1. 温まるだけじゃない! 美髪&ほうれい線対策にもエプソムソルト

2019.01.09

温まるだけじゃない! 美髪&ほうれい線対策にもエプソムソルト

テレビや雑誌などで美容に良いと紹介されることが多い「エプソムソルト」ですが、入浴剤として浸かるだけではなく、ヘアケアにも使えるってご存知でしたか? 頭皮と髪、ほうれい線ケアにもなる入浴法をご紹介します。

温まるだけじゃない! 美髪&ほうれい線対策にもエプソムソルト

エプソムソルトとは?

VOCE

すでに愛用されている方も多いと思いますが、エプソムソルトとは硫酸マグネシウムのこと。「ソルト」という名前がついており、見ためは塩に似ていますが塩分は含まれていません。

筆者は副腎疲労について調べていてエプソムソルトの存在を知り、そのデトックス効果に期待して使い始めたのですが、確かに入浴剤として使うとたっぷり汗をかいて温まり、湯冷めしにくいと実感しています。それまで、冬場はすぐに湯冷めしてしまい、湯たんぽを使わないと冷えて寝れなかったのですが、エプソムソルトを入れて入浴した後はポカポカ感が続き、湯たんぽが要らなくなりました。また、塩系の入浴剤に比べ、値段が安価なのも続けやすく気に入っています。

入浴剤としてお湯にとかすだけではなく、オイルと混ぜてスクラブにするなどの使いみちも。私のおすすめの使いかたは……

頭皮マッサージにエプソムソルト

VOCE

筆者の場合は、ヘアケアに使っています。洗髪後に髪の水分を軽くタオルで取った後に大さじ1杯くらいを手にとって、頭皮にすり込むようにして全体になじませ、2〜3分かけて全体をしっかりマッサージします。そして、そのまま湯船に浸かるのですが、上向きの状態で首のアーチを優しくストレッチするように伸ばしながら頭皮全体がお湯に浸かるようにして、髪についているエプソムソルトを溶かします。
※ 耳に水が入らないように気をつけてくださいね。

ゆっくり首を伸ばしながら頭皮までエプソムソルトのお湯に浸かると、リラックス効果も抜群。普段、スマホやPCの画面ばかり見て下を向いている時間が長いので、頬のたるみやほうれい線が気になっているのですが、上を向いてゆっくり首を伸ばしながら入ると、下向きに凝り固まっていた身体がふわ〜っと解放されるようです。

エプソムソルトの効果で肌当たりが温泉のように柔らかくなっている状態で頭皮をお湯にドボッと浸けるのって、気持ちも癒やされるし、頭が空っぽになる感覚が気持ちいいんです。ふつうにシャワーで洗い流すのとは違う気持ちよさがありますよ。髪はそのまま水道水で流さずに上がっていますが、乾かした後のまとまりも良くなり、しっとり仕上がります。

頭皮マッサージ、塩とエプソムソルトどちらがいい?

VOCE

塩で頭皮マッサージをすることもあるのですが、塩には塩の良さがあります。頭皮がキュッと引き締まって邪気が払えるような感覚や、リフトアップする感覚を得られますが、エプソムソルトで頭皮マッサージをする場合はもっと優しく、刺激がない印象です。しっとり効果やリラックス効果はエプソムソルトの方があるように感じました。

筆者はアトピー体質なので、肌荒れが酷く冬は乾燥で掻き過ぎて塩系の入浴剤に入ると滲みて痛いことがあったのですが、塩分が含まれないエプソムソルトは湯あたりも柔らかく刺激がないので安心して使えています。スクラブ効果は普通の塩のほうが強く、エプソムソルトでは踵のガサガサなど頑固な角質には弱いように感じますが、その分、ナイーブな頭皮のケアなどにも気軽に使えます。また、塩分が含まれていないので風呂釜が傷まないのも良いですね。

水分補給を忘れずに!

エプソムソルトのお湯に入ると、汗の出方が全然違い、かなり汗をかくことを実感します。冬場はただでさえ水分を控えがちなので、体が水不足にならないように湯上がりの水分補給は忘れないでくださいね!