1. コンビニに売ってるものを組み合わせるだけ!簡単にヤセる「腹ペタスープ」の作り方

2019.01.13

コンビニに売ってるものを組み合わせるだけ!簡単にヤセる「腹ペタスープ」の作り方

時間がないときは、コンビニで売っている食材だけで即席腹ペタスープ作り。お手軽スープで、ダイエットしながら栄養補給もカンペキ♡

コンビニに売ってるものを組み合わせるだけ!簡単にヤセる「腹ペタスープ」の作り方

VOCE

【教えてくれるのは】簡単ダイエットの専門家 藤井香江さん
半年間で20kgのダイエットに成功し、その体型を20年以上キープ。著書は『「腹ペタ」スープダイエット 作りおきで、かんたん!』(講談社)ほか。

VOCE

味つけには鶏ガラスープが活躍
味加減がしやすい鶏ガラスープ。めんつゆやポン酢、コンソメでも。

*電子レンジの加熱時間は出力600Wの場合が目安。足りなければ様子を見ながら、加熱時間を少しずつ長くして。

サバのごまみそ汁

VOCE

VOCE

【材料】
・即席みそ汁
・サバの水煮缶
・すりごま

【作り方】
即席みそ汁に沸騰したお湯を注いで、熱めのみそ汁をつくる。その中にサバ缶を約半量加えてよく混ぜ、すりごまをかける。余ったサバは密閉容器に移して保存する。サバの水煮缶は鍋やスープと相性がいいので、常備しておくのがおすすめ。

やせコツ
「青魚のサバは良質な油EPAやDHAだけでなく、筋肉の栄養素にもなるたんぱく質もとれます」

たんぱく質盛りミネストローネ

VOCE

VOCE

【材料】
・ミネストローネ
・ツナの水煮缶
・とろけるチーズ

【作り方】
市販のミネストローネに好みの量のツナを加えて混ぜ、とろけるチーズをのせる。表示時間通りにレンジで加熱。温まり方が足りないようなら、少しずつ加熱時間を長くして、適温まで温めて。ツナの代わりにサラダチキンや豆腐を入れても!

やせコツ
「抗酸化力の高いミネストローネにツナやチーズなどのたんぱく源をプラスして栄養価をアップ」

即席かきたまスープ

VOCE

VOCE

【材料】
・卵
・豆腐
・青ねぎ

【作り方】
器に卵を割り入れてときほぐし、鶏ガラスープの素小さじ1、塩、こしょう各少々を加えて、沸騰したお湯300mlを一気に注ぐ。豆腐を適量加え、小口切りにした青ねぎをのせる。熱々のお湯をサッと注ぐのがポイント。

やせコツ
「おなかが空いて眠れないときはコレ。胃腸に負担をかけず、おなかから体を温めて、ぐっすり眠れます」

もずく酢豆腐スープ

VOCE

VOCE

【材料】
・もずく酢
・豆腐
・おろししょうが

【作り方】
耐熱容器にもずく酢1パック(80g)、豆腐1/4丁(60g)、おろししょうが(チューブ可)小さじ1/2、鶏ガラスープの素小さじ1/2、しょうゆ小さじ1、水150mlを入れ、ふんわりラップをかけてレンジで2分30秒加熱し、よく混ぜる。適度な酸味がクセになる味。

やせコツ
「もずくの酢の効果で血行と代謝を促進。不溶性食物繊維のもずくには腸内環境を整える効果も」

食べる野菜トマトスープ

VOCE

VOCE

【材料】
・サラダミックス
・ツナの水煮缶
・ケチャップ

【作り方】
サラダミックス適量、ツナの水煮缶1缶、水200mlに鶏ガラスープの素小さじ1、ケチャップ大さじ1を加えて、ふんわりラップをかけたらレンジで2分30秒を目安に加熱。よく混ぜてから食べる。外食が続いて野菜が足りないと思ったときに!

やせコツ
「カット野菜を使って食べるスープに。ツナやサラダチキンなど、たんぱく質を加えるのを忘れずに」

混ぜるだけ納豆汁

VOCE

VOCE

【材料】
・即席みそ汁
・納豆
・青ねぎ

【作り方】
即席みそ汁に沸騰したお湯を注ぐ。そこに納豆1パック(50g)を加えて手早くかき混ぜ、小口切りにした青ねぎを適量のせる。納豆を加えることでみそ汁だけでは足りないたんぱく質を補給できる。青ねぎは冷凍保存しておき、凍ったままかけても。

やせコツ
「食物繊維が豊富な納豆は積極的に食べたい食材。ナットウキナーゼが余分な水分を排出してむくみ予防に」

レタスたまごスープ

VOCE

VOCE

【材料】
・レタスサラダミックス
・プチトマト
・卵

【作り方】
耐熱容器に半分に切ったプチトマト適量、レタスサラダミックス適量、おろしにんにく(チューブ可)小さじ1/4、鶏ガラスープの素小さじ1、水150mlを入れ、ふんわりラップをかけてレンジで2分30秒加熱し、混ぜる。卵をといて流し入れ、再び30秒加熱する。

やせコツ
「脂肪の燃焼を助けるアミノ酸が豊富な卵に、野菜たっぷりの栄養満点スープ。疲れがとれないときに!」

撮影/恩田亮一 取材・文・構成/山本美和