1. 「シミ対策」+「うるおい充満」で白雪のような肌へ[PR]

2019.04.01

「シミ対策」+「うるおい充満」で白雪のような肌へ[PR]

資生堂の研究力を詰め込んだ、リーズナブルで高機能なスキンケアブランド「純白専科」。すっぴんを美しく!という願いに向き合い、使いやすさと効果感を求めたシリーズは、どれも日常使いにぴったり。今回は、スターアイテムの美容液にフォーカスします。

「シミ対策」+「うるおい充満」で白雪のような肌へ[PR]

悩み知らずのキレイなすっぴんを手に入れたい! 全女子の切なる願いに寄り添うのが、資生堂の「純白専科」シリーズ。理想のすっぴんを邪魔するシミやソバカスをケアするだけでなく、トラブルをつくらせないアイテムが揃います。必要だとわかっていても、つい通年で取り組むのが億劫な“美白ケア”。毎日続けるための工夫がたくさん詰め込まれた「純白専科」なら無理なくスタートできそうです。まずは、シリーズの中でも肌悩みケアを担う美容液「すっぴん白雪美容液」をご紹介しましょう。

驚くべきはコスパの良さ

シミもくすみも気になるけれど、ケアを継続できない理由のひとつに、価格がありませんか? 肌悩みに特化したスペシャルケアができる美容液は、どうしても高価なイメージが。ところが、純白専科の薬用美白美容液は、贅沢な成分を配合しながら、手に取りやすい価格を実現しています。たとえば、美白&肌あれ防止有効成分であるm−トラネキサム酸。そして、米ぬか・はちみつ・白まゆエッセンス※1といった天然由来の美容成分を採用。資生堂が長年培った技術を駆使して、日本古来の美容成分を引き出します。
※1 コメ胚芽油、ハチミツ、セリシン、加水分解シルク、グリセリン(保湿)

美白だけじゃなく、うるおいも

白くコクのあるクリーム状の美容液は、肌にのばすと、まるで雪が溶けていくように肌へとなじみます。みずみずしく広がり、うるおいが角層深くまで浸透。前述した米ぬか・はちみつ・白まゆエッセンス※1、さらによもぎエキスGL※2やWヒアルロン酸※3によって、内側からふっくらと満ちるような感覚で、うるおいが長時間持続します。美白ケアというと、漠然と「うるおい感が足りなそう」というイメージを持っている人も、満足できる保湿力。春夏だけでなく、一年を通して頼ることができそうです。
※2ヨモギエキス、グリセリン(保湿)
※3アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na(保湿)
※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。

美容好き納得の使い心地

美白とうるおい、どちらも叶えてコスパも良いと来れば、使って損なし! 実際に使ったコスメフリークたちからも、厚い信頼を集めています。VOCE月間ランキング(2018年8月)美白部門と乾燥部門でそれぞれ1位を獲得し、優秀さはお墨付き。ワンランク上のすっぴんを目指す純白専科。ぜひ、薬用美白美容液、お試しを。

VOCE

<発売中>
純白専科 すっぴん白雪美容液<医薬部外品> 販売名:専科 薬用美白クリーム
35g ¥1500
(編集部調べ)

協力/資生堂ジャパン株式会社
03・6218・5242
http://www.hada-senka.com/products/white-beauty-serum-lp/

取材・文/沖田彩