1. 【花粉症】にも効果絶大!|強力な「はちみつ」パワーの引き出し方とは?|プロが教える美肌&健康テク5選!

2019.02.04

【花粉症】にも効果絶大!|強力な「はちみつ」パワーの引き出し方とは?|プロが教える美肌&健康テク5選!

はちみつの美容・健康効果は、肌や体がトラブルに陥った時にも、さまざまな方法で活用することができます。食用としてだけでなく、常備薬代わりにちょっと不調を感じた時に役立ててみてはいかがですか。

【花粉症】にも効果絶大!|強力な「はちみつ」パワーの引き出し方とは?|プロが教える美肌&健康テク5選!

お話を伺ったのは……
平野のり子さん

VOCE

一般社団法人日本はちみつマイスター協会 代表理事。2008年よりNPO法人はちみつマイスター養成講座の立ち上げに関わるなど、はちみつの魅力を広めるためのさまざまなセミナーを開催。テレビや雑誌などのメディアを通じ、はちみつの活用の提案も行っている。監修本に『はちみつ美肌メソッド』(河出書房新社)がある。

今の季節におすすめ! はちみつを使った美肌&健康テクニック5選

はちみつは栄養価が高く、殺菌作用や炎症などを抑える効果も期待できるので、食用としてはもちろん、肌やダメージを受けた部位を癒す意味でも有効です。ちょっと贅沢ですが、スキンケアや気になる部位のケアに取り入れるのも手です。そこで、日本はちみつマイスター協会代表理事の平野さんに、肌や体の悩みに最適な、はちみつを使ったおすすめのケア方法を教えてもらいました。風邪や花粉症、季節の変わり目にありがちな肌トラブルなど、この時期は悩みも増えるので、ぜひ、はちみつを有効に活用してください。

VOCE

肌のごわつき、くすみ対策に

気温の低下や乾燥などの影響で、今の時期は肌の新陳代謝も低下しがち。肌表面のごわつきやくすみ感が気になる人も少なくないはずです。そんな時は、はちみつを使って角質ケアを。
ヨーグルト大さじ1杯に、はちみつを大さじ1/2杯を加えて混ぜ合わせ、顔に塗布。約10分後に洗い流します。
ヨーグルトにはフルーツ酸が含まれているので、肌に塗布してパックするだけで、ごわついた古い角質を取り除くことができます。さらに、はちみつが潤いをもたらしてくれるので、しっとり感のあるツルツルの肌に仕上がります。

VOCE

また、より乾燥状態が気になる場合は、オイルとはちみつを混ぜたものでマッサージしながら角質ケアをするのもおすすめです。
「夜のスキンケアで、アルガンやホホバなどのお好みの植物オイル小さじ1/2杯と、同量のはちみつを混ぜ合わせたもので肌をマッサージしましょう。次第にボロボロと不要な角質を含んだものが落ちてきますが、それを取り除けばもっちりとした肌に。そのまま就寝しても大丈夫ですが、そのままでは気になる場合は、最後に化粧水などでなじませてもOKです」(平野さん)

唇の荒れに

唇が乾燥してガサガサになっている時には、リップクリームの代わりにはちみつを活用しましょう。
たっぷりと唇にはちみつを塗り、ラップや唇専用のシートパックをその上にかぶせ、しばらく密閉させると、唇がしっとりプルプルになります。

VOCE

保湿やニキビケアには、はちみつ化粧水

肌の乾燥が気になる時や、ニキビや肌あれなどの予防には、はちみつ配合の手作り化粧水でケアするのがおすすめ。
精製水100gに対して10gのはちみつを混ぜ、保存料の代わりに好きな精油を1滴加えて作ります。1か月以内に使い切るようにしましょう。
ニキビや肌あれなどの具体的な悩みがある場合は、殺菌力の高いマヌカやタイムのはちみつを用いるのがベストです。

花粉症の辛い症状には、はちみつの原液を

花粉症で鼻がムズムズする時には、はちみつそのものを用いてケア。
「綿棒にはちみつの原液をつけて、鼻の奥に塗布します。塗った直後はくしゃみや鼻水がたくさん出ますが、そのおかげでアレルゲンが取れるので、その後はスッキリします。アレルゲンをしっかり排出させるために、続けて3回は塗布しましょう」(平野さん)
殺菌力が高いマヌカを用いるのが最適です。

のどの痛みやイガイガ感には、はちみつうがい

花粉症や風邪などで、のどの痛みや不快感が気になる時には、はちみつでうがいをするのが有効です。

VOCE

「10%程度の濃度になるように水にはちみつを混ぜ、うがいをします。のどだけでなく、一緒に鼻のほうにもはちみつ水が届くように、顔が真上を向くように首を90℃に傾けてしっかりうがいをするのがポイントです。体を安定させるために、イスに座った状態で行うと安全です。のどや鼻のほうにはちみつがいきわたるのを意識しながら行いましょう」(平野さん)


美容・健康効果があるうえに、いざという時に頼りになるはちみつ。本来は食用だから、安心してお手入れに使えるのも魅力です。お気に入りのはちみつを常備して、食用としてだけでなく、外側からのケアにも活用して美と健康を手に入れましょう。