VOCE最新号速報

【VOCE1月号付録速報】石井美保プロデュース「美肌育成チャレンジ」(ローション・マスク・ノート)3種4点セット!

2020.11.20

VOCE2021年1月号付録速報

1月号付録は、美容家・石井美保さんのプロデュースによる豪華な付録セット! カネボウの化粧液、石井さんのアドバイス満載で誕生した「美肌ノート」、そしてマスク荒れしにくいと言われているPITTA MASK®(VOCE限定色)の3方向からのアプローチで「美肌育成」をしましょう!

VOCE2021年1月号付録速報

1月号付録は、美容家・石井美保さんのプロデュースによる豪華な付録セット! カネボウの化粧液、石井さんのアドバイス満載で誕生した「美肌ノート」、そしてマスク荒れしにくいと言われているPITTA MASK®(VOCE限定色)の3方向からのアプローチで「美肌育成」をしましょう!

美肌育成チャレンジ①「潤い補給」

【付録1】カネボウ オン スキンエッセンス V( 10㎖ )

カネボウ オン スキンエッセンス V

第一印象は、角層の状態が決めてしまうものだから、角層の保湿こそが、“美肌印象”へのファーストアプローチ。角層の生体模倣をするカネボウのエッセンスローションで充実の保湿ケアをして!

「カネボウ オン スキンエッセンス V のココがすごい!」

  • 化粧水+乳液の2役
  • 角層の生体模倣をする
  • 各層が潤いで満たされる

美肌育成チャレンジ②「自分の肌を知る」

【付録2】美肌ノート

美肌ノート

石井美保さんが実際につけていた自分の肌の観察日記「美肌ノート」。使ったコスメや睡眠、食事など、肌の調子と直結する項目を記録しやすくして登場しました。肌荒れの原因や持ち直したきっかけなどは、1~2週間前に遡れば、必ず見つけることができます。

「美肌ノート のココがすごい!」

  • 肌荒れの原因が見つかる
  • 成功したケアに気づく
  • ムダなケアをしなくなる

美肌ノートの使い方はこちらでチェック!

美肌育成チャレンジ③「摩擦対策」

【付録3】PITTA MASK®限定色トーンアップ美肌マスク( レギュラーサイズ2枚 )

美肌マスク

PITTA MASK®との特別コラボで作った石井美保さん監修のピーチピンク! 新ウレタン素材なので不織布マスクに比べて肌が擦れにくいし、水分油分を奪いすぎないから肌荒れもしにくい。

「PITTA MASK® VOCE限定色のココがすごい!」

  • チーク効果の血色感
  • 肌荒れしにくい
  • 肌の色を選ばずトーンアップ効果が

【2021年VOCE1月号】

表紙 Cocomi

  • コスメの力を信じてる! 2020下半期 VOCEベストコスメ
  • 質感メイクで大人のピュアを引き出す じゅわ、ほわ、ふわりで旬の顔
  • 田中みな実 神崎恵 河北麻友子etc. 話題の美女がガチで愛用 私のベストコスメ
  • 吉田朱里×関根りさ×和田さん。の最強タッグ! 人気YouTuberのマイベスコス談義!

他、この冬のお役立ち美容情報が満載!

●通常版 ¥710
※「VOCE1月号通常版」のネット書店での事前予約は終了しており、在庫が追加される見込みはございません。ご予約を希望されるお客様は、お近くの書店にお問い合わせをしていただき、「VOCE1月号通常版のお取り置き」についてご相談ください。

●増刊号(付録なし版) ¥550

Amazon
楽天ブックス
セブンネット

VOCE×KANEBO×石井美保
「美肌チャレンジ」SNS#タグプレゼント キャンペーン実施中!

プレゼントキャンペーンその①

【A】カネボウ オン スキン エッセンス V 現品プレゼント
#美肌育成チャレンジVOCE

さらに、ダブルチャンスとして!

プレゼントキャンペーンその②

【B】石井美保さんによる 美肌ノート診断
あなたが記録した「美肌ノート」を石井さんが診断する「診断表」を3名様にプレゼント。
#美肌ノートVOCE

【応募方法】

SNSで素敵な写真や使った感想を、ハッシュタグ付きで投稿するだけ!

①【A】付録についているカネボウ オン スキン エッセンス Vの使用感と付録の感想を「#美肌育成チャレンジVOCE」をつけて投稿

② 【B】美肌ノートの感想と「#美肌ノートVOCE」をつけて投稿
 (Bの投稿の際はAの投稿も必要です)

※応募の締め切りは12月31日とさせていただきます。
※投稿の内容を後日VOCE誌面で紹介させていただくことがございます。予めご了承ください。
※当選者のみ当選のご連絡をさせていただきます。経過や結果などに関するお問い合わせには一切お答えできません。
※投稿の内容は今後の宣伝活動のために使用させていただくことがございます。予めご了承ください。

Edited by 中田 優子