1. 【2018年ベストコスメ】メイクアイテム各部門1位総まとめ

2018.12.20

【2018年ベストコスメ】メイクアイテム各部門1位総まとめ

SNS映え、ダイバーシティ、ストレス社会──そんな“今”を反映した新作が続々登場した2018年を振り返り、美のプロが本気でVOCE読者に推したいコスメを厳選。平成最後の栄冠を手にした傑作が今、明らかに!

【2018年ベストコスメ】メイクアイテム各部門1位総まとめ

2018年、全てのベストコスメはこちらでチェック♥

Image title

【リキッドルージュ・グロス部門◆第1位】

シャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 960  ¥4200

シャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー

これまでにない使用感に美のプロたちも騒然!
色、質感共に多彩なバリエが出揃い、激戦となったこの部門で圧勝したのがシャネルの新ルージュ。これまでのマットの概念を覆す、ふわっと柔らかな発色。さらに、唇の上でみずみずしいジェルからパウダリーなマットへと変化する次世代的なテクスチャーで美のプロのハートをわしづかみに!

VOCE編集長から一言!

一目で、使ってみたい!と思わせる商品力で圧勝
「2018年は、マットブームが本格化した年。そんな中で出てきたこの新感覚のマットルージュ。パフでカジュアルにのせられるのも、唇にのせたとたん、ふんわりパウダーに変化するのもすべてが新鮮! また、この体験をまわりの人に『アレ使った?』と言いたくなる、まさに話題になったコスメだった」

【リップスティック部門◆第1位】

ディオール ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ 999  ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール ルージュ ディオール ウルトラ ルージュ

“ディオールの999”の快進撃が止まらない
下半期に続き、年間ベストコスメでもブランドが誇るアイコニックなシェード、999の新作がトップに。この圧倒的な人気の理由は、なんといってもこれまでにないサテン マットな質感。輝きを感じさせるマットな赤リップは、ドレスアップだけでなくカジュアルスタイルにもハマるとSNS等で話題沸騰。

VOCE編集長から一言!

マットの美しさをさらに高めた究極のリップ
「持っているだけで女度が高まりそうなドラマティックな赤のパッケージ! マットブームで各社しのぎを削る中、マットならではのくっきり発色ながら、重さゼロのなめらかなサテンマット質感が“年間ベスコス”を制する結果に。見事なまでに唇をキレイに見せてくれて、かつこの今っぽさはさすがのひと言」

【ファンデーション・ベース部門◆第1位】

クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ SPF25/PA+++ 全6色  ¥9000(セット価格)/資生堂インターナショナル

クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ

光をまとい、みずみずしく艶めく主役肌に
肌悩みを自然にカバーし、お手入れ後のようなツヤを湛えた見惚れる美肌を叶えるメイク効果はもちろん、使うたび、素肌から潤い、なめらかになる抜群のスキンケア効果を発揮。まるで、クレ・ド・ポー ボーテの最高峰ファンデ“ル・フォンドゥタンの携帯版”と絶賛され、大混戦を制した。

VOCE編集長から一言!

高機能クッションで、極上の肌が簡単に
「今年は、ラグジュアリーなブランドからクッションファンデが登場したのも特徴。クッションだからといって軽い肌ではなく、大人が欲しいカバー力と、上品なツヤでの潤い感、スキンケア効果と、美のプロが納得するあらゆるポイントをクリア。パパッとこんな美肌をつくれてしまう、技術の進化ってすごい!」

【アイシャドウ部門◆第1位】

NARS クワッドアイシャドー 3972  ¥5800(ECサイト限定品)/NARS JAPAN

NARS クワッドアイシャドー

今の気分を凝縮した色ときらめきの競演!
2018年秋のリニューアルで、まぶたと一体化する密着感、なめらかな質感、そしてドラマティックな発色を手に入れたNARSのプレストアイシャドウ。中でもこのパレットはメイク企画での登場回数、SNSでのポストなどが桁違い! 旬を極めた色と輝きで、プロだけでなく日本中の女性を虜にした。

VOCE編集長から一言!

ヘアメイクさんたちからの圧倒的な支持が!
「今求められている赤み色と旬な輝きがギュッとひとつに。どう使ってもオシャレになる、憎いくらいのパレットはメイク好きの心に刺さりまくった一品。パレットは今、買う人の“ちゃんと使えるアイテムか”、という見極める目が厳しいので、捨て色なしのこのバリエ力は納得の勝利と言えそう!」

【プチプラ メイク部門◆第1位】

インテグレート 水ジェリークラッシュ SPF30/PA++ 全2色  ¥2000(編集部調べ)/資生堂

インテグレート 水ジェリークラッシュ

皮脂崩れをブロックする“水ジェリー”質感の虜に
ジェリー状に固められたファンデをメッシュの上から崩して使うユニークなアイデアで第一印象からプロの心を摑んだ今作。ひんやりピタッと密着する新感触や、凹凸のないキレイな素肌のような仕上がり、皮脂と混ざりにくい水ベースによる持ちのよさなど、使うほど魅力にハマるプロが続出!

VOCE編集長から一言!

ユニークさプラス完成度の高い肌に
「そのものズバリのネーミングからうかがえる、遊び心溢れる質感の気持ちよさ、楽しさはお墨つき。また、それだけに終わらない水ベースの働きで、肌は皮脂、汗に負けない完成度の高い美肌をつくり出す。プチプラらしいチャレンジ精神と、その堅実な美肌メイク効果でプロの心をガッチリ摑んだ、記憶に残る名アイテム!」


【べスコス選考方法】
メイク、スキンケアのカテゴリーにおいて、2018年を代表する各5部門を編集部にて選出。2018年1~12月に発売された、限定品を除くコスメを対象に、ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員は全10部門、ヘア&メイクアップアーティストはメイク編5部門を審査。一品につき10点満点で投票を行い、各部門の年間トップ3を決定しました。

撮影/ヤノコージ(STIJL)、伊藤泰寛 取材・文/楢﨑裕美、中川知春、小池菜奈子 構成/鬼木朋子