1. あのNo.1※ フェイスパウダーがさらに進化。コスメデコルテの美肌News[PR]

2019.01.22

あのNo.1※ フェイスパウダーがさらに進化。コスメデコルテの美肌News[PR]

軽やかで繊細、優しいつけ心地でありながら思い通りの仕上がりを叶える。そんなコスメデコルテのフェイスパウダーが、この春さらなる進化を遂げた。この完成度、ほかにない!

あのNo.1※ フェイスパウダーがさらに進化。コスメデコルテの美肌News[PR]

肌にしっとり溶け込んで狙い通りの透明美肌に

その始まりは約20年前。1998年に“質感チェンジャー”をコンセプトに誕生した「パウダーイントゥイス」が、軽やかなつけ心地とサラサラの肌触りで大ヒット。“粉っぽい”“厚塗りになる”というフェイスパウダーへのネガティブな印象を覆し、時代とともに進化しながら現在も人気アイテムとして君臨している。そして2019年1月、コスメデコルテのパウダーはさらなる飛躍を遂げた。ラインナップは全6色。そのすべてに保湿力の高い4種の植物成分を新配合し、乾燥しがちな肌も長時間しっとり。さらに、まるで濡れたようなツヤ肌を演出するトランスルーセントが、新色としてお目見えだ。

色を選べば仕上がりは自在。しっとり感が高く、メイクしている間もずっとなめらかな肌をキープ。これからの時代、なりたい肌を叶えるのは賢いフェイスパウダーをおいてほかにない。

※2017年の出荷実績に基づく

VOCE

00 translucent
濡れたようなツヤ肌になるトランスルーセント。でもノンパール!

11 luminary ivory
細かいパールが上品にきらめくパーリィベージュ。繊細なツヤ感。

10 misty beige
ほわっとした印象のフォギー肌に。ノンパールのライトベージュ。

VOCE

12 lucent beige
ノンパールのベージュカラー。肌なじみがよく、透明感もアップ。

30 shiny terra cotta
ほんのり日焼けしたような、ツヤ感のある健康的なテラコッタ肌になれる。

80 glow pink
血色感のある仕上がりにするなら、このパーリィピンクを試して。

News 1
自然なツヤ感を演出する新色登場

新たに追加された00 translucentは、潤い溢れる生ツヤ仕上げ。パールによるきらめきではなく、光を反射させる板状粉体を採用することでツヤを出しているため、透明感のある自然な肌印象になるのがポイント。

News 2
極上のシルクタッチ

最高級のオーガニックシルクを独自の粉体技術できめ細かい粒子にし、保湿効果の高いアミノ酸で丁寧にコーティング。肌との摩擦が少なく、軽やかなタッチで溶け込むようになじんでいく。

News 3
なりたい肌感、自由自在

6色展開といっても、単に色づきが変わるだけではないところが人気の秘密。濡れツヤ肌にするなら00 translucent、上品なセミマット肌にするなら10 misty beigeと、それぞれ完成度の高い仕上がり。

News 4
一日中続く、つけたての美しさ

保湿力の高い4 種類の植物エキスを新配合。美容成分で乾燥から潤いを守るだけでなく、高いフィット感でヨレも防止。一日中、くずれ知らずの肌をキープする。

News 5
ひと塗りで毛穴レス肌

ソフトフォーカス効果で、毛穴などの凹凸をナチュラルにカバー。スベスベでつるんとした美しい肌に整えつつ、厚塗り印象にならないところも特徴的。悩みのある肌こそ試してみて!

News 6
肌当たり最高~な肉厚のパフ

もちろんパフだってひと工夫がいっぱい。やわらかな肌触りで厚みがあるため、ムラなくふんわりとパウダーをつけることができる。ずっと肌にすべらせていたくなるほどの心地よさ♪

コスメデコルテ,フェイスパウダー

コスメデコルテ フェイスパウダー 20g 全6色 各 ¥5000

4種類の植物エキスを新配合して、さらにしっとり、よりくずれにくく進化。ノンパー ルでありながら自然なツヤ肌に導く新色の00 translucentは要注目! この仕上がりはクセになる~。

\コスメデコルテ フェイスパウダーのキャンペーンサイトがオープン!
あなたの性格診断と似合うカラーがチェックできる「ディグラム診断
」など、ぜひチェックしてみて。

https://www.cosmedecorte.com/facepowderdebut/

協力/コスメデコルテ
0120・763・325
https://www.cosmedecorte.com

【00】オールインワン ¥52000/アプレドゥマン(マサコ テラニシ) 【10】ワンピース ¥33000/SUSU PRESS(VL BY VEE) カチューシャ ¥17000/ギャップインターナショナル(コレットマルーフ) 【11】ニット ¥18000/シュチャストニースー ワンピース ¥13889/COS銀座店(COS) ピアス ¥10500/somnium シューズ/私物
【12】ブラウス ¥12000/HONEY MI HONEY TOKYO(ハニーミーハニー) 【30】ワンピース ¥29000/RATTAN7(VillD) ピアス ¥9500、リング ¥2500/ライフズ 代官山(TODAYFUL) 【80】トップス ¥33000/PINKO JAPAN(PINKO) スカート ¥28000/SUSU PRESS(EAUSEENON) シューズ/私物

撮影/城健太(vale./人物)、小川剛(静物) ヘアメイク/George スタイリング/西野メンコ モデル/桐谷美玲 取材・文/穴沢玲子 構成/大木光