1. 痛みにガマンは禁物!【頭痛・生理痛】ツライ痛みの正しい対処法

2018.12.21

痛みにガマンは禁物!【頭痛・生理痛】ツライ痛みの正しい対処法

多くの女性を悩ます痛み問題。仕方がないと諦めている人も多いけど、諦めないで! きちんと対処法はあるんです‼

痛みにガマンは禁物!【頭痛・生理痛】ツライ痛みの正しい対処法

ツラい痛みのせいで人生ソンしていませんか!?

充実した毎日を過ごしたい私たちにとって痛みのせいでイラついたり、予定を変更するのは避けたいこと。なのに現実は……。

【CASE1】 クリスマスパーティなのに生理痛!こんな日に限って……

Image title

高額マスクでケアし、コスメも新調してドレスアップしてきたのに“なんでやねん”というタイミングでやってくる、あの日。せめて痛みがなければイイのに、寝込むほどひどい人も……。

【CASE2】会社を休めない日に限ってひどい頭痛が……どうしよう

Image title

ガンガン頭が痛くて思考回路は停止寸前なのに、今日、やらねばならぬ仕事がある。年々、やりがいも増えて仕事は楽しいけど、こういうときばかりは逃亡願望マックスに。誰かヘルプミー!

【CASE3】ケータイ見ながらダラダラしてたら、頭イタッ! これからデートなのに~

Image title

眼精疲労や夜更かしが頭痛のもとになる、とわかっていてもやめられず……。頭痛を我慢するストレスを考えたら、デートをドタキャンしたほうがマシかもっ(汗)。

頭痛は体質だから仕方ない?

“体質だから仕方ない” “あまり鎮痛薬を飲むとよくない”と解決を諦めぎみな声が多く、ともに70%以上! 一方で“頭痛とうまく付き合う方法を知りたい”という人は90.8%も。みんな何かしらの策を求めているのだ!

Image title出典:第一三共ヘルスケア

まず自分の頭痛タイプを知ろう

【緊張型頭痛】
片頭痛に比べると痛みのレベルは弱く、締め付け感が続く。長時間のPC作業や精神的ストレスによる血流低下に起因することが多い。また時々片頭痛を起こす混合型の場合もある。

☑ 締め付けられるような痛み
☑ 肩こりや首こりを伴うことも
☑ 疲れやストレスがあると起こる

【片頭痛】
拍動するような痛みが基本だが、締め付け感を強く感じるケースも。いずれも寝込むほどひどいのが特徴で、肩こりで誘発されることもあり、カラダを動かすとひどくなる傾向あり。

☑ ズキズキと脈を打つように痛い
☑ 目がチカチカするなどの前兆も
☑ 頭の片側や両側が強く痛む

頭痛はガマンすると痛みが強くなります

頭痛をガマンするという声をよく聞きますが、それは逆効果。ガマンしたからといってイイことはなく、かえって痛みの原因物質が増えて神経を刺激するので、痛みは強くなるばかり。なるべく早く鎮痛薬を飲むのが賢明です。また、用法、用量を守って正しく飲んでも治らないなら病院へ行くべきという見極めにもなります。

from 河手眞理子先生

Image title

西荻ペインクリニック院長。頭痛や肩こり、腰痛などさまざまな痛みをケアする専門医。著書に『「痛みの名医」が教える 体の痛みがスッキリ消える』(二見書房)など。

こんな時は受診して!

「月1~2回程度の薬でおさまるなら問題ありませんが、月10日以上飲むようなら使用過多による頭痛の可能性があり、治療が必要。また今までに感じたことのないほどの強い痛みや嘔吐やしびれなどがある場合は、脳出血や脳腫瘍の場合もあるので即、病院へ」(河手先生)

頭痛の正しい対処法は?

Image title

予防策としては、血流をよくしてコリをためないこと。毎日、湯船に浸かり、デスクワークの人はこまめにストレッチを。赤ワインや騒音など特定の要因に反応して起こるケースもあるので、その傾向があるなら避けると◎。そして痛み出したら薬は早めに。できれば鎮静成分を含まない鎮痛成分だけのものがオススメです。緊張型の場合は温めたり、ストレッチで血流をよくすると痛みが緩和されますが、片頭痛の発作時には逆効果。頭を冷やすのが正解です。

生理痛をガマンしてはいけません

生理の際、子宮が収縮するのに伴って痛み物質が発生するため、生理痛は誰にでもありえること。ただし、痛みの度合いは個人差があり、腹部や腰など痛む場所も人それぞれです。問題は“生理は病気ではない”という考えから痛みをガマンする人がとても多いこと。痛みのピークを過ぎてから薬を飲んでも効きが悪いので、ひどくなる前に飲むのが鉄則です。

from 福山千代子先生

Image title

アヴェニューウィメンズクリニック院長。日本産科婦人科学会専門医。生理痛やPMSなどのトラブルへの明快な説明と適切な治療で人気。ピルを用いた治療にも精通。

こんな時は受診して!

「生理の出血が多かったり、排便痛や性交痛がある場合は子宮内膜症などのトラブルが潜んでいる場合もあるので受診を。また生理痛がひどく、鎮痛薬が効かない場合も相談を。ピルや漢方で緩和させることも可能です」(福山先生)

生理痛をやわらげる方法って?

下腹部や腰など痛みを感じるところには、カイロを貼るなどして温めるのが効果的で、お風呂に浸かったり、温かい飲み物を飲むのもオススメ。カラダが温まることで筋肉の収縮がやわらぎ、痛みが緩和されます。逆に避けたいのが、冷たい飲料やカフェインを摂るなどしてカラダを冷やすこと。冷えると余計に子宮が収縮して痛み物質を増やしてしまうので、生理痛がひどいときは、たとえホットでも、コーヒーや紅茶などは控えたほうがいいでしょう。また、鎮痛薬を早めに飲んでおくという選択肢もあります。

イラスト/すぎうらゆう 取材・文/楢﨑裕美