1. 2018年にマスターすべきの【マットリップ】おすすめランキング

2018.12.10

2018年にマスターすべきの【マットリップ】おすすめランキング

下半期のベストコスメについて、美のプロたちが徹底討論! 受賞アイテムの魅力から注目すべきコスメトレンドまで、プロならではの視点で語ってもらいました。これを読めばコスメの "今" がまるわかり!

2018年にマスターすべきの【マットリップ】おすすめランキング

2018年下半期ベストコスメを分析!「スゴいコスメ」座談会

この3名が分析!

Image title

人気が止まらない永遠のモテ美女。

Image title

絶対シャレる理論派メイク。

Image title

幅広い美容ジャンルに精通。

Image title

2018年下半期ベストコスメ特設ページはこちら♪


テクスチャーも多様化 "マット" の幅が広がった!

Image title

初心者にも嬉しい多彩なバリエ

神崎: 下半期はリップが豊作すぎて、審査が本当に大変でしたね。

寺田: 色も質感も素晴らしくて。

paku☆chan: そんな激戦のリップでしたが、マットリップの充実ぶりが目を引きました。とにかくテクスチャーが多彩! 女っぽいもの、カジュアルに使える軽やかなものなど、今やマットはなりたいイメージに合わせて選ぶ時代だと感じています。

神崎: 昔はマットリップって、おしゃれだけどなかなか、"キレイ" や "女っぽい" に結びつかないアイテムだったけど、今は何も諦めなくていい。

寺田: 例えばランコム(A)は、女らしく上品に仕上がりますよね。ちょっとだけコンサバ。でも古い感じではなく、今の気分もちゃんと入ったネオコンサバ。

paku☆chan: ランコムのドラマ マットシリーズは、私たちプロのヘアメイクがこれまで、普通のリップの上にパウダーシャドウを重ねてつくってた質感に近い。あの感じをサッと塗るだけで再現できるなんて……、感動的です。

寺田: モード感を楽しみたいときは、断然NARS(B)ですね。この、唇にピタッと密着する軽いテクスチャーも好き。

神崎: 指でささっとぼかしても可愛い。カジュアルにも楽しめます。

paku☆chan: 今まで、ツヤで薄膜をつくるアイテムはあったけど、マットで薄膜をつくれるリップは初めてでした。

神崎: シャネル(C)はじゅわ〜っと染めたように色づくマット。このカジュアル感は唯一無二。

寺田: シワっぽくもならないし、塗ってから指でポンポンすると、本当に可愛く仕上がります!

paku☆chan: 滑らせるようにして塗ったり、トントンと叩いたり。濃さの調整が簡単にできるから、マット初心者さんにオススメ! こう考えると、下半期はマットリップの間口が広がりましたね。


Image title

(A)なめらかなマットの新しさ
口紅部門4位。「端正な雰囲気がまとえる質感を溺愛中です。ベリーのニュアンスも女性らしい」(神崎さん)
ラプソリュ ルージュ DM 507 ¥4000/ランコム

Image title

(B)軽やかな感触の無重力マット
リキッドルージュ・グロス部門4位。「マットの "重い" イメージを払拭!」(paku☆chanさん)
パワーマットリップピグメント 2780 ¥3500/NARS JAPAN

Image title

(C)ふわふわっとした発色に興奮
リキッドルージュ・グロス部門1位。「今までなかったパウダリーな発色が新鮮」(寺田さん)
ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960 ¥4200/シャネル

撮影/伊藤泰寛(静物) 取材・文/中川知春 取材・文・構成/鬼木朋子