナンボじゃないの?!

憧れはギャル。メイクって盛ってナンボじゃないの?!

主人公は、現在32歳の漫画家・真船佳奈さん。平成元年生まれの彼女は、ギャルが牽引していた時代を長く生きてきたがゆえ、メイクも私生活も盛ってアゲてナンボ、目立つことこそ至高!なギャルマインドへの崇拝心が今でも心に刻まれている。「目はできるだけデカく!」「鼻筋にはシェーディングをガッツリ入れて鋭利な鼻に!」と、盛って盛って盛ることこそがメイクだという常識を青春時代に刷り込まれたため、美容雑誌で見かける「抜け感」などという言葉とは縁遠い人生。ギャル至高時代に身につけたメイク術は、令和という新しい時代を迎えてもなかなかアップデートできず……。

令和のメイク、薄すぎじゃない!?

令和のメイク、薄すぎじゃない!?

しかし、最近ふと周りを見渡すと、目のまわりをまっ黒に囲んだ囲み目も、皮膚呼吸ができないほど塗りたくった隙のないベースメイクも、もう誰もしていないではないか! 盛ってナンボな平成のメイクの常識が、いつの間にか変わっている……。そう、青春時代に一生懸命身につけたメイク術では、旬な顔になることが叶わなくなってしまっていたのだ。

どうりでインスタグラマーとお揃いの服を買ってもいまいちキマらず、なんだかダサいわけだ……。メイクが古いと、最新の服を着てもなかなかオシャレにならない。

旬なメイクに年齢は関係ない。何歳になっても最新のメイク術さえ取り入れれば、いつでもイケてる顔になることは可能だ。
美容雑誌VOCEの手を借りて、真船さんの平成顔はどう令和の最旬顔にアップデートされていくのか!? 次回、強力な助っ人の登場で、物語は展開を見せます。

『脱・平成顔! アラサー漫画家の時空越え大作戦』

『脱・平成顔! アラサー漫画家の時空越え大作戦』

【プロフィール】
真船佳奈(まふね・かな)
平成元年生まれのアラサー漫画家。テレビ東京で働きながら漫画家としても活躍する異例のキャリアの持ち主。「年収分は美容にぶっ込んでいた」ほどの大の美容好きだったが、今はメイクが迷走中。著書「オンエアできない!」が2022年1月からアニメ放送決定!
Twitter: @mafune_kana

Edited by VOCE編集部

公開日:2022.01.03

Serial Stories

連載・シリーズ