1. ​【顔のゆがみ対策】お風呂で口の中をマッサージしよう!

2019.04.14

​【顔のゆがみ対策】お風呂で口の中をマッサージしよう!

眉、目、鼻、口などパーツのゆがみが気になるなら、まずは顔の筋肉全体のこりや緊張をほぐす基本の対称美顔マッサージから。顔の中でも筋肉が緊張しやすい部分をほぐせば顔が動かしやすくなり、左右差が整ってくる。

​【顔のゆがみ対策】お風呂で口の中をマッサージしよう!

【教えてくれるのは】

VOCE

アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん
長年のセラピスト経験を通して「村木式」美容メソッドを確立。メディアでゴッドハンドとして紹介され、女優やモデルにもファンが多い。近著は『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社)。

バスタイムは口の中からのケアで口元を美しく

嚙む時に使う咬筋はほおの外側だけでなく口の中からもマッサージをすると、よりほぐれやすくなり、たるみや口元のゆがみ予防に。さらにたるんで下に伸びた上唇をほぐせば、口角がキュッと上がった小顔になる。一回ずつ手を洗いながら行える、バスタイムがおすすめ!

VOCE

(1)口に親指を入れ、筋肉をはさんで前後にさする
右手の親指を左ほおの奥に入れ、人差し指と中指をそろえてほおの外側に当てる。その指の上に左手の中指と人差し指を添え、前後に10回さする。親指を下にずらし、計3ヵ所さする。

VOCE

(2)ほおの内側に親指を入れ「あ」の口に
左ほおの内側に右手の親指を入れ、人さし指と中指をそろえて、ほおの外側に当てる。その指の上に左手の中指と人さし指を添えて「あ」の口に。

VOCE

(3)指の位置をずらしてまんべんなくほぐす
(2)の指の位置で「あぐあぐ」と口を5セット開け閉め。ほお骨に沿って3ヵ所、少し下を2ヵ所、親指をずらして計5ヵ所行う。反対側も(1)~(3)を同様に。

VOCE

(4)上唇を指ではさんで揺らしながらほぐす
利き手の親指と人差し指、中指で上唇をはさむ。指を左右に小刻みに5回揺らしながらほぐす。指の位置を少しずつずらして、5ヵ所ほぐす。

撮影/恩田亮一、浜村達也(取材) ヘアメイク/土方証子 モデル/八木夏穂(VOCEST!) 取材・文・構成/山本美和