1. 【肩甲骨・首・頭のゆがみ】を改善すれば対称美顔に! セルフケア術を伝授!

2019.04.09

【肩甲骨・首・頭のゆがみ】を改善すれば対称美顔に! セルフケア術を伝授!

顔の土台は体。その土台がゆがんだままでは、いくら顔のゆがみをとっても時間が経てば非対称な顔に逆戻り……。顔に影響を与える肩甲骨、首、頭をケアして、二度とゆがんだ顔に戻らない、対称美顔を目指そう!

【肩甲骨・首・頭のゆがみ】を改善すれば対称美顔に! セルフケア術を伝授!

【教えてくれるのは】

VOCE

アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん
長年のセラピスト経験を通して「村木式」美容メソッドを確立。メディアでゴッドハンドとして紹介され、女優やモデルにもファンが多い。近著は『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社)。

肩甲骨ケア

肩甲骨がゆがむと、どちらかの肩が上がり、顔の左右バランスが崩れる。肩こりや背中のぜい肉ケアにも!

VOCE

(1)足を肩幅より少し広めに開きタオルをつかんで両腕を上げる
足を肩幅より少し広めに開き、お尻をキュッと内側に締めて立つ。両手の親指を前にしてタオルの両端をつかんだら、両腕を上げる。目線は斜め45度上に。

VOCE

(2)息を吐きながら両腕を背中に引き下げる
タオルを両手で引っ張ったまま、息を吐きながら肩甲骨を寄せて両腕を背中側に下げる。ひじが肩の高さまできたら、息を吸いながら上へ。20~30回。

ケア

前かがみの姿勢が多いと重い頭を支える首の筋肉・胸鎖乳突筋が硬くなり、フェイスラインのゆがみやたるみの原因に。

VOCE

(1)胸鎖乳突筋の根元に親指で圧をかける
首を左右に傾け、耳の後ろから鎖骨にのびる胸鎖乳突筋を確認する。胸鎖乳突筋の根元に両手の親指を当てて横から圧をかけ、残りの4指は首の後ろに。

VOCE

(2)首をいやいや、うんうんと振って、ほぐす
(1)を押さえたまま首をいやいやと小さく横に5回振り、次にうんうんと小さく縦に5回振る。2セット行ったら、指の位置を上にずらす。計5ヵ所行う。

ケア

顔と一枚の皮膚でつながっている頭の筋肉や筋膜が緊張して硬くなると、顔を左右対称に引き上げられなくなり、パーツが非対称になる。シャンプーやヘアケア時には、頭皮ほぐしを習慣に。

VOCE

(1)おでこから後頭部へ指の腹で頭皮をほぐす
指を大きく広げ、両手で頭を上からつかむ。指の腹で頭皮をもみほぐすように指をジグザグに動かしながら、おでこから後頭部に向かって頭皮を15秒ほぐす。

VOCE

(2)こぶしの平らな面で側頭部をほぐす
両手のこぶしの平らな面を側頭部に当て、耳に向かってこぶしをジグザグに動かしながら、側頭部を上から下へもみほぐす。15秒行う。

VOCE

(3)後頭部から首のつけ根までジグザグにもみほぐす
両手のこぶしを後頭部に当て、こぶしをジグザグに動かしながら、後頭部から首と頭のつけ根まで、まんべんなく15秒かけてもみほぐす。

撮影/恩田亮一、浜村達也(取材) ヘアメイク/土方証子 モデル/八木夏穂(VOCEST!) 取材・文・構成/山本美和