1. 【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】7月は六白金星の月。神様からの加護が強いので、今月中に神社へお参りを

2019.07.01

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】7月は六白金星の月。神様からの加護が強いので、今月中に神社へお参りを

風水に基づく開運アクションアドバイスが「怖いほど効果が現れる!」と評判の、風水心理カウンセラーの谷口令さん。風水アドバイス歴40年以上で、そのカウンセリング数は1万件以上という谷口さんに、7月の氣の流れと開運アクションを聞いてきました。

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】7月は六白金星の月。神様からの加護が強いので、今月中に神社へお参りを

暑さに負けずエレガントでいることを心がけて。

VOCE

九星の中でも最も高貴な気を持つ六白金星。司るキーワードは、「高貴さ」や「気品」、「向上心」に「きちんと感」などです
暑さが本格さを増し、ついらくちんな服装ばかりになってしまったり、だらしない姿勢でいたりしていませんか。確かに暑さは気力もおしゃれ心も奪います。でも、今月は暑い中でも、ピシッ! とすることを心がけましょう。メイクも姿勢もファッションも、です。だらしなくしていると六白の気が逃げていってしまいます

そして六白金星の月というのは、神社仏閣からの加護が強くなります。ですから今月は氏神さまや自分が好きな神社に行ってみてください。そしてただお願い事をするのではなく、日々無事過ごせていることをまず感謝してください。お願い事はそれからです。

そしてお願い事をする際は、「叶った」前提でお願いすること。かつ、具体的なイメージを神様に伝えてくださいね。たとえば「ずっと行きたかったイギリスに夏休みを利用して行けることになりました。旅の期間は7月30日から8月6日まで。オックスフォードの×××というカフェの窓際の席で、朝ごはんを食べることができて幸せです!」など細部に至るまで表現して神様に伝えてください。

この願い方が実現速度を上げるコツです。そもそも今月は六白の気が流れているため、神社に行くだけでかなりのパワーをもらえますし、願いが叶う速度が上がっています。そこへこの“効果的な願い方”をするのですから、必ずあなたの願いは神様に届きますよ。

<7月の開運アクション>

VOCE

◆ローズウッドの香りが吉。ローズの香りでもOK。
◆ラッキーカラーはゴールドとシルバー。ネイルやアクセサリー、ファッション小物で取り入れてみましょう。
◆ラッキースポットは神社のほか、ラグジュアリーなホテル、史跡、スポーツ競技場
◆食べて体の中から開運する食風水は、いなり寿司、チョコレート、懐石料理
◆ラッキーアイテムはお守り、指輪、ネックレス、丸いフェイスの時計

<7月のラッキーデー>

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
たった1粒のもみが万倍にも実り、素晴らしい稲穂になること。小さなことでも始めたことが何倍にも実る日とされるため、新しい物事をスタートするのにいい日。
【8日、11日、20日、23日】

夏の土用は「休むが勝ち!」

VOCE

7月20日から夏の土用に入ります。土用は過ぎる季節を終わらせ、新しい季節を呼び込む、いわば移行期間のこと。1年のうちに4回ありますが、夏の土用の作用がいちばん厳しく出ます。

なぜならその理由も陰陽五行にちゃんと基づいていて、夏から秋への移行というのは、自然界で例えれば火が金属を溶かすような激しさを持っているのです。そのため、自然の一部である私たち人間も、その激しさの影響を受け、この時期とにかく心と体にきます

症状としては、

●だるい
●眠い
●やる気が起きない
●体調不良
●忘れ物、遅刻が増える

などがありますが、ひどいと寝込む人も出てきます。だからと言って恐れることなし! 工夫次第で土用を楽しく過ごしましょう。

まずはとにかく休むこと。この時期、残業までして無理に働いてはいけません。

<土用の期間にやるといいこと>

●一度立ち止まって、ゆっくりと過ごしてみる
●体のデトックス、家の掃除をする
●温泉や湯船に体をつけ、リラックスする
●夏支度をする(足の爪のお手入れや、夏用のバッグやアクセサリーのお買い物など)

おわかりですね! 土用というのは次の季節への準備を楽しむ期間でもあるのです。

さ、土用が明ける8月7日まで楽しみましょう!