1. 【ほうれい線・たるみ・しわ】顔の体幹=唇を鍛えれば解消される!

2019.03.03

【ほうれい線・たるみ・しわ】顔の体幹=唇を鍛えれば解消される!

美ボディづくりに欠かせないといわれる体幹トレーニングだが、実は顔にも体幹があった!? それが唇。唇を鍛えることで、顔全体の筋肉が刺激される。年齢に関係なく深く刻まれたほうれい線やほおのたるみを引き上げて若見え顔に!

【ほうれい線・たるみ・しわ】顔の体幹=唇を鍛えれば解消される!

◆教えてくれるのは……

VOCE

パーソナルフェイストレーナー 木村祐介さん
日本で唯一のパーソナルフェイストレーナーとして、オリジナルの「美顔ワークアウト」メソッドを考案。著書は『小顔 ワークアウト』(ワニブックス)。インスタグラムID kimura__yusuke

顔の体幹は“唇”だった!

顔の多くの筋肉は唇を囲う口輪筋に向かって伸びている。だから、唇を鍛えれば顔の多くの筋肉を刺激できる。

VOCE

1. 口輪筋【ここが体幹!】
唇を囲うドーナツ形の筋肉で、顔の筋肉の体幹にあたる。口を開け閉めするときに使う。

2. 咬筋
物を嚙むときに使う筋肉。食いしばりがあると、咬筋が硬くなり、エラが張る原因に。

3. 胸鎖乳突筋
首の横から鎖骨に向かって走る筋肉。ここがこると顔が下へと引っ張られたるみの原因に。

4. 前頭筋
おでこから背中につながり、顔のたるみをぐいっと引き上げてくれる筋肉。

5. 側頭筋
こめかみあたりにある、頭の側頭部にある筋肉。下あごを動かす役目がある。

6. 眼輪筋
目元を囲むようにドーナツ形に走る筋肉。目のたるみやしわと関係がある。

7. 大頰骨筋
口角からほおに走る筋肉。ほおを引き上げて、笑顔をつくる。衰えるとたるみに。

8. 笑筋
口角を横に引っ張ったり、笑ったときにえくぼをつくる筋肉。口輪筋に付着している。

⇒大事な筋肉は唇とつながっている!


唇を鍛えればリフトアップが叶う!

 老け見え顔は一日にしてならず。毎日意識しないで習慣化していた、顔の間違った動かし方やスキンケア法が、老け見え顔をつくっていたという恐ろしい事実が!

「同じアラサー世代でも、老けて見える顔と若く見える顔の方がいます。つまり、年をとったから老けるのではなく、日頃の顔や体の使い方の間違いが、年齢以上に老け見え顔にする原因です」(木村祐介さん)

 ゆるゆるとたるんできた顔を引き上げるのに効率的な方法が、唇体幹トレーニング。

「体のトレーニングでは、軸となる体幹を鍛えて引き締まった体をつくります。顔で体幹にあたるのが唇。顔の筋肉のほとんどは、唇のまわりを囲う口輪筋に向かって伸びています。そのため、唇の筋力を鍛えれば、顔のリフトアップはもちろん、ほうれい線ケアや目のたるみなど、あらゆる老け見え顔の悩みを解決することが可能です」

イラスト/ヤマサキミノリ 取材・文・構成/山本美和