1. 花粉症の辛い【グズグズ&イガイガ】なんとかなります! アロマパワーがすごい!

2019.01.20

花粉症の辛い【グズグズ&イガイガ】なんとかなります! アロマパワーがすごい!

毎年、このシーズンになると、くしゃみや鼻づまり、のどのイガイガ感など、花粉が原因の症状に悩まされていませんか? そんな症状が現れたら、早めにアロマのパワーでケアを。症状を緩和して、春の訪れを明るい気分で楽しみましょう!

花粉症の辛い【グズグズ&イガイガ】なんとかなります! アロマパワーがすごい!

お話を伺ったのは……
尾花美奈子さん

Image title

IFA認定アロマセラピスト。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト。JAMHA認定ハーバルセラピスト。2007年に、ニールズヤード レメディーズに入社。スクールスタッフを経て、現在は、直営サロンにてセラピストとして勤務。悩みや症状に合わせたトリートメントを行っている。

花粉症の憂鬱な症状と気分に、アロマでアプローチ

花粉などによるアレルギー症状を和らげるのに有効な自然療法。【花粉症・風邪対策】おすすめハーブティーの効能・味わいまで徹底解説!で説明したように、ハーブティーは事前に取り入れるのがおすすめですが、「精油を用いたアロマテラピーは、気になる症状を感じた時に取り入れるのが効果的」(尾花さん)なのだそうです。
花粉症の症状に悩まされるようになると、憂鬱な気分になりがちですが、アロマのパワーでケアすれば、体がラクになるだけでなく、同時に、明るい気持ちにも導くことができます。

VOCE

おすすめの精油は下記のような抗炎症や抗アレルギー作用のあるタイプになります。好みの香りのものを選んで活用しましょう。

・カモミール

抗アレルギー作用がある甘い香りの精油。ローマンとジャーマンの2種があり、どちらにも同様の作用があります。抗炎症作用のあるカマズレンという青色の成分をより多く含有しているジャーマンのほうが炎症を抑える効果は大。ただし、カモミールジャーマンの精油は色が青いため、マッサージなどで使用する際は気を付けましょう。

・メリッサ

レモンバームから抽出する精油で、レモンのような香りがするのが特徴。抗ヒスタミン作用があるハーブとして知られており、炎症やアレルギー反応を抑制する作用もあります。

・ユーカリ

抗炎症作用や殺菌作用が高い精油。鼻やのどなどの呼吸器の炎症を抑えたい時におすすめです。免疫力を高める作用があるため、風邪やインフルエンザの予防にも。品種によって、すっきりとした香りや、レモンのような香りなど、香りの印象が全く異なりますが、いずれも同じような作用が。オーストラリアでは古くから万能薬のように活用されてきた精油なので、好きな香りのものを1品見つけておくと便利です。

鼻やのどをすっきりさせる活用法がベスト

精油を用いた花粉症対策では、すっきり感を与えることで鼻やのどの不快な症状を和らげることができるのが魅力。吸入や芳香浴などのような、呼吸器系に働きかけることができる方法で取り入れるのが有効です。ここでは、特に花粉症対策におすすめの方法をいくつか紹介します。鼻づまりやムズムズ感、のどの痛みなどが気になった時に試してみてください。

〈吸入法〉

VOCE

自宅で時間がある時には、蒸気を用いた吸入でじっくりケアを。
耐熱性のボウルや洗面器に70℃くらいのお湯を入れ、精油を1~3滴くらい垂らします。バスタオルなどをかぶって蒸気を逃がさないようにし、目を閉じた状態で、蒸気とともに立ち上る芳香成分を2~3分ほど吸入しましょう。バスタオルの開閉によって温度や蒸気の量を調節し、やけどをしないように気を付けて。
「お湯の温度が高すぎると、湯気で逆に咳込んでしまったりすることもあるので、熱すぎない適度なお湯で行うのがポイントです」(尾花さん)

外出時には、場所を選ばずに行える吸入法でケアを。
ハンカチやティッシュに精油を1滴垂らし、それを鼻や口元に近づけて吸入します。

〈胸元のトリートメント〉

VOCE

花粉症などの不快感によって、なかなか寝付けないという時は、胸元のトリートメントがおすすめです。
1%の濃度になるように希釈したアロマオイル(5mlのベースオイルに対して精油1滴が目安)を胸元に優しく塗って寝ると、呼吸がラクになります。鼻の下に塗ってもOK。精油は原液をそのまま肌に塗布することはNGなので、少量の使用でも、必ず希釈したものを用いるようにしましょう。

〈ルームスプレー〉

VOCE

アロマを用いたルームスプレーは、香り成分による芳香浴だけでなく、周囲の空気を浄化するという意味でも効果が期待できます。
スプレー容器に、無水エタノール5mlと、精油1~4滴、水15mlを加えて混ぜ合わせたものを、気になる症状を感じた時に、人に向けないように気を付けて、シュシュッと自分の周りにスプレーします。
「用いる精油は好みのものでいいですが、おすすめはユーカリとメリッサを2滴ずつ加えたもの。1度作ったら2週間以内に使い切るようにしましょう」(尾花さん)

【関連】【アロマで体質改善】アロマのパワーで血流アップ! ポカポカボディを手に入れる

市販のアロマ製品も上手に取り入れて

自分で精油をブレンドしたり、準備をするのが面倒という人は、市販のアイテムを活用すると便利です。

ユーカリバーム 10g ¥1600/ニールズヤード レメディーズ

ユーカリバーム,ニールズヤード レメディーズ

ユーカリやティーツリーを配合したスーッとした爽快感のあるバーム。鼻がムズムズしたり、鼻づまりが気になる時の就寝前に鼻の下に塗るだけで、すっきり感でぐっすり。鼻のかみすぎなどでガザガザになってしまった鼻周辺の肌も、しっかり保湿します。

ブリーズイージー マスクスプレー 25ml ¥1350/パーフェクト ポーション

ブリーズイージー マスクスプレー,パーフェクトポーション

ユーカリやティーツリー、レモンなどの精油を配合したマスク用スプレー。マスクにシュッとスプレーしてからつけることで、爽やかな香りで鼻がすっきり。殺菌効果や抗炎症効果のある精油だから、マスクの防御力もサポートします。

クナイプ バスソルト ユーカリの香り〈医薬部外品〉850g ¥2400/クナイプジャパン

クナイプジャパン,クナイプ バスソルト ユーカリの香り

ユーカリの精油入りのバスソルト。お風呂に入りながら深呼吸することで、湯気とともに立ち上る爽快なユーカリの芳香成分によって、花粉症シーズンにありがちな鼻やのどの不快感をケア。高い殺菌作用があるユーカリは、風邪の予防におすすめ。


アロマを上手く活用して、辛くなりがちな花粉症シーズンを、気持ちよく乗り切りましょう!