1. 知りたかった【みんなの便秘事情】実際に試してみた5つの解消法

2019.03.15

知りたかった【みんなの便秘事情】実際に試してみた5つの解消法

密かに悩んでいる女性が多い、便秘。出ない日が続くとお腹は苦しいし、肌も荒れるし、ツライことが多いですよね。そこで、便秘ってどのくらい出ないもの? どうやって解消してる? など、みんなのエピソードを聞いてみました。

知りたかった【みんなの便秘事情】実際に試してみた5つの解消法

便秘外来に通った

VOCE

「便秘薬の使いすぎで、このままだとダメだと思って使うのをやめると出なくなり、最大で1ヶ月と数日出なかったこともあるくらい酷い便秘でした。かなり悩んで、便秘外来に行ったんです。そしたら、『腸が全然動いてない』と言われて。弱い便秘薬を使って少しずつ便秘薬の量を減らすことと並行して、運動して水もしっかり摂るように言われました半年くらい通ってだいぶマシになったと思います」(33歳/教員)

便秘薬を常用していると「自分で出す力」が弱まってしまうこともありそうですね。でも、いきなりやめると、単純に出なくなり根本的に解決しない可能性も。あまりにも辛い場合は専門の便秘外来に行くのが解決への近道です。

プチ断食のおかげで快便体質に!

VOCE

「平気で一週間くらい出ないことも多かったのですが、帰省したときに便秘で悩んでいることを親に相談したら『あんたは食べ過ぎなのよ! さっきもお菓子をずっと食べていたじゃない』と言われて。それを機に夕食を食べない断食を3日くらいやってみたんです。そしたら前よりグッとトイレに行く回数が増えてびっくりしました」(26歳/マスコミ関係)

こちらは、食べ過ぎで疲れた胃腸の動きが悪くなっているため便秘になっているパターン。プチ断食によって腸を休めてあげることで、本来の機能を取り戻せたのかもしれません。食べ過ぎの方は量を減らしたりプチ断食にトライして様子を見てみるのも手ですね。

食物繊維のとりすぎは要注意!

VOCE

「10日くらい出ないこともある便秘体質です。食物繊維が腸活にいいよ、と同僚に聞いて試してみたんですが、その晩ものすごい腹痛に襲われて大変でした」(24歳/事務職)

便秘で腸の中に便が停滞している状態のところに、一気に消化しづらい食物繊維を摂ってしまうと腹痛の原因になることも。また、便秘対策には食物繊維だけではなく、水分もしっかり摂るのがおすすめです。

ジム通いで解消

VOCE

「週に2〜3回、毎日は出ないくらいなので自分がそれほど便秘だと思っていなかったのですが、友人から『毎日出るのが正常、1日に2〜3回出れば優秀』と聞いて。腹筋が弱いと出づらいと聞いたので、ジムに通ってインナーマッスルを鍛えることを意識したら毎日出るようになりました」(29歳/デザイナー)

男性に便秘の人が少なく、女性に多いのは腹筋が弱いからだという説もあるようです。もちろん、原因はそれだけではないと思いますが、インナーマッスルを鍛えることは体に悪いことではないですよね。運動にハマると食事にも気をつかうようになるので相乗効果もありそう。運動不足の自覚がある人は試してみてもいいかもしれませんね。

朝の生姜ココアで便意が

VOCE

朝食を摂った後に便意を感じてトイレに行き、スッキリした状態になるのが理想だと聞くのですが、それほど“快便”という女性は少ないはず。私の場合、酷い便秘体質というわけではないのですが、生活時間帯が不規則なせいか便意を感じる時間がバラバラでした。でも、冬の間に冷え対策で生姜ココアを飲むようにしたら朝からトイレに行きたくなることが増えたんです。ココアの食物繊維の効果にしても早すぎるので、腸が温まることでよく動くようになっているのかな? と思ったのですが、白湯だとその効果は感じませんでした。自律神経に作用するというココアのせいか、生姜のせいか分かりませんが、嬉しい効果です。
作り方は、ココア大さじ1〜2杯を少量のお湯で溶かし、擦った生姜小さじ1/3程度、お好みで蜂蜜か砂糖などの甘みを混ぜ、お湯か温めた牛乳か豆乳で伸ばすだけです。体もすごく温まるので、便秘に悩んでいる方は試してみてくださいね。