1. セレブも注目!|自然療法【ホメオパシー美容】って?|内側から美しさ・治癒力UP!

2019.02.04

セレブも注目!|自然療法【ホメオパシー美容】って?|内側から美しさ・治癒力UP!

薬に頼るのではなく、自然の力を利用するホメオパシー。症状を起こす物質を希釈してわずかに与えることにより、身体の自然治癒力を引き出します。体への負担が少ないことから世界中に愛用者が存在する、ドイツ発祥の自然療法をご紹介します。

セレブも注目!|自然療法【ホメオパシー美容】って?|内側から美しさ・治癒力UP!

200年前にヨーロッパで誕生し、今なお受け継がれる自然療法

VOCE

18世紀後半にドイツ人医師サミュエル・ハーネマンが初めて提唱したホメオパシー。自然界に存在する植物や動物、鉱物などを原料に、何倍にも希釈したもので「レメディー」と呼ばれる砂糖玉を作り、口から摂る療法です。継続することにより身体に眠る自然治癒力を触発し、自身の力で不調を改善していきます。

日本では歴史が浅く「宗教的」と言ったネガティブな言葉を耳にすることもありますが、ヨーロッパやインド、南米では非常に親しまれています。薬局のウインドウに「Homeopathie」と書いてあるものも少なくないので、旅行先で目にしたことがある人もいるかもしれません。世界の利用者数は約10億人とも言われており、日本でいう「漢方」のような存在。ハワイのオーガニックスーパー「ホールフーズ」でも、ホメオパシーを扱っています。

ホメオパシーと現代医学の違いとは

VOCE

日本語で「同種療法」と訳されるホメオパシー。熱には熱を引き出すものを与え、熱を押し出すことで改善へと導きます。熱っぽい時や喉が痛む時に、身体を温め喉がヒリヒリする生姜を取る、おばあちゃんの知恵袋にも通ずるものがあります。

現代医学が解熱剤や咳止め、下痢止め、痛み止めなど症状を抑えることを目的としているのに対し、熱も咳も下痢も痛みも老廃物を出しているのだから、それらを出し切ることによって改善へ導くことを目的としています。これはいわゆるデトックスのこと。レメディーを体内に取り入れることで、自然由来の成分が神経に伝わり自然治癒力のスイッチを入れて、生まれ持った本来の回復力を呼び覚まします。

生理不順で悩んでいた人がホメオパシーを始めて、生理周期が整ったりすることも。身体の内側から少しずつ改善していく療法なので、身体本来の力を呼び覚まし冷えが解消したり、基礎代謝が上がるなど心身のバランスが整います。心と身体のバランスを保ち、改善していくという意味ではヨガの考え方に近いかもしれません。

世界中のセレブリティにも愛用者が

VOCE

ドイツやフランスでは、医師の約40%がホメオパシーのレメディーを処方しています。またイギリスでは、国民の約10%が使用しているとのデータも。アメリカでも過去30~40年の間に、使用量が10倍にも増えたそう。スイスでは一度保険適用医療から外れたものの、2009年に67%もの国民の賛同を受け、再び保険適用対象医療に変更されたほど需要があります。インドでは医学部を出てもホメオパシー大学で6年間学ばなければ専門医ホメオパスになれないにも関わらず、のべ約26万人ものホメオパスが誕生。ブラジルの薬学部では、ホメオパシーが必須科目になっています。

ヨーロッパを皮切りに世界中に広まったホメオパシーですが、国によって認識が異なります。日本ではホメオパシーキットが販売されているのでここ数年レメディーを購入できるショップが増えてきていますが、初めての方や慢性的な症状で悩んでいる方は、まずはホメオパス(ホメオパシーを専門に学んだ有資格者)に相談した方がいいでしょう。
*ホメオパスは、①医師としてホメオパシーを学んだ人、②医師ではなくホメオパシーを学んだ人の2種類おり、ホメオパシー相談を受け付けているクリニックなどで受診できます。

またイギリス王室がホメオパシーを保護しており、エリザベス女王の主治医もホメオパシー医師と公表されています。L・V・ベートベンやフレデリック・ショパンなどの音楽家をはじめ、芸術家のクロード・モネやV・W・V・ゴッホ、平和運動家のマザー・テレサ、政治家のクリントン夫妻などもホメオパシー愛用者。他にもティナ・ターナーやオーランド・ブルーム、ベッカム夫妻などが知られています。

デビット・ベッカムが2002年、ワールドカップ直前に足を故障した際、ホメオパシーのレメディーで回復し世界中で話題となりました。妻のヴィクトリア・ベッカムも子育てにホメオパシーを使っていると明言しています。

五感やパフォーマンス力を高めたいけれど薬には頼りたくないという人や、なかなか自分に合う薬が見つからないという人は、ホメオパシーで自己治癒力を高め、心身のバランスを整えてみてはいかがでしょうか。