1. トラブル前に先手のケアを。イオンエフェクターで、“浸透(※1)”を底上げ![PR]

2019.05.22

トラブル前に先手のケアを。イオンエフェクターで、“浸透(※1)”を底上げ![PR]

過酷すぎる夏を目前にテコ入れしたいスキンケア。そこでオススメしたいのがパワーアップしたイオンエフェクター。肌への美容成分や潤いの浸透力が上がり※2、もっとキレイが目指せる!

トラブル前に先手のケアを。イオンエフェクターで、“浸透(※1)”を底上げ![PR]

肌トラブルに負けない夏バテ知らずの肌へ

皮脂の分泌量が増えてベタつきやすく、毛穴も開いて紫外線ダメージも心配。室内ではエアコンの影響で乾燥しがち。そんな過酷な夏こそイオンエフェクターが大活躍。

VOCE

パナソニック ビューティ導入※1美顔器 イオンエフェクター〈高浸透※1タイプ〉EH-ST97
プレケアモード+リズム保湿モードで、ヒアルロン酸は5.7倍※3、コラーゲンは5.0倍※4もの浸透※7性を実現。ビタミンCを届けるブライトニングモードや、肌を引き締めるクールモードなど、美肌づくりに必要な機能が満載。(6/1発売予定)

VOCE

✔ 毛穴のお掃除に「スキンクリアモード」
化粧水やふきとり化粧水を含ませたコットンを装着して3分。洗顔で落としきれなかった毛穴などに残った汚れをイオンの力で引き出してオフし、クリアに。

✔ 肌をキュッと引き締め「クールモード」
表面温度が約10℃※5の冷たいヘッドで肌を急速冷却。暑くて毛穴が開いた肌も引き締まり、効果実感も続く※6ので夏ケアの仕上げにぴったり! メイク前にもオススメ。

✔ 浸透※7不足を感じたら「プレケアモード」
角質層の細胞と細胞のすきまを埋める細胞間脂質を一時的に緩めることで、夏の乾燥ケアに嬉しいヒアルロン酸やコラーゲンなどの高分子美容成分の浸透※7ルートを確保!

✔ 日差しケア対策には「ブライトニングモード」
夏の肌悩みにマルチな効果が期待できるビタミンCを角質層までしっかり届けられるのがこちら。手で塗布した場合の1.5倍※8もの量が角質層まで浸透! 透明感のある明るい肌に※9

✔ 乾燥が気になる時は「リズム保湿モード」
プラスからマイナス電極に向かって発生する水の流れを利用して手持ちのコスメに含まれる保湿成分の浸透力をアップ※2。分子量の大きいコラーゲンなどはプレケアモードと組み合わせて。

モニター満足度99% 使いだしたらやめられない!

“美顔器は気になるけど本当に効くの?”という声に自信をもって「YES!」と答えられる結果に。手持ちのコスメで今まで以上の美肌をぜひ。

VOCE

「半信半疑だったけど肌が潤って柔らかくなった」「化粧水を手でなじませたときとは違うしっとり感を、1回でも実感」など高評価が続々。専用コスメは不要で、手持ちの化粧水や美容液などが使える点も好評。「シートマスクの上から使えて肌がもちもちに」という声も。

美賢者たちもそのパワーに驚いた!

汚れをキレイにオフし、潤いを浸透※1させること。その重要性を日々実感し、熱く伝え続ける美容のプロを唸らせる、その魅力とは?

VOCE

使ってすぐ肌をホメられ、即効性を実感。トーンが上がってなめらかになり、メイクのりも抜群に!

VOCE

プレケアモードがあるだけでこんなにもコスメの浸透※7が上がるとは目ウロコ! いつも入念にケアしている私でも味わったことのない美容成分の満タン感に感動。

VOCE

いつもと同じコスメでこんなにもちっ、ぷりっとなるとは。浸透※1の大切さをあらためて実感!

VOCE

Panasonic Beauty SALON 銀座では、6月3日から28日まで出勤前に立ち寄れる早朝サロンをオープン。イオンエフェクターで潤いをクイックチャージ! 詳細はhttps://panasonic.jp/face/ioneffector.htmlをチェック!

※1 角質層まで
※2  パナソニック2018年発売EH-ST86比
※3 プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積2,093 ㎛2/㎜2、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透面積365 ㎛2/㎜2 前腕での比較(パナソニック調べ)
※4 プレケアモード使用後、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積1,139 ㎛2/㎜2、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透面積225 ㎛2/㎜2 前腕での比較(パナソニック調べ)

※5 室温25℃で使用時
※6 1時間後の引き締まり感試験による比較(パナソニック調べ)
※7 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5000~10000、コラーゲン分子量1000~5000を使用した浸透量試験を実施。
※8 ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、ブライトニングモード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量18.5 ㎍/㎝2、ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透量11.6 ㎍/㎝2前腕での比較(パナソニック調べ)
※9 キメが整うことによる肌の見え方

協力/パナソニック
商品に関するお問い合わせ https://panasonic.jp/face/

撮影/吉田健一(No.2) デザイン/mashroom design 取材・文/楢﨑裕美