1. ハンドクリームよりも効果バツグン!な手荒れ改善アイテムとは?

2015.10.30

ハンドクリームよりも効果バツグン!な手荒れ改善アイテムとは?

今月のゲストは、オーガニックビューティの第一人者・吉川千明さん。「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」をコンセプトに女性のためのナチュラルで美しいライフスタイルを様々な角度から提案されています。そんな千明さんに、肌のお話をして頂きました。

ハンドクリームよりも効果バツグン!な手荒れ改善アイテムとは?

アリス「前回のお話の中で、千明さんは中学生の頃から手荒れでお悩みだったと聞きましたが、もともと敏感肌なんですか?」

千明さん「肌が丈夫なほうではなかったと思います。特に肌は一度荒れてしまうと、どんどん荒れていくという悪循環に陥りやすいんです。」

アリス「どうしてですか?」

肌荒れはさらなる肌荒れを引き起こす

千明さん「前回も少しお話しましたが、肌はカラダを守る役目を果たしています。一度そのバリアが破れてしまうと、外からの刺激を一層受けやすくなってしまいます。私は手荒れがひどい時、洗濯物をたたんだりするだけでも手が痒くなっていました。洗濯物にわずかに残った化学成分にも敏感になっていたんですね。」

アリス「そんなに敏感だと日常生活をおくるだけでも大変そう。どうやって敏感肌を改善したんですか?」

千明さん「まずは手荒れのケアと同様に、なるべくケミカルなものには触れないように心がけました。洗剤を使わず掃除したり、熱湯で消毒したり。水だけで汚れが落とせるメラミンスポンジも活用してます。そうやって生活を変えていくうちに、肌の状態もよくなってきましたね。」

アリス「やっぱり、ケミカルなものを避けることが、手荒れの改善に効果的なのですね。だけど、それでも完全に洗剤なしで生活するのって私を含め、多くの人にとって難しい気がするのですが。」

千明さん「そうですね。まずは洗剤の使用に注意を払うこと、そして手肌に優しい洗剤を選ぶことも大切です。」

アリス「千明さんは実際なにを使っているんですか?」

ノンケミカルでも高い洗浄成分

Image title

どちらもドイツ生まれの人気洗剤。写真左からソネット ナチュラルウォッシュリキッドカラー(洗濯用洗剤・液体)1.5L ¥1800(税別)、ソーダサン ディッシュウォッシュリキッド 500ml  ¥950(税別)

千明さん「私は食器用にはソーダサン(写真右)の洗剤を使っています。化学物質を一切使用せず、主成分はエッセンシャルオイルなんです。とても厳しい3つのエコ認証を受けていて、これを使って果物や野菜を洗うことまで出来るんですよ。」

アリス「え!洗剤で食べ物を洗えるんですか?普通に考えたらありえない話ですよね。すごすぎる。ちなみに、洗濯洗剤は何を使っているんですか?」

千明さん「ソネット(写真左)のものを愛用しています。こちらもエッセンシャルオイルで出来ていて、自然なラベンダーの香りも快適です。この2つはオーガニック系洗剤の中でも洗浄力が非常に高くて、洗剤としても優秀です。」

Image title

レモングラス、グリーンミントなど4種のハーブの爽やかな香り

アリス「おしゃれな香りー。レモングラスの香りだ!これで毎日服洗ったら、お部屋もいい香りになりそう。私もほしくなってきました。笑」

ノンケミカルでも油断は禁物

千明さん「たとえこういうものを使っていたとしても、同じく使用には用心してほしいんです。食器なら最低でも5秒は水ですすぐことを忘れないでくださいね。洗剤が食器に残っているかもしれないので。」

アリス「わかりました。注意します!」

千明さん「毎日使うものだからこそ、こだわっていいものを使ってもらえたら、と思います。オーガニックの洗剤って少し高いように感じるけど、一回の洗濯にかかるのは60円くらい。それくらいの出費はOKとして、カラダをいたわってあげてほしいですね。」

アリス「敏感肌になって高いお化粧品に手を伸ばすよりも、まずは洗剤から変えるっていうのはすごく理にかなっていますね。私ももっと根本から美容を考えられるようになりたいと思いました。」

前回同様、肌荒れ対策の基本は、ケアよりも原因の改善を最優先すること。これに尽きるようです。症状が出てあれこれ頭を抱える前に、身近なところからもう一度見直してみましょう。

次回は来週金曜日(11月13日)更新、新たなゲストを招いてお送りします。来週もお楽しみに!

ソネット http://sonett.jp

ソーダサン http://www.omochabako.co.jp/brand/sodasan


吉川千明

吉川千明
美容家・オーガニックスペシャリスト
サロンやショップのプロデュースや、日本で始めての女性専用漢方薬局を運営した経験を持つ。2008年には、オーガニックコスメのPRルーム「ビオ代官山」をオープン。2011年からは、妹の神﨑貴子とともに働く女性の保健室、恵比寿「さくら治療院」にて現場活動も行っている。
http://www.biodaikanyama.com/