1. 食べ過ぎた翌日、太るってホント?! 新常識「塩分オフダイエット」

2019.04.30

食べ過ぎた翌日、太るってホント?! 新常識「塩分オフダイエット」

飲み会やお食事会の翌朝、鏡を見たら顔がパンパン、足が太ってる……!! という経験はありませんか? 食べ過ぎた翌日に太る。その正体は脂肪ではなく「むくみ」かも。むくみを解消するには食事から塩を減らすだけ! 簡単にスッキリ、スリム美人になる方法をご紹介します。

食べ過ぎた翌日、太るってホント?! 新常識「塩分オフダイエット」

簡単! 今すぐできる「塩分オフダイエット」とは?

密かに話題になっている「塩分オフダイエット」。文字の通り、食事から塩を減らす健康的なダイエット法です。塩分の摂り過ぎは身体のむくみをはじめ、美容や健康にも大きな影響をもたらします。
私がこのダイエットをとり入れたのはリバウンドに苦しんでいたとき。食べ過ぎた翌日、「塩分オフダイエット」を始めたら3日で-1.8kgやせました。

塩分は人間に必要! 減らしてもOK?

VOCE

塩分は確かに人間にとって必要な成分です。しかしコンビニ食やスーパーの総菜など、普段から加工食や外食が多い人、スナック菓子やスイーツを食べる傾向のある人は、塩分を摂り過ぎていることが多いです。

厚生労働省が定めている成人の食塩摂取量の基準(2015年版)では、一日あたりの目標量は成人男性が9g未満、女性が7.5g未満。世界保健機関(WHO)の塩分摂取のガイドラインでは成人で1日あたり5g以下とされています。

日本人はもともと、保存食や醤油や味噌などの塩分濃度が高い調味料を使う調理法が多く、さらに加工食品などの市販品や外食が重なると、かなり塩分の摂取量がオーバーしていると言われています。

塩分摂り過ぎは、太りやすくなり、老化まで加速する!?

私たちの身体は常にカラダを正常に保とうと働きます。塩分を摂り過ぎると、腎臓は塩分濃度を一定に保とうとして、身体に水分を溜め込みます。その結果、体重が増える。慢性のむくみを引き起こしたり、代謝の低下により、太りやすくなる。血流が悪くなり、肌荒れ、老化の原因にも繋がります。

「塩分オフダイエット」の正しいやり方

今すぐできる「塩分オフダイエット」のポイントをお伝えします。

その1 料理の味付けをひと工夫!「塩抜き」にする

VOCE

コンソメやブイヨンなどの市販のだしの素や醤油や味噌、ケチャップ、サラダドレッシングには塩分が含まれます。なめてみると辛いのを実感できると思います。
これらの調味料を使う代わりにオススメなのは、生姜やにんにく、ハーブ類、黒コショウや唐辛子などのパウダー、お酢やレモン汁、わさびやからし、香りのあるゴマ油やオリーブオイルなど良質なオイルなどを使えば、塩分控えめでも、美味しくいただけます。

VOCE

その2 加工食品やスナック菓子は控えめに

ハムやベーコン、カップラーメン。市販のパンやお弁当、ポテトチップスなどのスナック菓子には塩分が多く含まれます。知らず知らずのうちに、塩分を摂り過ぎていることも多いものです。食品を選ぶときは、食品の裏、成分表で塩分含有量を比較して、選んでみてください。どうしてもお菓子を食べたいときは、フルーツやナッツ類、ドライフルーツを常備して食べるようにしましょう。

その3 カリウム含有量の多い食材をとる

VOCE

野菜やフルーツ、海草類にはカリウムという体内の塩分を排出する成分が含まれます。特にワカメやヒジキなどの海藻、サトイモやサツマイモなどの芋類や豆類。アボカド、キウイフルーツ、乾燥プルーン、バナナなどのフルーツは含有量が高くおすすめです。私は塩分濃度が高い味噌汁を飲むときは、海藻や野菜をたっぷり入れて具だくさん味噌汁に。塩分を摂っても出せばOKです。特に飲んだ翌朝はワカメの酢の物など、カリウムの多い食品を意識するだけで、むくみ太りを改善できますよ。

VOCE

さあ、いかがでしたでしょうか。塩分を控えるだけでスッキリ小顔に。ダイエット効果までも期待できる「塩分オフダイエット」。改めて、食べ過ぎた翌日に太るのは脂肪ではなく、身体にたまった水分、「むくみ」が原因という可能性も高いです。ぜひ、普段から減塩、カリウムの多い食品を意識して摂るようにしてみましょう。