1. Vol.61 百年の恋もさめた女【21時のマミ様】悩める貴女にひとすじの光

2019.06.22

Vol.61 百年の恋もさめた女【21時のマミ様】悩める貴女にひとすじの光

地球上のさまざまなところから絶えず上がる、嘆き、悲しみ、迷い、戸惑い、怒り、不満の声。そんな迷える人々に、メイクアップクイーン マミ様がありがた〜〜〜〜いお言葉をさずけます。信じるものは、救われます。たぶん、きっと。

Vol.61 百年の恋もさめた女【21時のマミ様】悩める貴女にひとすじの光

本日の嘆き人 アバンティー(塾講師・34歳)

「結婚を考えている彼がいます。この前のデートのときに、雨が降っているし、DVDでも観てゆっくりしようと一人暮らしをしている彼の家へ。そこまではよくある流れです。しかしその日は、トイレに行きたくなり家に着くとすぐ『トイレ貸して』とトイレのドアを開けたんです。すると、流してないでっかいウ○コが!!!?!?!?  え?!?! しかも便器の蓋が開いていた為すぐウ○コが目に飛び込んできて、訳が分からず立ち尽くしてしまいました。彼にいうと『毎回流してたら水代がもったいないじゃん』と普通のトーン。え、この上からしろと?! 価値観というか、色々違うなと衝撃でした。結婚てこういうのも乗り越えないといけないのでしょうか?」

マミ様のお言葉

VOCE

「ちょ、今回の悩み悪いけど大爆笑しちゃったんだけど! 節約しようという心意気は偉いけど最低限トイレで用足したら(しかも大きい方)流そうよ! 衛生的にもさ! 彼女にマイウ○コを見られても普通のトーンを貫ける彼の人間の器のでかさ……! いや、水代をケチるから結局小さいのか? 後にこんなこともあったねと笑いあえる良い関係でいてね! 今日はここまで!」

▶次のお嘆きはこちら

▶過去記事Vol.1~30まとめはこちら

▶過去記事Vol.31~60まとめはこちら

▶過去記事Vol.61~まとめはこちら

Profile

VOCE

メイクアップクイーン マミ様
一般社団法人日本ビューティインダストリー協会代表理事。美容職歴17年の経験と実績でBAの育成やメイクセミナー講師をする傍ら、メイクショーなどのイベントにも出演。日々のメイクをわかりやすく解説した #マミ様メイク がインスタ(@mamiset)で人気!

イラスト/Yuriko Samo