1. 【垂れ尻・ぽっこり下腹・ゆがみ脚】まとめてスッキリ「股関節ストレッチ」

2019.02.17

【垂れ尻・ぽっこり下腹・ゆがみ脚】まとめてスッキリ「股関節ストレッチ」

寒くて外に出たくないし、おなかがすいて食べすぎちゃうし……ダイエットしなきゃいけないのはわかってるけど……。と、言い訳をくり返す女子に向けてVOCEが“ラク痩せ”をご提案。これなら薄着になる春までに痩せられる(はず)!

【垂れ尻・ぽっこり下腹・ゆがみ脚】まとめてスッキリ「股関節ストレッチ」

ゆがみをとるだけで下半身すっきり 股関節ストレッチ

姿勢が悪く、垂れ尻、ごん太脚に悩んでいる人向き
無理して食事制限をしても、股関節にズレやゆがみがあったら痩せないそう。痩せる体のベースづくりは股関節から。1ポーズたった1分でできる股関節ストレッチにトライ!

1ポーズ1分動くだけ

股関節ほぐし

硬く動きの悪くなった股関節を柔軟にして、整えるストレッチ。股関節をほぐすことで、骨盤の位置も整えられ、ゆがみのない骨格の土台をつくる。

VOCE

【1】あお向けになり、かかとを押し出す
あお向けになり、片方の手をおなかの上に、反対の手を手の甲を上にして背中に。

VOCE

【2】足裏を床から離さないように片脚を立てる
背中に手を入れた側の脚を、足裏を床から離さないようにゆっくりと立てる。

VOCE

【3】立てたひざを外側に脱力するように倒す
立てたひざを体に寄せたら脚をパタンと外側に倒す。伸ばした脚のひざは浮かせない。

VOCE

【4】伸ばした脚に反対の脚の足裏を沿わせて下ろす
倒した脚の足裏を伸ばした脚に沿わせ、ゆっくりと下ろす。手を入れ替え、反対側も。

お尻たたき

股関節と骨盤のゆがみを整えながら、同時に脚の裏側にある正しい姿勢を支える筋肉を鍛える。美姿勢づくり&ヒップアップにも効果アリ!

VOCE

【1】ひじをついて合わせた両手の指の上にあごをのせる
うつぶせで、足を肩幅に開く。ひじをついて上半身を反り、両手を合わせて人差し指から薬指をあご下に。

VOCE

【2】片方のひざ下を立てて足裏にアーチをつくる
ひざ下を立て、つま先を伸ばしたり、かかとを突き出したりして、足の裏にアーチをつくる。

VOCE

【3】ひざを曲げてお尻をトントンとリズミカルにたたく
ひざを曲げて、かかとでお尻をトントンとリズミカルに5回たたく。反動をつけてもOK。5セット行う。

VOCE

【4】あごを上げて息を吐く
あごを上げて、斜め上に向かってふぅ~とゆっくり息を吐く。脚を替えて反対側も同様に。

どうして痩せるの?

ゆがんだ股関節を整えて血流アップ、老廃物を排出!

股関節は2 本の脚と骨盤をつなぎ、上半身を支える重要な関節。ここがゆがんでいると、骨格を正常な位置にしようと筋肉に無理がかかり、脂肪がつきやすくなる。股関節のゆがみを正すことで、連動する全身の筋肉や関節の動きがよくなり、血液やリンパの流れが促進。老廃物を排出できる体に。

◆3大メリット◆

1、悪い姿勢、垂れ尻、ごん太脚を同時にケア
股関節は骨格の要。ここを整えると上半身の重みを正しく支えられるようになり姿勢がよ くなる。連動する脚の筋肉が正しくついてムダなぜい肉がつきにくくなり、美脚&美尻に。

2、下腹ぽっこりがへこむ
股関節を整えると、骨盤のゆがみがとれて正しい位置に戻る。同時に背骨のつまりがとれて、自然なS字カーブを描くようになる。するとおなかがへこみ、ウエストもくびれる!

3、O脚が改善して美脚になる
O脚、X脚、XO脚、どのゆがみ脚タイプも股関節がずれることが原因。ゆがんだ股関節を整えて、硬くなった周囲の筋肉をほぐすことで、真っすぐ伸びた美脚に近づける。

【教えてくれたのは】

VOCE

整体エステ「ガイア」主宰 南 雅子さん
オリジナルに開発した姿勢矯正やストレッチで、健康で機能的な体づくりのための施術・指導を行う。著書は『すごいやせる! 股関節1分ストレッチ』(SBクリエイティブ)ほか。

撮影/恩田亮一、小野良子(取材) モデル/八木夏穂(VOCEST!) 取材・文・構成/山本美和