1. 寝るだけ!その場でサイズダウン!【タオル枕ダイエット】

2019.01.23

寝るだけ!その場でサイズダウン!【タオル枕ダイエット】

寒くて外に出たくないし、おなかがすいて食べすぎちゃうし……ダイエットしなきゃいけないのはわかってるけど……。と、言い訳をくり返す女子に向けてVOCEが“ラク痩せ”をご提案。これなら薄着になる春までに痩せられる(はず)!

寝るだけ!その場でサイズダウン!【タオル枕ダイエット】

【教えてくれるのは】

VOCE

ソリデンテ南青山代表 小野晴康さん
理学療法士。理学療法理論と技術をベースに独自のマッサージ法「ミオドレナージ」を考案。口コミで話題となる。著書は『ミオドレ式寝るだけダイエット枕』(講談社)ほか多数。

タオル枕ダイエット

VOCE

痩せていても、太っていても、下腹ぽっこりが気になる人向き
「寝るだけで痩せる」そんな夢のようなダイエット法がコレ。続ければ、ぽっこり下腹がへこんで、ウエストのくびれも出てくるとか⁉ 今すぐやらなきゃソン、でしょ⁉

【ラク痩せのキモ】
5分以上、タオル枕の上に寝るだけ!

どうして痩せるの?

縮んだ筋肉を伸ばしてほぐすと、脂肪燃焼しやすい体に変わる
スマホやパソコンを手放せないアラサー女子の多くは、いつでも猫背姿勢。常に体の前面の筋肉が縮み、背面の筋肉は伸びきったままの状態だ。タオル枕の上に寝ると、縮んだおなかの筋肉が伸びて、筋肉の伸縮バランスが整う。すると、よく動く質のいい筋肉に変わり、脂肪を燃焼しやすい体に!

◆3大メリット

1、その場で下腹がへこむ
硬く縮んだおなかや胸の筋肉が、内臓を正しい位置に支えられないため、下腹が出る。タオル枕に寝て前面の筋肉を伸ばすと、内臓が正しい位置に戻り、その場で下腹ペタンコに。

2、筋肉の質が上がって代謝アップ
硬く縮んだ筋肉は動きが悪く、筋肉のまわりにたっぷりと脂肪がつく。タオル枕に寝て筋肉をほどよく伸ばすことで筋肉の質がよくなり、脂肪をどんどん燃焼。代謝がアップ!

3、姿勢がよくなり美ボディラインに
体の前面の筋肉が縮むのは、猫背などの悪い姿勢が原因。タオル枕で縮んだ筋肉を伸ばすと正しい姿勢をキープすることができ、猫背が解消。メリハリのある美ボディラインに。

タオル枕の作り方

VOCE

(1)バスタオルを3つ折りにする。大判の場合は、4つ折りに。折り幅はお尻の左右幅を目安に。

VOCE

(2)端からきつめにしっかりと巻いていく。左右均等の直径になるように注意しよう。

VOCE

(3)2ヵ所、ひもで結わえて固定する。お尻をのせてつぶれるようなら、タオルを2枚重ねに。

VOCE

(4)完成!

寝るだけでその場でサイズダウン

【やり方】
2つのタオル枕を逆Tの字の形に床に置く。まず横向きの枕にお尻の中央をのせ、縦に置いた枕に背骨を沿わせながら上体を倒してあお向けに。両手両足を伸ばして5分以上キープ。

VOCE

【ここにあてる】
お尻の中央を横向きのタオル枕にあて、縦向きのタオル枕を背骨に沿ってあてる。

VOCE

肩や胸が痛い人はひじを曲げてもOK
両手を上に伸ばすのがキツいなら、最初はひじを軽く曲げて徐々に伸ばそう。腰が痛い場合はひざを立てて行って。

+αで効果UP

VOCE

寝たまま横隔膜を押して代謝アップを加速
寝たまま横隔膜を押すと、呼吸が深くなり、代謝アップをサポートできる。肋骨に沿って、息を吐きながら、指で5秒押す。

撮影/恩田亮一、小野良子(取材) モデル/辻岡奈保美(VOCEST!) 取材・文・構成/山本美和