1. 長井かおり直伝!|ほわっと色づく「肌染めオレンジ眉」のつくり方

2019.05.14

長井かおり直伝!|ほわっと色づく「肌染めオレンジ眉」のつくり方

眉に色を足すとオシャレで可愛く見えるけど、マスカラで毛をカラーリングすると浮きがち。旬のオレンジシャドウに合わせてパウダーを選び、毛はほっといて、その下の地肌に色をつけることで絶妙にニュアンスがつき、イイ感じに仕上がります♡

長井かおり直伝!|ほわっと色づく「肌染めオレンジ眉」のつくり方

毛ではなく地肌を狙ってカラーメイク!『肌染めオレンジ眉』

■教えてくれたのは……

VOCE

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
瞬間で可愛げを盛れるメイクテクが大人気。この連載では毎回、未公開の最新テクニックを発表。

肌染めオレンジ眉のつくり方

VOCE

1.足りない毛を描いて生え揃った眉を偽装!
眉をスクリューブラシでとかしてから黒めのリキッドで毛の生えていない部分を描き足す。次に、パウダーは①、②の順に “ドドドッ” とブラシを強めに押しつけながらとり、色をブレンドしておく。

VOCE

2.ブラシを地肌に押しあて、オレンジ色で染める
眉をなぞるように1のブラシを横に流す。地肌に少し押しあてて色がしっかりとつくようにするのがポイント。次にブラシを地肌に垂直に押しあて “ドドドッ” と強めにスタンプ塗り。左右交互に繰り返し、地肌を色で染めて!

VOCE

3.毛流れを整えながらなじませて自然に
スクリューブラシは、ブラシの根元を折り曲げて使うと、とかしやすいのでオススメ。毛の生えている方向に動かし、黒い眉毛を地肌のオレンジの中に自然に溶け込ませて、一体化させれば完成。

VOCE

オレンジみをほわっと感じる眉に。

使ったのはコチラ!

VOCE

(左)4つに分かれた筆先で毛流れに沿って描ける。「上からパウダーを重ねても消えない点も優秀」
フジコ書き足し眉ティント 03 ¥1200/フジコ

(右)「いつものアイブロウの延長として使いやすいオレンジブラウン系」 発色がよく、シャレた印象に。
インディケイト アイブロウパウダー 05 ¥3500/セルヴォーク

その他の使用コスメはコチラ

VOCE

(左)「目元にオレンジを効かせたぶん、唇と頰にはピンクみをほんのりと」フレッシュなピンクベージュ。
ルージュ ココ フラッシュ 84 ¥4000/シャネル 

(中)肌にみずみずしく溶け込み、クリアな血色をオン。
ジェル ブラッシュ 02 ¥3000/ポール & ジョー ボーテ

(右)ほんのり灼けた肌を演出する黄みブラウンのブロンザー。今回はアイシャドウとして。
ブロンズパウダー 5101N ¥4400/NARS JAPAN

VOCE

ほわっと眉が色づくと想像以上のこなれ顔に
眉は毛質や髪色に合わせるという概念を取っ払い、チークやリップみたいにとらえると、カラーメイクの幅が広がり、何より顔全体に抜け感が出て、可愛い! 上級者テクと思うかもしれないけど、目元や頰など他のパーツと同じトーンを選んで、眉毛の下の地肌を染めると、顔がまとまるので、ぜひトライして。

動画でメイクをおさらい♪


ヘアメイク/長井かおり 撮影/峠雄三(人物)、伊藤泰寛(静物) スタリング/程野祐子 モデル/加治ひとみ 取材・文/楢﨑裕美 構成/河津美咲