1. 「ついで」がカギ! 肌育成のプロが欠かさない美肌お風呂術

2019.03.30

「ついで」がカギ! 肌育成のプロが欠かさない美肌お風呂術

ネイリストとしての経験と豊富な知識を生かし、肌育成スペシャリストとして活躍中の川上愛子さんが提唱するのは、頭から爪の先まで全身キレイになるためのマニアック美容! 今回は、発売したばかりの著書から「美肌お風呂術」を教えていただきます。

「ついで」がカギ! 肌育成のプロが欠かさない美肌お風呂術

疲れた身体で帰り道を歩きながら「早く寝たいけど、美容も楽しんでから眠りたいな」なんて思ったことはないですか? 疲れているからこそ、自分に手をかけてあげたい日もあるはず。一刻も早く眠りたいけれど、肌だって綺麗でいたい。

VOCE

2月20日に発売になった私の新刊「皮膚常在菌ビューティ!」でも肌の綺麗な“ツヤ子さん”を通し様々な美肌ポイントをお伝えしていますが、今回は書籍の中で書ききれなかった「疲れた日にこそ試してみて欲しい美容法」をお伝えします。

VOCE

『皮膚常在菌ビューティ!』の中では、私たちの皮膚に存在する皮膚常在菌を擬人化して、美肌ケアをわかりやすく解説しています。

登場人物をご紹介すると、
善玉菌(表皮ブドウ球菌) ヒョウくん→勤勉な優等生。うるおい成分を作って、 宿主の肌を潤わせてくれる。
日和見菌(アクネ菌) あっくん→普段は善玉菌を手伝う可愛いやつ。気まぐれすぎるのが玉にキズ。
悪玉菌(黄色ブドウ球菌) おうちゃん→肌の炎症を起こす不良。ただし、 善玉菌の支配下で悪さはできない。

綺麗な肌には必ずいる皮膚常在菌のヒョウくん(表皮ブドウ球菌)やあっくん(アクネ菌)。彼らに必要なのは、汗や皮脂、そして角質です。洗いすぎたり、角質を取りすぎるとどうして肌が荒れやすくなるのか、を『皮膚常在菌ビューティ!』でも解説していますが、忙しい日や疲れた日の“手抜き美容”こそが、皮膚常在菌たちが喜んで肌の艶を作ることにも結びつくのです。

VOCE

① メイクはふき取ってから入浴

メイククレンジングをお風呂場でする方も多いはず。お湯でササッと流せますしお手軽なのですが、疲れて肌荒れしそうな日は洗浄剤をお休みして、肌に優しい方法でクレンジングを試すのもおすすめです。汚れをしっかりオフした状態でゆっくり入浴することで、毛穴への汚れ溜まり対策にも!

用意するのは、乳液やクリーム。水分と油分が入ったものを乳化剤で乳化しているアイテムを選びましょう。家に帰ってホッと一息。少しゆっくりしている間にメイクしたままの肌にたっぷりの乳液やクリームを馴染ませます。あとはコットンで優しくふき取るだけです。力を入れて擦ると肌の刺激になるので、心配な方はコットンにも乳液やクリームをしっかり馴染ませてふき取りましょう。

乳液やクリームに配合されている乳化剤はメイク汚れを吸着することができるので、ふき取りクレンジングができます。クレンジング剤に含まれる界面活性剤の方が分解は早めですが、ゆっくり時間をかけてなじませ、優しくふき取ることで肌への負担を軽減することができます。スチームを浴びながら行ったり、ホットタオルで顔を温めてから行うとリラックス効果も抜群です。

VOCE

② ストレッチはお風呂で

お風呂上がりのストレッチは適度に汗をかけるので、肌の健康を維持する皮膚常在菌にも効果的なのですが、疲れた日は「めんどうだな」なんて思う日もありますよね。そんな日は浴室で入浴のついでにストレッチを。身体が温まっていることで伸びやすいですし、お風呂の浮力を利用すると楽ちんにストレッチができます。

おすすめは、湯船に浸かっての脚パカ運動。座ったまま両手を湯船の底について脚を持ち上げます。そのまま脚を左右に開いたり閉じたりするだけ。腹筋も使っているのですが浮力のおかげで苦痛はゼロ。50回でも100回でもできちゃいます。湯船から出た後に腹筋がプルプルして効果も実感できるはず。脚を水面から出すと重力で重さを感じますが、水面から出なければとっても軽々持ち上がります。

③ パックするならオイルも塗ろう

湯船でシートパックをすると空気中の水分が多いので美容成分の蒸発も防げます。ここでもうひとつ工夫するとしたら、シートパックの上からオイルを塗ること。シートパックは、含まれた美容成分の蒸発をなるべく防ぐのが効果的。美容成分が蒸発してしまわないように油分を乗せることで、しっかりゆっくりパックできるのです。

④ 全身マッサージは湯船でできる

肌の乾燥に悩んでいるのに、身体をボディタオルでゴシゴシ洗ったりしていませんか? 毎日入浴する現代人の余分な角質は15分ほど湯船に浸かれば剥がれ落ちていると言われています。余分な角質がないのにタオルでゴシゴシこすったら肌はどんどん乾燥してしまいます。「皮膚常在菌ビューティ!」に登場するツヤ子さんは週に数回程度しか洗浄しないでツヤ肌を保っていますが「毎日洗いたいな」という方は、手で洗うのがおすすめ。背中やお尻も手で撫でて洗うことでストレッチにもなります。とくに、肩こりに悩んでいる方は背中を撫でると肩甲骨も動いて肩まわりがすっきり。身体を手で撫で洗いしながらウエストをひねったりするのもおすすめです。

⑤ 洗うのをやめてみる

身体って毎日絶対に洗浄しなければいけないわけではありません。弱酸性である皮脂汚れなどはアルカリ剤で洗浄しないと汚れの分解ができませんが、大汗をかくような季節でもなければ毎日洗浄しなくてもOK! 疲れた日には無理して洗わずにおくことも美肌ポイントの1つです。

⑥ お風呂に炭酸水を持ち込もう

入浴中の水分補給にもいいですが、炭酸水で顔を洗浄すると肌の血行が良くなり透明感アップにも繋がります。炭酸水に含まれるガスが血流を促してくれるので、疲れて血行不良になりそうな肌にも効果的です。

美容って、時間も手間もかけなくてはいけないものと思いがちですが、日常のちょっとしたことでも楽しめます。綺麗な肌のためには皮膚常在菌の活動も重要で、皮膚常在菌に大きく関係するのが入浴です。

あなたの肌には元気なヒョウくんやあっくんはいますか? 明日の肌に艶をもたらすちょっとしたコツで疲れた日も美肌対策をしてから眠りましょう。艶のある健康的な肌を維持するためにもお風呂でのながら美容を楽しんでみてくださいね。

あなたも菌を飼っている!?
擬人化マンガでわかる! 皮膚常在菌のセカイ

VOCE

皮膚常在菌ビューティ!
著者:川上愛子
漫画:しおざき忍
定価:1200円

皮膚⇒男子寮、菌⇒擬人化の設定で、ミクロのセカイで巻き起こる「皮膚常在菌」の攻防戦をマンガ化。菌たちが気まぐれな「宿主(人)」に振り回されながら美肌を育みます。菌にとって良い環境とは? 美肌に導く秘訣を分かりやすく解説!