1. 【リアルレポ】ピラティス1年間で人はどう変わるのか

2019.04.23

【リアルレポ】ピラティス1年間で人はどう変わるのか

以前、ピラティスに25回通い、体型の変化をレポートさせていただきました。その後も週3回のペースで通い始めて1年が経ちました。ピラティスは痩せるのか? 他にどんな効果があるのか?など体験談をお届けします。

【リアルレポ】ピラティス1年間で人はどう変わるのか

まずは、こちらが前回のレポート。
日常的な運動は皆無、という状態からピラティスに通いはじめ、25回通ったところでレポートをしました。
ピラティスは痩せるのか?運動嫌いの30代ライターが25回通ってみた結果

ピラティスに通ったことによるお尻や太ももの変化

VOCE

ピラティスに100回以上通った後の体型の変化を写真で見比べてみました。レッスン履歴を振り返ったら、通った回数は現在104回。
写真は5回目、25回目、104回目の下半身の体型の違いです。25回目と104回目を比べてみると、104回目のほうが「お尻が大きくなっている&位置が上がった」気がします。外側に流れ気味だったお肉はさらに中心に寄ってきました。後ろ姿に関しては少しだけ若返った気がするので嬉しい変化です。

ウエストの変化

VOCE

横から見た変化は、ぽっこりお腹は解消! そしてキープしたまま過ごせています。腹筋が強くなったせいか、悩んでいた便秘とも無縁に

二の腕の変化

VOCE

二の腕に関しては、正直あまり変化を感じませんでした。体幹を鍛えることがメインであまり腕を使う動きがないので、腕は筋肉がついた感じもしていません。「昨年よりたるんでいない」というだけでも良いのかもしれないですね。

ヨガとピラティスの違い

よく比較されがちなヨガとピラティスですが、共通の動きはあるものの呼吸法や考え方が違います。どちらも通ってみた私の体験から感じたのは、ヨガは「呼吸」や「自分と向き合うこと」が第一とされるのに対して、ピラティスは「体幹を鍛え、体の正しい動きを知り、正しく機能するための筋肉をつける」ことを重視しているように思います。
1回あたりのトータルの運動量はヨガのほうが多いかもしれません。流れるように次の動きに移ることが多いヨガに比べて、ピラティスは1つの動きをしつこく繰り返して「正しい動き」を体に叩き込んでいくようなイメージです。

パーソナル vs グループレッスン

VOCE

ピラティスを受講する場合、主にパーソナルトレーニングでしっかり指導を受けながら行うか、グループレッスンで受けるか、という二択になります。
ちなみに、金額はパーソナルの場合1回1時間〜90分程度で8000円〜12000円前後が相場です。あまり器具を使わない、大人数で行うグループレッスンの場合は1レッスン2000円〜3000円前後のところが多いです。
「高いからパーソナルだと週1くらいしか行けないので、それなら回数をこなしたほうがいいのでは」と思った私が選んだのはグループレッスンのマットピラティスです。一人一人を細かく見てくれるわけではないので、間違った動きをしていたとしても自分で気づくのは難しいというデメリットがありますが、通い放題で13000円なので週3回くらいのペースで通うことができました。
ただ、パーソナルレッスンには「正しい動きを教えてもらえる」「自分の間違った癖に気づける」という良い点も多いので、予算が許せばパーソナルの方がオススメです。最初や途中途中でパーソナルレッスンを挟んで動きを見直しながら受けるのが理想だと思います。

ピラティスで痩せるかどうか?

前回の記事でも「1キロ太った」と書きましたが、結局1年経った結果は1キロ増のままです。これは、途中で「筋肉つけたい」という欲が強くなり、プロテインを飲んだりタンパク質を多めに摂ろうとして食事の量が増えたことが原因ではないかと思っています。
「見た目は太っていないけれど、筋肉がついた分体重が減らない」という状況か、「不健康な太り方をしていたのが健康的になった」かのどちらかかな、というのが実感です。

自分の体型に意識が向く良い機会に

VOCE

おそらく他のジムやヨガスタジオもそうだと思うのですが、通っているのは美意識が高い方、痩せていてスタイルが良い方が圧倒的に多いです。そんななか、鏡に囲まれた空間で自分の体型を直視することになるので、「なんか太ったかも」と思ったときに言い訳せずに焦ることができるのが一番の効果なのかもしれません。
また、ストレス解消のためにキックボクシングも最近始めたのですが、「体重を減らして引き締める」という点では、ピラティスより圧倒的にキックボクシングのほうが効果が出やすいと思いました。それはやはり、消費カロリーが全然違うからだと思われます。

キックボクシングについての記事はこちら↓
 キレイな人は通ってる! 新定番・キックボクシングを体験レポート

ピラティス最大の効果

ピラティスを始めて一番良かったのは、腰痛や肩こりが明らかに改善したことです。座り仕事のため、慢性的な腰痛と首、肩のコリに悩まされていたのですが、痛みを感じることが激減しました。年に1〜2回ギックリ腰になるくらい腰が弱点だったのが、この1年はなっていません。
先日初めて乗馬をする機会があったのですが、調教師の方に「ヨガかなにかやってますよね? 骨盤の動かし方が慣れてない人と違うからすぐ分かる」と言われたので、骨盤の柔軟性はこの1年で高まったようです。
また、かなり体が固くて「前屈マイナス20センチ」くらいの酷さだったのですが、手が床につくようになったのも嬉しい変化でした。これも腰まわりや太ももが柔らかくなったおかげかもしれません。ダイエット目的で行うならピラティスよりもヨガのほうが良い気がしますが、腰痛や肩こり対策で行うならピラティスのほうがオススメです。ただ、どんな運動にしても「定期的に続けること」が一番大事なのかもしれません。


そろそろ暖かくなってきたこの季節。新しいことを始めるにはぴったりですね。