1. Vol.13 美白ケアの効きが悪いときはどうしたらいい?【美白&UVのギモン50】

2019.06.08

Vol.13 美白ケアの効きが悪いときはどうしたらいい?【美白&UVのギモン50】

毎日更新! 美白&UVの悩みと疑問に、美容の最強賢者と美白の達人5人がズバッと答えます。美白ケアしているのに効果を感じられない、またシミが増えた、なんてお悩みも、これを読めば即、解決!です。ぜったい“効かせる”美白のためのQ&A50。

Vol.13 美白ケアの効きが悪いときはどうしたらいい?【美白&UVのギモン50】

Q13.美白ケアの効きが悪いときはどうしたらいい?

A13.角質ケアや 導入美容液を投入!

「角質ケアで不要な角質を取り去るとターンオーバーが整い、メラニンの排出がスムーズに」
(ウォブクリニック中目黒 総院長 髙瀬聡子先生)
「血行を促して肌のめぐりを高めると、美白成分が届きやすくなります」
(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)

SOFINA iP ベースケア エッセンス(土台美容液)

SOFINA iP ベースケア エッセンス(土台美容液) 90g ¥5000(編集部調べ)/花王
マイクロ炭酸泡配合の美容液。めぐりを高めて肌を土台から整える。

スキンピールバー ハイドロキノール

スキンピールバー ハイドロキノール 135g ¥5000/サンソリット
古い角質や毛穴の汚れをオフして肌の生まれ変わりをサポートするピーリング石けん。

←vol.12はこちら

vol.14はこちら→

【美白&UVのギモン50】まとめはこちら


◆お話を伺ったのは

髙瀬聡子先生

ウォブクリニック中目黒 総院長 髙瀬聡子先生
肌の仕組みやケアの方法をわかりやすく解説。頼れる美人皮膚科医。

水井真理子さん

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
豊富な美容知識と経験から季節や肌状態に合った最適なケアを提案。

撮影/久々江満 取材・文・構成/寺田奈巳