1. 脚やせを成功に導く【美脚ストレッチ】を伝授!神トレ

2019.06.18

脚やせを成功に導く【美脚ストレッチ】を伝授!神トレ

痩せにくいパーツNo.1といわれる脚。ジムで鍛えて、ランニングをしてもなかなか細くならないし、むしろ筋肉でゴツゴツ太くなるという失敗も……。けれど、この“神トレ”なら、自宅で手軽にかつ、超高確率で脚痩せが叶う!

脚やせを成功に導く【美脚ストレッチ】を伝授!神トレ

【教えてくれるのは】

VOCE

パーソナルジム リメイク代表 パーソナルトレーナー 石本哲郎さん
女性が痩せるための医学や栄養学、トレーニングメソッドなどに詳しいダイエット指導のスペシャリスト。実験的に大幅に太る→痩せるを25回も繰り返したブログが話題に。本人も驚きの美脚!

【著書も大HIT!】『脚からやせる神トレ』
脚痩せに必要な要素は、「不要な筋肉を落とすこと」という独自理論をもとにしたメソッドを集約。「わかりやすい」「細くなる」「続けられる」と大評判。¥1300/KADOKAWA

脚から痩せる神トレ論

VOCE

細くしたい部分は一切鍛えない!“美脚筋”特化型トレーニング
「人間は根本的に強い筋肉に頼って生きる傾向にあり、脚に悩む女性は、前腿やふくらはぎの筋肉が多く無意識にそこに頼って生活しています。けれど、この2つの筋肉が必要以上に大きくなると美脚印象から遠ざかることに。そのため、“神トレ”では、脚痩せに重要なヒップと内腿の筋肉量を増やすトレーニングを中心に行い、その結果、前腿とふくらはぎの筋肉の負担を減らします。また、ストレッチの効果でガンコなむくみも改善し、史上最強の美脚に!」

脚痩せには、鍛えるべき筋肉と鍛えてはいけない筋肉がある!

VOCE

お尻の高い位置に筋肉を増やすとヒップアップして脚が長く見える。さらに、前腿やふくらはぎの筋肉が使われにくくなって小さくなると、脚の印象はホッソリ。同様に、内腿の筋肉を鍛えると、外腿の張り出しと決別。

VOCE

なぜストレッチが必要?

「体がかたいと鍛えたくない前腿やふくらはぎが発達する原因に。ストレッチは、血行促進効果でのむくみ改善&燃焼力アップにもつながり、副交感神経が優位になるというメリットも。睡眠の質を高め、成長ホルモンの分泌が促されるなど、いいことだらけ!」

VOCE

◆“静”と“動”のストレッチの効果

筋肉を鍛えやすくする
鍛えたい部位であるお尻や内腿は、伸ばしたりゆるめたりを繰り返すストレッチを筋トレ前にしておくのがオススメ。筋肉の可動域が広がって、筋トレの効果がぐっとアップ!
【動的ストレッチ】

筋肉をゆるめる
伸ばしたままのストレッチは、筋肉をつけたい部分に行うと逆効果に。その特性をいかし、脚痩せのために小さくしたい太腿の前やふくらはぎの筋肉はあえて弛緩させるのが正解。
【静的ストレッチ】

【動的ストレッチ】カエルのストレッチ

股関節の柔軟性を高めて、“脚痩せ体質”の基礎づくり

【ココに効く!】
☑ 股関節の可動域を広げる
☑ 膝の向きを脚痩せポジションに

VOCE

VOCE

【1】カエルのポーズで、グーッと股関節を伸ばす
うつ伏せの状態から脚を肩幅より広めに開き、マットにつくつま先は外向きに。かかとから膝は一直線上になるように。写真のように肘をつき、カラダを前方向に行けるところまで移動。

VOCE

【2】最後までゆっくりと動いて元の位置に戻る
今度はヒップを後ろに引くようなイメージでカラダを後方に移動し、元のポジションへ。この一連の動作を30秒間繰り返す。動く速度が速くなったり、猫背だとせっかくの効果が半減。

【動的ストレッチ】お尻のストレッチ

脚痩せのカギ、ヒップ筋をアイドリング

【ココに効く!】
☑ 大殿筋と中殿筋をほぐす
☑ 股関節の可動域もアップ

VOCE

VOCE

座り仕事などの影響で凝ったお尻をほぐす
イスに浅めに腰をかけ、片方の足首をもう一方の太腿にのせる。上体をゆっくりと前に倒して、また元の姿勢に戻る。これを左右繰り返す。この時、猫背にならないよう意識を。

【静的ストレッチ】前腿のストレッチ

前腿のハリやゴツゴツ感のケアにも!

【ココに効く!】
☑ 前腿の筋肉をゆるめる
☑ 骨盤の歪みを整える

VOCE

VOCE

増やしたくない前腿の筋肉は静的ストレッチ
猫背の姿勢で片方の脚を折り曲げ、足首をお尻につけるように手で押さえ、腿の前を伸ばす。カラダのバランスが崩れると、前腿に効きにくくなるのでイスの背などに手を軽く添えると◎。

撮影/伊藤泰寛 ヘアメイク/中山夏子 モデル/竹内渉 取材・文/金子優子 構成/河津美咲