1. 【佐々木希】簡単!おもてなしレシピを披露!【#希んちのごはん 公開しちゃいます】

2019.04.02

【佐々木希】簡単!おもてなしレシピを披露!【#希んちのごはん 公開しちゃいます】

佐々木希さんの著書『希んちの暮らし』で紹介されているレシピの中から、急な来客があってもパパッと作れちゃう、簡単おもてなしレシピを公開します!

【佐々木希】簡単!おもてなしレシピを披露!【#希んちのごはん 公開しちゃいます】

この春、『希んちの暮らし』という料理をはじめとして暮らしまわりについての本を上梓した佐々木希さん。もともと料理は好きだったという希さんは、そのときにある材料で何かを作るということが得意で、お客様が来る時でも「まずは自宅の冷蔵庫にあるものをみてメニューを考えます」といいます。

VOCE

「来客のときは、まず和か洋かを決めます。それからメインを考えて、それに合わせた3品くらいを組み立てます。大皿でお出しして各自で取り分けるスタイルが定番です」

本では、スーパーの買い出しから料理作りまでに密着。女友達をイメージして、ヘルシーなメニューにしました。

・蓮根と鶏の肉だんご
・ブロッコリーと卵のサラダ
・パクチーサラダ
・酢キャベツ


これらを1時間ほどで4品を手際よく完成! とくにおすすめのメインとサラダ1品を紹介します。

蓮根と鶏の肉だんご

VOCE

◆材料(3~4人分)

蓮根・1個
鶏ひき肉・400g
卵・1個
しょうが・1かけ
大葉・20枚

A
醤油・小さじ1
紹興酒・大さじ1
ごま油・大さじ1

B:甘酢あん
紹興酒・大さじ1
めんつゆ・大さじ2
酢・大さじ2
ケチャップ・大さじ1
水・大さじ1
水溶き片栗粉・小さじ2

◆作り方

1)蓮根は半分に分けて、一方はすりおろし、もう一方は食感を出すためにみじん切りにする。
2)大葉はすべて千切りにし、飾り用に半分を取り分ける。しょうがはすりおろす。
3)ボウルに①と②と鶏ひき肉、卵、Aを入れてよく混ぜ合わせる。
4)手のひらでひと口大のだんごにする。平べったくした方が火の通りが良い。
5)フライパンにごま油大さじ1(分量外)をひいて熱し、少し焦げ目がつくまで両面を焼いたら、水少々を加えて蓋をして中火で蒸し焼きにする。
6)フライパンからだんごを取り出したら、Bを入れて中火で温める。水溶き片栗粉を少しずつ足してとろみをつける。
7)肉だんごを器に盛り、⑥の甘酢あんをかける。飾り用の大葉をのせて出来上がり。

パクチーサラダ

VOCE

◆材料(3~4人分)

パクチー・1束
にんじん・2/3本
紫玉ねぎ・1/2個
レモン・1/2個
ナンプラー・小さじ1
カシューナッツ、松の実、糸唐辛子・少々
塩・少々

◆作り方

1)にんじんと紫玉ねぎは千切りにする。
2)塩を入れた水に①を入れてもみ込む。
3)パクチーは食べやすいサイズに切る。根元はお好みで、みじん切りにして入れてもOK。
4)水けを切った②と③にレモンを絞り、ナンプラーを加え混ぜる。
5)器に盛りつけ、カシューナッツと松の実、糸唐辛子をトッピングする。

佐々木希さんの「いま」の暮らしがまるわかり!

VOCE

希んちの暮らし
佐々木希
1200円/講談社
ISBN978-406-5151426

だしの取り方や作りおき、さっと作れるおつまみなどプロの先生方から学んだ料理と家事の豆知識、オリジナルの定番メニュー、生活の愛用品までを厳選して紹介しています。インスタで人気の「#希んちのごはん」レシピも初公開。