1. 【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】2019年の幕開けです。1月は三碧木星の月。恋も仕事もスピードが決め手!

2019.01.01

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】2019年の幕開けです。1月は三碧木星の月。恋も仕事もスピードが決め手!

風水に基づく開運アクションアドバイスが「怖いほど効果が現れる!」と評判の、風水心理カウンセラーの谷口令さん。風水アドバイス歴40年以上で、そのカウンセリング数は1万件以上という谷口さんに、1月の氣の流れと開運アクションを聞いてきました。

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】2019年の幕開けです。1月は三碧木星の月。恋も仕事もスピードが決め手!

九紫火星から八白土星の年になりました

2019年になりましたね! 皆さん、明けましておめでとうございます。今年は八白土星の年になります。去年の九紫が美や直感の年だったとしたら、今年は「変化」「改革」の年です。ですから自然と変化の多い年になります。ぜひ変化を楽しみ、自らも“改革”を起こして幸運体質になりましょう! そして「土の気」を持つ年ですから、お肌の土壌も整えましょう! つまり、スキンケアに力を入れると今年はいいですよ。

Image title

さて、そんな2019年の幕開けである1月は、三碧木星の月になります。三碧木星は、成長のエネルギー・発展・前向きな姿勢・スピードなどを司ります。エネルギッシュで、新年の幕開けにふさわしい九星です。ですから去年、「彼と別れてしまった……」「仕事を辞めてしまった……」なんて人は、1月は精力的に“新しい恋”“新しい仕事”を探してください。

しかも変化の年ですから、新しい恋や新しい仕事はあなたを次なるステージに上げてくれる大きなきっかけになるはずです。また、新しい習い事や習慣を始めるのにいい機会。やってみたいなと思っていた習い事や資格取得のための勉強などは、1月にスタートさせるといいですよ。ダイエットを始めるのにもいい時です。三碧木星のエネルギーが追い風になってくれます。

<1月の開運アクション>

◆ラッキーコスメは木の気を持つ、オーガニックコスメ。
◆オレンジやレモンなどシトラス系の香りが吉。
◆ラッキーカラーはフレッシュグリーン(洋なしや青りんごの色)。小物、ネイルなどで取り入れてみて。フレッシュグリーンの色をした入浴剤を使うのもおすすめ。
◆ラッキースポットは木がたくさんある公園、クラブやライブ会場など音楽の流れるところ。
◆食べて体の中から開運する食風水は、「酸味のあるもの」がキーワード。お寿司や梅干し、マリネ、レモンを使った料理を。おせち料理のなますも三碧木星のエネルギーを持っていますよ。

Image title

<1月のラッキーデー>

一粒万倍日
たった1粒のもみが万倍にも実り、素晴らしい稲穂になること。小さなことでも始めたことが何倍にも実る日とされるため、新しい物事をスタートするのにいい日。
【2日、3日、6日、15日、18日、27日、30日】

天赦日(てんしゃにち)
天赦日とは年5~6回しかない、天がすべての罪を許し、開運を導く最上の吉日。日そのものがパワースポットになる日。そして甲子の日は物事をスタートさせるのに適した日。11月28日は、天赦日と甲子の日が重なります。ですから、何かプラスのことを始めたり、お財布を使い始めるのに適した日です。
【27日】
※1月27日は一粒万倍日と天赦日が重なる、最強の吉日です。

1月17日から冬の土用が始まります

この連載でも何度もお伝えしてきましたが、土用は年4回ある運と体と心の調整期間です。この時期、体調や気持ちの状態がイマイチなのは、体も心も次の季節を迎えるために調整しているからだと思ってください。

土用の期間は、目に見えるモノだけじゃなく見えない心の負担も手放すのに適した時期。2月4日に立春を迎えるまでに、もやもややイライラの原因は手放し、必要なものだけを手元に残しましょう。手放し、捨てることで心も体も軽くなり、春を気持ちよく迎えることができますよ。そして出来るだけ自分と家で過ごす時間を大切にすること。

Image title

・充分な睡眠を取る
・家族とごはんを食べる
・ペットと遊ぶ
・好きなものを買う
・大好きな映画を見る

これらは土用におすすめの過ごし方です。とにかく無理をしないこと。すべてのペースを落とすこと。だからスピードが命である三碧木星の1月ですが、17日から土用に入るので、スタートダッシュをかけるのは1月前半がベストです。ここで無理をしてしまうと2月4日の立春を迎えたあと、風邪をひいたり体調を崩したりし、しかもそれがやたらと長引いたりするので要注意。

暦の上では来月には春を迎えます。春は運磨きに最適な季節。そのためにも、“冬の土用”はしっかり休んでくださいね。

取材・文/中田ぷう