1. 【食べるだけで痩せる!】ガマン知らずの「食前ダイエット」

2019.01.30

【食べるだけで痩せる!】ガマン知らずの「食前ダイエット」

寒くて外に出たくないし、おなかがすいて食べすぎちゃうし……ダイエットしなきゃいけないのはわかってるけど……。と、言い訳をくり返す女子に向けてVOCEが“ラク痩せ”をご提案。これなら薄着になる春までに痩せられる(はず)!

【食べるだけで痩せる!】ガマン知らずの「食前ダイエット」

【教えてくれるのは】

VOCE

工藤内科副院長 工藤孝文先生
スマホ診療による全国規模でのダイエット治療、漢方治療なども行う。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。近著に『ついた脂肪が即すっきり! 医師が考案 おかずみそ汁ダイエット』(学研プラス・1 /29発売)。

食前プチ食ダイエット

過食がおさまって、全身の脂肪が落ちる!
いつも食べすぎで後悔していたなら、食前プチ食がおすすめ。痩せ効果のある食品を食前に食べたり飲んだりするだけで、食欲がおさまって食事量がダウン。結果、ラク痩せ♡

ラク痩せのキモ

きゅうりorみそ汁or緑茶コーヒー食前にとるだけ

◆きゅうり

VOCE

脂肪分解酵素「ホスホリパーゼ」が脂肪の代謝を促進! 食前に1~2本、生で食べよう
きゅうりは1本(約100g)で、14kcalと低カロリー。脂肪分解酵素「ホスホリパーゼ」を取り入れるために、食前に1~2本を目安に生で食べよう。ほかにも、食物繊維やむくみを予防するカリウムを多く含んでいる。

◆熱々みそ汁

VOCE

熱い汁で気持ちが満たされることで衝動的なドカ食いを防ぎ、同時に栄養価の高い食事に
「ハフハフ」言うほど熱いみそ汁を食前にとると気持ちが満たされ、衝動的なドカ食いを防ぐことができる。さらに食物繊維の多い海藻、きのこを入れ、納豆や豚肉などのたんぱく質を加えて具だくさんにすれば栄養満点。

◆緑茶コーヒー

VOCE

緑茶とコーヒーのいいとこどりをしたフレーバーティーのような飲みやすい味。一日に何杯飲んでも!
緑茶とコーヒーを1:1で混ぜると、コーヒーに含まれるクロロゲン酸と緑茶のカテキンが合わさって痩せ効果が倍増。一方、血糖値を一時的に上昇させるカフェインのとりすぎを防ぐ。食前はもちろん、いつでも飲んで。

どうして痩せるの?

食前にとると、満腹中枢が刺激されてドカ食いがストップされるから!
空腹の状態で食事をとると、血糖値が急激に上昇し、脂肪がつきやすくなる。まずは食前にダイエット効果のある食品を食べたり、飲んだりすることで血糖値の急激な上昇を抑え、満腹中枢を早く刺激することができる。そのため、いつもより少なめの量でもすぐに満腹に!

VOCE

食前プチ食ダイエットの3大メリット

【1】飽きないから続く
いつも同じ食品を食前にとっていれば、飽きてしまって結局続かない。食前プチ食は、3つの中からその日の気分で食前にとればいいだけ。飽きないから続く→だから痩せる!

【2】そしゃくが増えて、消費カロリーアップ
食べ物をそしゃくするときもカロリーは消費されている。嚙めば嚙むほど内臓脂肪が燃焼するという報告も。食前にきゅうりや具だくさんのみそ汁をとれば、嚙む回数が増えて消費カロリーアップ。

【3】食材の痩せ成分を取り入れられる
3つの食前プチ食は、それぞれダイエット成分が豊富。食前に血糖値を上げにくくするだけでなく、痩せ成分を体に取り入れて痩せやすい体づくりに。特に食事量が増える夕食前に取り入れよう。

撮影/恩田亮一、小野良子(取材) 取材・文・構成/山本美和