1. 【開運研究家・宇月田麻裕】「令和」の時代を【紫微斗数占星術】で、徹底分析!!

2019.04.14

【開運研究家・宇月田麻裕】「令和」の時代を【紫微斗数占星術】で、徹底分析!!

開運研究家・宇月田麻裕が「令和」を大分析! 音霊で、画数で、そして紫微斗数占星術で、どんな時代になるのか、令和とあなたとの時代の相性も分析していきます!

【開運研究家・宇月田麻裕】「令和」の時代を【紫微斗数占星術】で、徹底分析!!

紫微斗数占星術で、令和の時代を徹底分析!!

前回の『「令和」の時代を【音霊】&【画数】で、徹底分析!!』に続き、今回は紫微斗数(しびとすう)占星術により、令和の時代を大分析していきます!

紫微斗数占星術とは、台湾で一大ブームを巻き起こした占術です。日本で、この紫微斗数占星術を使える占い師は、ごくわずか。そんな秘法である「紫微斗数占星術」で「令和」の時代を詳しく読み解いていきます。

VOCE

さて、紫微斗数占星術は、出生年月日時が、大変重要になります。ただし、今の時代は、昭和が誕生した時代と異なり、ネット社会になっています。また、天皇陛下が生前退位ということで、5月1日の元号開始前に、4月1日に新元号が発表されました。そのため、昔ならば、元号が開始される出生年月日時により、その時代を分析できましたが、今回の場合には、発表された月日を無視するわけにはいきません。

なぜならば、新元号が発表されたのと同時に、令和が生まれ、動き出してしまったからです。早速、アーティストの方が楽曲を発表、和菓子屋さんが令和饅頭を発売……なんてことも起きているのです。そのため、現実に、新元号になる、2019年5月1日のみの鑑定では、すべてを語ることはできません。

つまり、発表をされた、2019年4月1日の鑑定結果も見逃せないのです。そんな理由により、2つの異なる年月日時より、令和時代を徹底分析していきます。

2019年4月1日の鑑定結果

『紫微戌 命宮酉 天機星、巨門星』という運命。

<令和時代の全体の運命>
令和時代の全体の運命は、機転が利いて頭の良い星と、研究心が旺盛で弁舌に優れている星、そんな二つの星が共存する運命を持った新元号になります。頭の回転が早く、知恵、機知に富む、そして物事を深く掘り下げ、弁が立つ、そんなリーダーが、時代を動かしていきます。ただし、リーダー次第で、異なった時代を歩むことにもなりそうです。

転機星が、色濃く出た場合には、比較的、精神的にも経済的にも、落ち着いた時間を過ごせます。巨門星が、色濃く出た場合には、言葉、文字、音霊により、世の中が動いていくことになります。リーダーやメディアの発信が、大きな影響を及ぼすことになるでしょう。また、突然、とんでもない問題が発生したり、トラブルに見舞われることもあります。外交が崩れ、世界的な問題を勃発してしまう可能性も秘めているのです。

VOCE

全体的には、円滑な交友、交流が課題になり、それが時代を作っていく、大きな要になります。また、地震、災害が増える可能性も。とくに、2029年、2030年は、注意してください。

2027年、2039年に、大きな問題が解決します。
2019年~2021年は、穏やかな運気。規律正しい世の中になり、物事の成功や発展が見込まれます。
2022年~2032年は、令和の全体の運命と同じ運気になります。

<経済面>
経済面では、多方面で配慮をしていった結果、経済面で潤いが出てくる、そんな流れです。勢いがあったり、大きな発展はありませんが、融和、器用なやり方で、緩やかに経済を発展させていけます。元々、天機星、巨門星という運命のもとにあるため、その穏やかさの中には、探求、機知、頭脳を駆使するなどの努力が隠されています。ただし、時に、巨門星の悪さが出た場合には、突如、問題が発生する危険性ははらんでいます。

<対社会や対世界>
対社会や対世界に対して大雑把になりがちです。人気や評価などを気にすることが少ないため、それがいいように出れば、マイペースで、交流、外交をしていけるのですが、悪いように出ると、元々、トラブルの星である巨門星の影響があり、問題が発生してしまいます。

<愛情、少子化>
少子化問題は、解決の傾向にあります。愛情、家庭、結婚にも、明るい兆しが見られるでしょう。博愛的な傾向も出てきやすいです。いずれにせよ、明るい未来が開けていきます。

VOCE

2019年5月1日の鑑定結果

『紫微戌 命宮辰 破軍』という運命。

<令和時代の全体の運命>
強い破軍星の運命を持った新元号です。平成という時代とは大きく異なっていきます。型破りな物事が起きそうですが、でもそれはいい結果を招きそうです。

組織的な動きよりも、フリーランス的な傾向の世の中になりやすく、たとえ、組織に属していたとしても、その形態は様々。組織という概念が薄れていくため、個人主義的な感覚や要素が大きくなります。その結果、スポーツ、文化、芸術、個人での活躍も大いに期待できます。

VOCE

細かなことよりも、大きなこと。努力を重ねて一段一段上っていくよりも、一発で決めるような発想と動きが多くなります。ただし、破軍の悪さが出ると、浮き沈みが激しくなり、闘争が起きます。その場合、経済は無駄なところへの流出が目立ち、とくに、災害、テロ……突然の災厄などに見舞われる可能性も。

2019年~2020年は、大きな荒れは見られず、優しい空気が漂う運気になります。また、アート、人気が象徴されるため、オリンピックでは、選手の活躍はもちろんですが、芸術的な部分がアピールできる時でもあります。
2021年~2031年は、令和の全体の運命と同じ運気になります。

<経済面>
経済面では、勢いがあります。思い切った改革や戦略が成功しやすいです。勇気ある戦略が功を奏します。ただし、スキャンダル、不正により、一時期、下がることもあります。2022年、2030年に経済的発展が期待できるので、戦略を実行に移していくと、成功しやすいです。

<対社会や対世界>
対社会や対世界に対して、マナーや礼儀正しさをアピールしていくことで、有権者、外国からの引き立てを得ることができます。ただし、破軍という星の影響により、自分主義になりすぎると、崩壊を招くこともあるので要注意です。

VOCE

<愛情、少子化>
少子化は、ますます増していく傾向になります。男性が、結婚に対して、強い意志を持っていくことで、少子化を回避していくことは可能です。好きな女性を手に入れたい、結婚して子供を作りたい、そんな男性の意志の強さのアピール力がカギになります。

愛情、恋愛面は、現実主義が強まる気配。情熱的な恋愛や結婚をするというよりも、冷静に物事を判断して、決定していく傾向になるでしょう。その影響により、離婚率が高くなるのは否めません。

前回は「名前による音霊占い、画数」で、今回は「紫微斗数占星術」で占ってきました。紫微斗数占星術では、2019年5月1日のみの鑑定では、すべてを語ることはできません。発表をされた、2019年4月1日の鑑定結果も重要です。2つの異なる年月日時より、令和時代を徹底分析してみました。

いずれにしても、世界との融合、協調性が要になるとともに、突発的な災害等が起きた場合、日本のリーダーの手腕が問われていく時代になります。

個人では、組織人という概念が減っていき、個々の活動が組織に反映されていきそうです。スポーツ、アーティスティックなシーンで活躍する人も多くなるでしょう。

VOCE

さて、あなたは、どんな時代になってほしいですか? あなたも、新時代「令和」を作っていく一員です。素敵な恋をして、素敵な仕事をして、趣味を楽しみ、「令和」という時代を歩んでいって下さい。新たな時代の幕開け、あなたにとって、素晴らしい未来が待っていますように。

次回は、「令和とあなたとの時代の相性」を分析します。楽しみに待っていてくださいね♪