1. 岡田健史|ドラマ『中学聖日記』でブレイク中の美男子の素顔とは?

2018.12.18

岡田健史|ドラマ『中学聖日記』でブレイク中の美男子の素顔とは?

眺めているだけで、心までキレイにしてくれる話題のイケメン・岡田健史。ドラマ『中学聖日記』の好演で大注目を集める彼にインタビュー!

岡田健史|ドラマ『中学聖日記』でブレイク中の美男子の素顔とは?

『中学聖日記』でデビューできて、本当に良かった

「ドラマも映画も今日の撮影も、やはりチームワーク。野球で学んだことがきっと活かされると思うんです」

秋クールのドラマ『中学聖日記』で黒岩晶役を演じた岡田健史さん。これがドラマデビューとあって、初々しさが溢れる演技と繊細な表情に虜になった女子は数知れず!

「何もかもが初めてづくしでした。まずは自分を選んでくださったこと、キャストの方々や素敵なスタッフさんが何ひとつ知らない自分を温かく迎えて、多くを教えてくださって……。初めての現場が『中学聖日記』で良かったと心から思っています。きっとこれが、将来大きな財産になるんだと思います」

一心不乱に11年間野球と向き合ってきた岡田さんにとって "芝居" はまったくアウェーな場所。しかも福岡から東京に身一つで上京してきたのだから不安も大きいはず。

「今はできなくて当然だと思っていますし、壁にぶつかってもひたすら、どう改善できるかと "ポジティブ" に考えるようにしています。オンエアを観ても演技に関しては反省点しか見えないですし、自分がこの『中学聖日記』チームの輪のどこにいるのかも、なかなか見えてこないんです。でも、自分が野球部にいたときは120人の部員の副キャプテンもやらせていただきましたし、組織力やチームで勝ちに行くことの重要性は十分に学んできたつもりです。ドラマや映画、そして今日の撮影のように1ページをつくることも "チーム力" だと思うんです。野球で学んだことが、この世界でも活かせるんじゃないか――。そんなふうに思いながら日々トライしてます」

そんな19歳の岡田さんが "キュン" とくるのは一体、どんな女の子?

「今まで好きになった女の子に共通点はないんです……(笑)。その人によって魅力は違うので、これがタイプ! というのは言えませんね」と、とっても真摯な回答が。

ちなみにどんなメイクの女の子が好きかと聞いたら、「真っ赤なリップが似合う女性は、素敵だなって思います。ドレスアップしてヒールを履いて、そんな自信のある雰囲気に赤リップをつけていたら、本当にキレイだなと思います」。

Image title

岡田健史 KENSHI OKADA

1999年5月12日生まれ、福岡県出身。現在の事務所にスカウトされるも、当時は野球一筋だったため芸能界入りを断り続けていたが、野球部引退後に演劇部にスカウトされたことがきっかけとなり俳優を志願。『中学聖日記』で有村架純さん演じる先生を好きになる中学生・黒岩晶役に大抜擢。繊細な演技が話題となり注目を集める。

撮影/向山裕信(vale.) ヘアメイク/KOHEY スタイリング/鈴木真由 取材・文/前田美保 構成/大木光