VOCEマンガサークル

【漫画】天使の犬くんvs悪魔の猫さま!?犬猫どっちも飼ってると”究極の幸せ”にたどり着いた

公開日:2022.02.26

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

長引くコロナ禍。「なんかいいことないかな」「癒されたい」。こんな言葉がつい口をついてしまう日もありますよね。SNSを中心に「癒される!」と話題のマンガ『犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい』。その癒される理由をご紹介します!

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

長引くコロナ禍。「なんかいいことないかな」「癒されたい」。こんな言葉がつい口をついてしまう日もありますよね。SNSを中心に「癒される!」と話題のマンガ『犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい』。その癒される理由をご紹介します!

理由1 とにかくかわいい♡

そもそもの話、犬は可愛い。そして猫も! それは「カレーはおいしい」「宇宙はすごい」と同じく、絶対的な真実。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

そして、本作の作者・松本ひで吉さんの目を通して描かれる「犬くん」「猫さま」は個性たっぷりでとにかく可愛い! 松本さんの彼らに対する愛情がダダ漏れなのもいいし、犬や猫を飼っている人は「うちの子もこう!」とニヤニヤしてしまうでしょう。おうちにペットがいない人も、日常あるあるで構成された内容に共感できるはず。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

犬って感情表現がストレートだから、全身で「かまって!」を表現してきます。これはたまらない!

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

しかし、ちょっと困るのが在宅勤務の時。飼い主が家にいる=かまってもらえる!と思われがちなんですよね。仕事が一区切りつくまでは何か気をそらす遊びをさせたり、布団やホットカーペットに頼ることも。しかし、例外もあります。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

それは、いつもクールな猫さまが、こんな姿を見せてくれるとき……。守りたい、この寝顔! 本作で描かれる、犬くんと猫さま、それぞれの可愛さが心を癒してくれるのは間違いありません。

理由2 振り回される幸せ

飼い主あるあるなのが「犬猫に布団を占領されること」。
「飼い主なんだし、どかせばいいじゃん」と言われても、可愛くてどけられないんです。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた
【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

ここでも犬くんと猫さまの態度のコントラストが笑えます。表現の仕方は違うけど、犬猫たちが飼い主と一緒に寝たいと思ってくれているのは同じ。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

「盗ることが好き」なんて、形を変えたかまってちゃんでは……? そう考えれば「振り回されるのも幸せ」というものです。

理由3 涙活デトックス

犬や猫と一緒に暮らすのはたのしいけれど、毎日の散歩やトイレの世話、繰り返されるイタズラ対応など、「たのしい=楽」ではないなと痛感します。中でも悲しく辛いのは、いつかきてしまう彼らとのお別れ。松本さんにも、犬くんと猫さまの先代わんちゃんがいました。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた
【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

この漫画は、動物も人間と同じ感情があり、彼らなりにそれを表現していることを教えてくれます。彼らはペットではなく、家族の一員だということも。日常のあるあるを描いた漫画ですが、何気ないペットとの日々が、実はすごく儚く、大切なものだと気付かさせてくれました。

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

「泣かせよう!」という描きぶりではないのに、つい涙を誘われるこんな一コマもあり、涙活デトックスにもぴったりです。

何回でも読めて、何度でも笑え、何回もウルウルしてしまいます。だから、公共の場では読めません。おうち時間のおともにどうぞ!

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい
著者:松本ひで吉

【マンガ】右を見ても左を見ても尊い…「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」に癒やしが詰まってた

関連記事を読む▼

取材・文/中野亜希

Edited by VOCE編集部

公開日:2022.02.26