連載 ボディワーカー森拓郎のダイエット道場

冬太り対策!たるんだ内ももを引き締めるエクササイズ【動画つき】

公開日:2022.02.11

冬太り対策!脚とお尻の境目をつくりプリ尻にするエクササイズ【動画つき】

寒い冬は外に出たくなくて、家の中でゴロゴロ。食べては寝てのくり返しで体が重くなった人も多いのではないでしょうか? こんな生活で一番打撃を受けているのが脚やお尻。運動不足による慢性のむくみで脚は太くなり、座りっぱなしでつぶれたお尻の筋肉はサボりグセがついてだるだる。そんなたるんだ脚やお尻を引き締めるおすすめのエクササイズを、ボディワーカー・森拓郎さんが5回に分けて紹介します。薄着になる春までに、すっきり細い脚&キュッと上がったお尻を目指しましょう!

冬太り対策!脚とお尻の境目をつくりプリ尻にするエクササイズ【動画つき】

寒い冬は外に出たくなくて、家の中でゴロゴロ。食べては寝てのくり返しで体が重くなった人も多いのではないでしょうか? こんな生活で一番打撃を受けているのが脚やお尻。運動不足による慢性のむくみで脚は太くなり、座りっぱなしでつぶれたお尻の筋肉はサボりグセがついてだるだる。そんなたるんだ脚やお尻を引き締めるおすすめのエクササイズを、ボディワーカー・森拓郎さんが5回に分けて紹介します。薄着になる春までに、すっきり細い脚&キュッと上がったお尻を目指しましょう!

普段使わない内ももの筋肉を鍛えるワイドスクワットで、太もものたるみを解消!

普段使わない内ももの筋肉を鍛えるワイドスクワットで、太もものたるみを解消!

太ももの横や前はガッチリ張ってたくましく見えるのに、内ももはたるんでぜい肉がたっぷり。同じ太ももなのに、内ももだけたるむのはなぜでしょうか?

「脚が太いと悩む人の多くは、股関節がねじれているのですが、ねじれた状態だと股関節の動きが制限されてしまいます。そのため、無理に太ももの外側や前側の筋肉を使って脚を動かそうとするので、そこだけ筋肉が発達して横に広がったたくましい脚になるのです。一方、内ももは意識しないと普段の生活ではあまり使われません。さぼりがちな内ももは脂肪がたまりやすい場所です」と、森さん。

たるんだ内ももの筋肉を刺激するおすすめのエクササイズが「ワイドスクワット」。腰を落とすときには、できるだけひざをつま先より外に開くように意識すると、内ももがより引き締まります。できるだけゆっくりと、内ももに効いていることを感じながら行いましょう!

内もものたるみを引き締めたい人のための「ワイドスクワット」

1.壁に手をついて足を開いて立つ

壁に手をついて足を開いて立つ

肩幅より広めに足を開いたら、つま先は30度外に開いて壁の前に立つ。両手は壁につき、肩より少し下の位置に。

2.ひざを外に向けて腰を落とす

ひざを外に向けて腰を落とす

バランスをとりやすいように手で壁を押しながら、ひざを外側に開いてお尻を突き出しゆっくりと腰を落とす。ポイントは骨盤を前傾させながらお尻を突き出すことと、ひざが内側に入らないように注意すること! お尻を締めながらゆっくりと元に戻る。これを10回くり返す。

NG

NG:腰を落とすときに背中が丸まってしまうと、内ももに効きづらくなります。

動画のスピードに合わせて行えば、さらに効果アップ!

いかがでしたか? 一般的なスクワットよりもずっと内ももが伸ばされて効いていることを実感できるはず。数を多くこなすよりも10回を丁寧に行うほうが効果を上げることができるので、動画のスピードに合わせて行ってみるのがおすすめです。

次回は太いふくらはぎが気になっている人のためのストレッチを紹介します! パンと張ったししゃも脚から脱して、まっすぐスリムなふくらはぎを手に入れましょう。

『脚やせ本 一日2分で細くなる!』(講談社)
『脚やせ本 一日2分で細くなる!』(講談社)

ダイエットをしても脚だけは思うようにやせないという人必見! 脚が細くなる新メソッドを詳しく紹介した森拓郎さんの新著『脚やせ本 一日2分で細くなる!』(講談社)が好評発売中です。すべてのエクササイズに森拓郎さんの実演動画付き。運動が苦手でも、この動画と本を見ながら脚やせストレッチが簡単に始められます!

撮影/岩谷優一(vale.) ヘアメイク/藤本希(cheek one) スタイリング/滝沢真奈 イラスト/ほかほか命 取材・文/山本美和 モデル/SOGYON(ソギョン)

Edited by 岡部 奈央子

公開日:2022.02.11

Serial Stories

連載・シリーズ