1. 毛先シースルーで魅せる秋の“こなれロング” 

2015.10.23

毛先シースルーで魅せる秋の“こなれロング” 

今、ファッションやビューティ界で注目されるキーワードといえば“女らしさ”。これを裏テーマに、ロング3スタイルを人気ヘアサロン『GARDEN』に提案してもらいました。今年らしさのカギとなる、縦長のロングシルエットと揺れ動くシースルーの毛先に注目を♪ 

毛先シースルーで魅せる秋の“こなれロング” 
金子 優子
美容ライター
by 金子 優子

色気が溢れる❤グラマラスビューティ

Image title

ロングを重たく見せない秘訣は、“前上がりレイヤー”のフォルム。フロントは高めの位置から、バックは低めからレイヤーを入れ、髪の表面にワンカールちょっと巻いたカールでゆるやかな動きをプラスする。これが抜け感と同時に大人びた女らしさを演出するキーワード。カラーリングは、秋らしい深みとふんわり見えるライト感が絶妙なグレイッシュなカーキをチョイス。流行りのざっくりニットを合わせるなら、スモーキーカラーが好相性。

Image title

VOCEST! REPORT

「毛先のゆったりした動きとか秋っぽいカラーとか……全体的に今っぽくて、すごくいい♡モデルの長谷川潤さんや道端ジェシカさんのようなナチュラルだけれど、強い意志のある女性的な雰囲気がお気に入りです」(ガル・チャンさん)

担当スタイリスト:津田恵さん

Image title

ショートを得意とし、とくにえり足のシルエットには強いこだわりを持つ。最新のトレンドを取り入れつつも、その人だけの“ナチュラル可愛い”を引き出したカットが得意。

『GARDEN TOKYO』
住所:東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 11F
電話:03・3537・5510
http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/access.html

毛先のエアリーカールが男ゴコロをくすぐる愛され髪

Image title

「上のモデルさんのような大人顔の方には、ラフ感をプラスして甘さを引き出す」というスタイリストの戦略が見事成功。前髪のないバストラインのロングがカッチリした雰囲気になりすぎないよう、頭の鉢下あたりからリバース方向のカールをミックスしたランダムな流れで“隙”を演出する。ラベンダーベージュのカラーリングと、ほんのり濡れ感を感じるようなセミドライな質感が秋ニュアンスの隠し味に。

Image title

VOCEST! REPORT

「まずは、ダメージヘアをしっとりツヤツヤに見せる、この髪色にベタ惚れ❤ それに、髪を巻くと、スタイルによっては老けて見えることがあるのに、これは落ち着いているのに“若見え”効果もあり、まさに、いいところ取り。この甘すぎない女らしさは、きっと誰にでも似合うはず」(吉田美希さん)

担当スタイリスト:一番合戦彩さん

Image title

得意ジャンルは、ショートやボブ。カッコイイもカワイイも自由自在にあやつる雰囲気づくりの達人。アレンジ力にも定評があり、アプリ『HAIR』にも作品を多数アップしている。

『Drive For GARDEN』
住所: 東京都中央区銀座6-8-3銀座尾張町TOWER 5F
電話:03・6277・5500
http://www.garden-hair.jp/drive_for_garden/access.html

秋トレンドの70代レトロを感じさせる最旬ロング

Image title

愛らしさの定番ともいえるリラクシーウェーブに“今ドキ”のエッセンスをくわえているのが前髪。ほんのり毛先がサイドに流れるようなリバース前髪で、さりげなく70年代ブームを感じさせているところがニクイ♪ この前髪ひとつで今年人気の“ツバ広帽”をかぶったときにもトレンド感に大きな違いが出るという。カラーリングは、マルサルカラーで温かみを、さらにウォームベージュとグレーをちょい足しすることで、大人っぽさを添加。

Image title

VOCEST! REPORT

カーリーなスタイルをすると、古くさい印象になりがちなのですが、今回の大人可愛いふわふわスタイルには胸キュンです❤ カラーリングもまわりのオシャレな人たちから評判。サロンで仕上がりを見たときには、「赤すぎ!?」と思いましたが、日に当たるとイメージが一変。すごくキレイだし、秋らしい! そんなに多くを語らなくても思い通りのスタイリングにしてくれるスタイリストの徳永さんの腕に惚れ込みました。またお願いしたい♪(井上あずささん)

担当スタイリスト:徳永恵理さん

Image title

落ち着いた雰囲気の中に、愛らしさやカジュアルさの冒険心も忘れない“ネオ大人”スタイルが評判。カットやパーマ、カラーリングの効果や意味をくわしく説明する姿勢は「安心感があり、すべて任せられる」と好評。

『Ramie』
住所:東京都中央区銀座5-5-14 GINZAGATES 9F
電話:03・3569・1171
http://ramie.jp/

取材・文:ライター金子優子

金子 優子
金子 優子
VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。去年まではインナードライ肌だったのに、今年からド級乾燥肌に。サロンの体験取材なども多くこなす実践派。数多くの美容クリニックに、施術写真が飾られているというウワサも。プライベートでは2歳の女のコママ。