1. カフェ好き編集おすすめ・絶対行くべき♡「今月のいいね! カフェ」vol.3

2015.11.14

カフェ好き編集おすすめ・絶対行くべき♡「今月のいいね! カフェ」vol.3

すっかり寒空な秋ですね。寒さを乗り切った週末は、お気に入りの居心地GOODなカフェで、あったか〜くておいしいコーヒーを楽しみませんか♡ カフェ大好きな編集Nは、今日もそんな小さな幸せを噛みしめています♪ vol.3の今回は、コーヒーの新聖地・清澄白河のロースタリー&カフェを紹介します。

カフェ好き編集おすすめ・絶対行くべき♡「今月のいいね! カフェ」vol.3

■東京の新聖地・清澄白河のロースタリー

アメリカから上陸して話題をさらったブルーボトルコーヒー、自家焙煎のドリップが人気のアライズコーヒーなど、注目のショップがひしめくコーヒー新聖地、清澄白河。清澄白河といえば、清澄庭園、東京都現代美術館など、週末を楽しむためのスポットもあり、都心部の雑踏から離れてゆっくり過ごすにはピッタリの街!

Image title

そんな街で地元の人々にも愛され、都内外から人が集まるロースタリー&カフェが「オールプレス・エスプレッソ」です。このロースタリー&カフェ、1986年にニュージーランドでマイケル・オールプレスさんによって設立され、2014年、満を持して日本の清澄白河にロースタリー&カフェとして出店されたのです。

ちなみに筆者が最初に「オールプレス」の豆と出会ったのは数年前に新潟県を訪ねたとき。旅先でもカフェに目がない筆者、オールプレスが契約に踏み切った数少ないカフェのひとつ、「Good Luck Coffee」の存在を聞きつけ訪問しました。オールプレスの豆に惚れ込み、親から継いだ庭師の職を辞めてカフェを開いたという笑顔が素敵な若手オーナーが営むショップです。その美味しさに感激したのを覚えています。

■コミュニティをつくる木の空間

Image title

清澄白河のショップには、ラップトップを抱えて一人で来たオシャレな若者から、遠方から来たと見える仲良しそうな老夫婦まで、いろんな人が楽しそうに集っていました。外壁には地元の人が乗って来た自転車がズラリ。周りの道も広いし、天井は高いし、開放感抜群です。ロースタリーが併設されているので、焙煎の様子を見るのも楽しい! 美術館帰りに寄ってみてはいかがでしょうか♪

■自家焙煎のコーヒーをぜひっ!

Image title

左から時計回りに「エスプレッソ」「フラットホワイト」「ラテ」。みなさん、「フラットホワイト」って聞いたことありますか? ニュージーランドやオーストラリアのコーヒーショップにいくと、メニューに必ずあるこの「フラットホワイト」、現地では最もポピュラーなエスプレッソドリンクなんです。エスプレッソに、まるでクリームのようにきめ細やかに泡立てたスチームミルクを注ぎます。飲みやすくて、カフェラテやカプチーノと比べると、ミルクフォームの量が少ないのが特徴です。が、お店によって定義が異なるみたい……なので、いろんなお店の味を楽しんでみるのもいいですね!

■SHOPINFO

住所
〒135-0023
東京都江東区平野3-7-2
Ph: 03-5875-9392

営業時間
月曜日~金曜日 8am - 5pm
土曜日、日曜日、祝祭日 9am - 6pm