1. ヘアメイク北原果さん直伝|【1分でできる小顔】アレンジ

2019.06.10

ヘアメイク北原果さん直伝|【1分でできる小顔】アレンジ

“顔の額縁”といわれるヘアは、小顔印象を左右する大事な要素のひとつ。メイクで手に入れた小顔をヘアで台無しにしないために、プロ直伝の“髪で小顔”ワザを覚えておこう!

ヘアメイク北原果さん直伝|【1分でできる小顔】アレンジ

【教えてくれるのは】
ヘア&メイクアップアーティスト 北原果さん

イガリシノブさんのアシスタントを経て独立。トレンドのスパイスを効かせたこなれたヘア&メイクに定評あり。

VOCE2019年7月号 松原菜摘(VOCE専属)

◆BEFORE◆
前髪も全体も普通におろしただけの抜けのない髪は、顔型をくっきりと強調してしまうため小顔に見えにくい。動きもなく、印象は重ため。

◆AFTER◆
小顔ヘアの基本は“菱形”。前髪の隙間、耳かけ、首元のくびれで菱形をつくると、顔がスッキリ見えて小顔に。輪郭を隠す髪型は逆効果!

【Point1】おでこの幅を狭める三角バングテク

前髪に三角の隙間をつくることで、縦への抜けが出て顔がスッキリ見えるうえ、ハチも締まって見える効果が。全部を分けるのではなく、表面だけ分けて内側は少し残しておくのがコツ。

VOCE2019年7月号 松原菜摘(VOCE専属)

前髪を一度全部おろしてから表面だけ左右に分けて、残した髪に束感をつけて。

【Point2】輪郭が締まって見える顔まわり外巻きテク

VOCE2019年7月号 松原菜摘(VOCE専属)

顔まわりには直線より曲線があるほうが、輪郭がぼかされて小顔度UP。顔まわりの髪を外巻きして首元がくびれるような曲線をつくれば、輪郭がシュッと締まって見え、より小顔に!

VOCE2019年7月号 松原菜摘(VOCE専属)

(1)外巻き多めのMIX巻きに
顔まわりは外巻き、全体は外巻き多めのMIX巻きで動きをつけ、首元をくびれさせる。

(2)前髪は少しずつ外巻きに
前髪は少しずつとって外巻き。外への流れをつけることで、三角バングがつくりやすく。

【Point3】軽さと抜けを出す耳かけ&後れ毛テク

片側だけ耳にかけて軽さと抜け感を出すことも、小顔印象を高めるポイント。髪を耳にかけたあと、もみあげ部分だけ後れ毛として耳前に残しておくと、スッキリ見えつつ輪郭ぼかし効果も。

VOCE2019年7月号 松原菜摘(VOCE専属)

片方のサイドの髪を耳にかけたら、もみあげ部分だけ耳前に髪を戻して後れ毛に。

つまり、小顔ヘアとは輪郭~首を曲線でぼかすことである

「髪で輪郭を覆い隠すよりも、結んだり片方を耳にかけたりして顔をスッキリ見せた方が、実は小顔効果が高いんです。スッキリ見せつつ、首元をくびれさせたり後れ毛を輪郭に沿わせたりすると、髪の曲線で首が細長く見える&輪郭がぼかされて、小顔印象がUP!」

撮影/岩谷優一(vale.) ヘアメイク/北原果 スタイリング/川﨑加織 モデル/松原菜摘(VOCE専属) 取材・文/宮下弘江