1. 身体に悪影響を与える「問題行動4つ」|アイドルご指名の“人気整体師”が解説します!

2019.08.08

身体に悪影響を与える「問題行動4つ」|アイドルご指名の“人気整体師”が解説します!

脚を組んだり頬杖をついたり前かがみになってスマホを見たり......、ふだん無意識にやってしまっている行動やクセが身体にどのくらい負担をかけ、悪影響を及ぼしているかご存知でしょうか? じつはこうしたちょっとしたことの蓄積が身体の不調の原因となっているんです。今回は整体師の島村さんに身体に悪影響を与える行動、習慣についてお話を伺いました。

身体に悪影響を与える「問題行動4つ」|アイドルご指名の“人気整体師”が解説します!

お話を伺ったのは……
島村光さん

VOCE

<プロフィール>ロイヤルガーデンスパ代表。整体師として10年以上活動を続け、肩こりや腰のコリ・ハリ、脚のむくみの改善などに定評がある。自身が運営する整体サロンにはジャニーズJrやAKB48、乃木坂46など、多くの著名人が通うことで有名に。サロンの公式LINE@ID @vjw0116u。インスタグラムのアカウントは@hikaru.shimamura0326

①何気なく触っているスマホの「前傾姿勢」に問題が!

VOCE

「人が1日にスマホを利用する時間はだいたい3時間くらいと言われていますが、じつはこの動作が内臓に大きく負担をかけることになってしまっているんです。スマホを触っているときは、基本的にどの人も前傾姿勢になっています。結果、内臓に体重がかかってしまい、負担をかけています。これにより、内臓の調子がどんどん悪くなると、疲れが取れにくくなったり、吐き気が止まらなくなったりいろんな症状が......。そうならないように、背筋を伸ばしたり、胸を張るための時間を毎日意識的に取り入れるようにしましょう

②甘いお菓子、早食いはNG! 食事時間は15分以上確保すること

VOCE

「甘いお菓子を食べ過ぎると、血糖値が急激に上昇しますが、ある一定の時間が過ぎるとそこから急下降するため、通常よりも空腹感が増してしまい、食べ過ぎの原因に。また、毎日同じものを食べると、栄養バランスが偏ったり、身体の刺激がなくなってきたりしてしまうため、あまり良くありません。当然食べたものがしっかりと消化されない早食いもNG。最低でも15分以上かけて食べるように心がけてください」

③シャワー女子は血行不良になりやすい。必ずお風呂に浸かって!

VOCE

「働く女性が増えたからか、最近はお風呂に入らず、シャワーだけで済ませてしまう”シャワー女子”が急増しています。お風呂に浸からないと、血行が悪くなり、身体に老廃物が溜まり、脚や顔のむくみの原因に夏でも体内は冷え込んでいるので、お風呂に浸かることを心がけてください。お風呂に浸かるのは睡眠の1時間前がベストで、浸かる時間は最低でも10分確保することを目安にしてください。また、冷え性の方は、白湯を飲んで内臓を温めることがオススメです」

③1日の運動量の最低ボーダーラインは「腕立て伏せ&腹筋を1日30回」と心得て

VOCE

「血行が悪くなり、むくんでしまいやすい人の共通点として、運動不足が挙げられます。運動は体力UPにつながることはもちろんですが、血の巡りを良くし、代謝を上げるためにもうってつけ運動が苦手な方は、腕立て伏せや腹筋を1日30回こなすことを最低ボーダーラインとして身体を動かすように意識してみてください」

③脚を組むクセはNG。左右の脚の長さが変わるほど「骨盤」がゆがみます

VOCE

「脚を組むと、骨盤がゆがんでしまい、脚の左右のバランスが崩れてしまいます。その結果、身体の重心のバランスが取れなくなり、姿勢が急に悪くなってしまいます。サロンでいろんな方の脚を見せてもらいますが、ほとんどの方が、左右の脚の長さが1cmほど差があるんです。また、よく右と左の脚を組む回数を均等にすればよい、と思っている方がいますが、これは大きな誤り左右均等に組んでも両足の骨盤がずれてくるので、身体のバランスは余計に崩れてしまいます。クセになっている人は少しでも組む回数を減らすよう心がけましょう」

まずは毎日の意識改革からはじめ、悪い習慣・行動を見直していきましょう。