1. 30周年のミラノコレクションの新作、予約スタート![PR]

2019.06.25

30周年のミラノコレクションの新作、予約スタート![PR]

「ミラノコレクション」は毎回年に一度だけ、数量限定で発売となるプレミアムパウダー。熱狂的なリピーターも多く、一度使うと手放せなくなるとの声も。30周年を迎えた今年版はパウダーの質感もさらにパワーアップ*1し、豪華なパッケージで登場です。ぜひご予約を!

30周年のミラノコレクションの新作、予約スタート![PR]

パワーアップ*1したパウダーの純白感!
ミラコレ史上最高の仕上がりを目指し、クリアな純白感を実現。シルクのようななめらかさ、そして純白感が長く続く処方で上質なパウダーがさらに高機能に!

つけていないかのような透明感と美肌見え!
透明感と美肌効果はパウダーの使命。ほどよいカバー力がありながら、白くならずに透明感を演出するミラノコレクションは驚くレベル。

2019年版は30周年記念のスペシャルなデザイン
精巧なステンドグラスやジュエリーをイメージして作られた、キラキラと輝く特別なパッケージの中には、守護天使のモチーフが!

年に一度のプレミアムパウダーは「おしろい市場11年連続 No.1*2
数あるパウダーの中で、ダントツの人気を誇るのがミラノコレクション。「高額だけれど、その価値はある!」と美容好きには知られた存在。

VOCE

予約受付中です! ミラノコレクション フェースアップパウダー2020 24g ¥9000、ミラノコレクション フェースアップパウダー2020 セット 24g×2(レフィル付き) ¥15000(編集部調べ・12/1発売・限定品)/カネボウ化粧品

30年の歴史がスゴイ!

VOCE

新作をお試ししながらの座談会を開催

「わたしたち、ミラノコレクションの大ファンです!」

VOCE

30周年を記念して、ミラノコレクションの担当者や愛用者が集結。進化したパウダーに触れながら、熱い思いを語り合いました。

VOCE

パウダー市場を牽引する大人気のミラノコレクション

VOCE  “おしろい市場11年連続No.1*2”のミラノコレクションを担当して3年ほどだそうですね。

中島さん 毎年リピートしてくださる長年の愛用者の方が多いですし、スターブランドなので大きなプレッシャーを感じながら開発の担当をさせていただいております。

竹之内さん わたしはミラノコレクションのデザインやコンセプトなど、全体の舵取りを担当しています。

VOCE 今回は、ミラノコレクションの愛用者としてGeorgeさんやVOCEST!の本山さん、福本さんにも集まっていただきました。

Georgeさん 2014年くらいから使い始めましたが、女優さんのテレビ収録や雑誌の撮影などで、とにかく肌がキレイに見えるのでリピ買いしているんです。

VOCE

本山 メイクがくずれにくいし、メイク直しでバーッと塗っても透明感が出るので、“底見え”するほどヘビーユースしています。

Georgeさん パウダーが底見えするなんてすごい! パウダーってなかなか減らないものですよね(笑)。

竹之内さん ミラノコレクションのパウダーは量が多いのに、底見えするほど使っていただけるなんて!

福本 幼少のころ、母の鏡台に置いてあって憧れていました。2017年に初めて購入できたときは嬉しかった〜!

竹之内さん ミラノコレクションは30周年というロングセラーなので、親子二代のファンの方もけっこういらっしゃるんですよ。一度使ったらやめられない、と18年間使い続けていただいている方も。

ミラノコレクションのかつてない*1 透明感と美肌見せ

VOCE

VOCE 30周年を迎えたミラノコレクションは、高級パウダーにもかかわらず、どうしてここまで愛されているのでしょう? おしろい市場11年連続No.1*2という称号に加えて、売り上げも右肩上がりで、10年で2倍になっていると聞きました。

中島さん 繊細なパウダーによる仕上がりの美しさや化粧持ちの良さがポイントです。

VOCE

球状パウダーをあえて使わず、板状パウダーでつくることで肌へのフィット感やキメ細かな仕上がりを追求しています。さらに、適度なカバー感とぼかし感も特長です。

竹之内さん ちょうどいいカバー力がありながらも、すりガラスのようなぼかしができるのがミラノコレクションなんです。

Georgeさん 今までもすばらしかったパウダーが、30周年を記念してパワーアップ*1すると聞き、興味津々。

中島さん ミラノコレクションの良さを生かしながら、さらに適度な化粧感と透明感を両立させることが難しかったです。試作は500回を超えています。

VOCE

一同 え〜〜〜! 500回!?

中島さん 500回以上もの試作は、コスメ界の中でも多い方なんです。妥協せず、試作を重ねたことで、内側から輝くような純白感のあるパウダーができあがりました!

VOCE 皆さま、お待たせしました! ぜひ試してみてください。

福本 まず、このパフがふかふか〜。まるでカシミアみたいなソフトなタッチで本当に心地いい。

Georgeさん 包まれている感覚。肌に負担がかからないパフですね。

VOCE

竹之内さん 世界に誇る福井県の繊維技術を使用し、ミラノコレクションのための専用の機織り機で製作しているんです。極細で柔らかい糸と弾力のある糸を撚り合わせ、ふっくらと柔らかい肌あたりを実現したパフです。粉含みもよく、キメ細かく均一な仕上がりになります。

福本 ずっと触っていたい……。気持ちいい……。

竹之内さん パフとパウダーの相性にこだわったこともミラノコレクションならではです。

VOCE 皆さん、新作のパウダーはいかがですか?

Georgeさん 透明感が一気に出てすご〜い!

本山 肌の内側から発光しているみたいな仕上がり!

Georgeさん 粒子のキメ細かさがすばらしい! 今までも粉っぽさがなかったけれど、さらにキメ細かくなっている気がしますね。

福本 半顔につけてみました。

一同 左右の肌がまったく違う! 肌の黄みが消えたみたいに見える!

VOCE

Georgeさん 半顔だけ若々しい印象になりましたね。光が集まり、頬の位置が上がって見える。ハイライトを入れなくても立体感が生まれてリフトアップしています。

VOCE  まるで“小顔パウダー”ですね!

福本 会社の“置きコスメ”にしたい。

本山 荷物になってもいいから、持ち歩きたいほど、つけた瞬間に アプリの美肌フィルターみたいになる! 私は肌が黒いので白く浮きやすいのですが、これは自然にトーンアップして、儚げな雰囲気の肌になれました(笑)。毛穴も気にならなくなるし、陶器みたい。

VOCE

Georgeさん 肌自体になじむので、どんな肌色にもとけこみますね。くずれにくいのも本当にありがたい

竹之内さん ミラノコレクションは年に1回の数量限定なので、他のパウダーに移行する方もいらっしゃいますが、また戻ってきてくれる方が多いんです。

Georgeさん わかります。わたしもコスメが好きだから、いろいろ使いますが、毎年お気に入りメンバーに入ります。がっつりカバーするのではなく、あくまでナチュラルなのにくずれにくい。そこがすごいんですよね。

中島さん 新作はさらにフィット感がアップしているんです。新しく配合した網目状の寒天ゲルでコーティングしたパウダーを配合することで、水分を抱え込むと肌への密着感が高まり、つけたての美しさの持続を叶えました。

年に一度の数量限定だからできる特別な処方

VOCE

竹之内さん ミラノコレクションは30年前の開発当時、ミラノの美しい建造物のような美しい世界観を持つコスメを作りたい、という思いからスタートしました。30周年では、煌びやかで精巧なステンドグラスを模した特別なデザインとなっています。

本山 テンション上がります!

竹之内さん ジュエリーのような精巧なパッケージに加えて、パウダーには守護天使をあしらいました。皆さまの美しさのお守りのような存在になってくれたら嬉しいです。

Georgeさん ステキなコスメを使うと、なんだか気持ちまでなごみますね。

竹之内さん ミラノコレクションを使う姿を見て、「ママがお姫様に変身してる!」なんて、小さいお子さんが反応したりもするそうです。

本山 可愛い〜!

Georgeさん 高額ではあるけれど、それに見合った価値がある。パウダーはすぐになくなるものでもないですし、簡単に美しくなれるものを選ぶのはキレイへの近道。

竹之内さん ありがたいです。ミラノコレクションは数量限定だからこその処方。ブルガリア産の貴重なローズの天然精油を2種類用いてプレミアムなローズの香りのパウダーとなっていて、リラックス気分になっていただけたら。

VOCE 30年も続く、年に一度の限定コスメはとてもめずらしいですよね。

中島さん 実はパウダーもパッケージも生産がとても大変なのですが、年に一度の限定コスメだから対応が可能なんです。

竹之内さん ミラノコレクションはイヤープレートのように毎年集めていただくイメージです。ファンの方も未経験の方も、ぜひこの特別な2020バージョンを試してみてください!

(*1 インテージSRI おしろい市場 2008年1月~2018年12月販売金額 *2 カネボウ フェースアップパウダー<ミラノコレクション2019>との比較

ミラノコレクション新作お披露目会の潜入レポはこちらから▼
名品フェースパウダー! ミラノコレクションの記念すべき30周年目の新作お披露目会に潜入[PR]

協力/カネボウ化粧品
0120・518・520
milano-collection.jp

撮影/前田洋伸(STIJL/商品)、伊藤泰寛(取材) 取材・文・構成/鬼木朋子