1. 自まつげがグングン伸びる! “妬まれ級まつげ”の育て方

2019.04.09

自まつげがグングン伸びる! “妬まれ級まつげ”の育て方

くるんとした長いまつげは、やっぱり可愛い! まつげがしっかりしていると、マスカラだけでも目が上下左右に大きく見えます。“まつ育”のために大切なことは何だと思いますか? 今回は、見過ごしがちなポイントを4つご紹介します。

自まつげがグングン伸びる! “妬まれ級まつげ”の育て方

まつげが長くてしっかりしていると、マスカラだけで何倍にも目力がアップします。でも、ケアを怠ってスカスカの短いまつげになってしまうと……もちろん寂しい目元に。今回は、パッチリした目元を手に入れるために習慣化したいまつげケアを押さえていきましょう!

■1:見過ごしがち! 目元のクレンジングダメージ

マスカラを落とすとき、摩擦ダメージを与えていませんか? 落ちにくいマスカラはとくに、クレンジングを丁寧に行わないとまつげが抜けたり切れたりすることに。

安心なのが、ポイントメイク落としでやさしくオフすること。下まぶたにコットンを当てて色素沈着を防ぎながら、クレンジングを惜しまず使って落としましょう。

■2:お湯でオフ! だけど頼れるマスカラを

忙しい方やずぼらさんにおすすめしたいのが、お湯でオフできるマスカラを使うこと。でもマスカラで目力アップさせるには、機能に妥協してはいけません!

私のお気に入りで何度もリピートしているのが、to/oneのマスカラ。とくに今シーズンは、グリーンにパールが入った限定色『ロング ラッシュ マスカラ EX02』が旬のカラーメイクにぴったりで大活躍です。

VOCE

to/one ロング ラッシュ マスカラ ¥2800/マッシュビューティーラボ

to/oneの『ロング ラッシュ マスカラ』の魅力は、長さ、カール、ツヤがパーフェクトな上、ウチワサボテンオイルやフラワーエキスなどでまつげケアまで叶うこと。重ねづけすれば、ボリュームにも満足できます。

VOCE

VOCE

お湯でオフできてクレンジングの摩擦ダメージを減らせるだけでなく、落ちにくさ、まつげケア力、メイクの仕上がりの満足度も高いマスカラは、“まつ育”のキーを握ります。ぜひ、マスカラも見直してみてください。

■3:朝晩別のまつげ美容液でパーフェクト

まつげ美容液は、“まつ育”の要。成果を早く出したいのなら、毎日朝晩ケアを続けること! 重要なポイントは、朝晩の使い分けです。

朝はメイク前にまつげにつけるので、ライトな使用感のものがおすすめ。マスカラやアイメイクに響かないように、スッとなじんで乾くものを選んでみて。

VOCE

BTデリアイラッシュセラム 6ml ¥4167/Blancy

私のお気に入りは、Blancy『BTデリアイラッシュセラム』。In cosmetics 2014で銀賞受賞原料のRedencyl®(リデンシル)というハリ・コシ成分を中心に、グリチルリチン酸2K、マグワ根エキス、カミツレ花エキスなどの植物由来成分、2種類のコラーゲンなど、まつげケアによい成分が詰まっている頼れる美容液です。

浸透がよいのでメイク前にも気にならず、チップタイプで塗りやすいのも嬉しい! 使うほどにまつげがしっかりしてくるのがわかります。

VOCE

ニューカーレン メイウシヤマ カーレン 14g ¥3000/ハリウッド化粧品

夜は寝るだけなので、こっくりとしたテクスチャーのまつげ美容液でもOK。まつげやまつげの生え際に濃密なうるおいを与えてケアしてくれるものを使い、寝ているあいだに徹底“まつ育”しましょう。

私が長年愛用しているのは、ハリウッド化粧品の『ニューカーレン メイウシヤマ カーレン』。昭和8年発売の超ロングセラーアイテムで、私自身も10年以上リピートしています。ヒマシ油、モクロウ、ツバキ油、スクワランといった保湿成分に、頼もしいまつげケア成分・パンテニルエチル、クオタニウム-51、シコニンがブレンドされています。

私が購入したのは、まつ毛美容液でありながら、ドラッグストアで「中年男性が頭皮に使っていて、喜びの声をいただき何度もリピートされている」と聞いたのがきっかけ。いかにパワフルなまつげ美容液か、ぜひ体感して。

■4:アイラッシュカーラーのメンテも忘れずに

まつげの抜け毛や切れ毛の原因になるのが、メンテ不足のアイラッシュカーラー。アイラッシュカーラーのゴム部分に、ヒビが入っていたりマスカラなどの汚れがついたままになっていたりしませんか?

傷んだゴムもマスカラなどの汚れも、まつげがゴムにくっついて引っ張ってしまったり、うまくまつげをカールできずに力を加えすぎたりしてダメージの原因になります。使うたびに汚れを取るとともに、アイラッシュカーラーのゴムが傷んできたらすぐに取り換えましょう。

まつげは手をかけると、みるみる美しくなります。ご紹介した4つのポイントを習慣化して、“まつ育”に励んでみてくださいね!